笑い犬

  • 20人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 西村健
  • スパイス (2006年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902835144

笑い犬の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 塀の中に不本意ながらも堕ちた不甲斐ない男の復活劇。
    笑い犬という異名を身に纏うと、こうもかわっていくものだろうかと
    首をひねひながらも
    今まで馬鹿にしてきた人たちが震え上がっていくさまは痛快だった。
    家出娘との交流に救われる思いも。

  • スケープゴートとして、2年間の実刑判決を受けてしまった主人公。
    ただの冤罪被害者ではなく、彼も多少なりとも加担していたことが、「かわいそうな主人公」に留まらない現実感をもたらしている。刑務所内の体験などはノンフィクションみたいな描写である。
    肝心の「真相」については、読者にヒントがあるわけでもないし、刑務所で知り合う大物との関係もとくに伏線となるわけでもないので、ミステリーとしての楽しみかたはあまりできないけれど、最後にはちゃんと救いのある刑務所小説。

  • 全体的には「サスペンス風味満点」では、無い(後半は結構サスペンス風味)。西村健作品は、『突破BREAK』しか読んだ事がなかったので、「文章が読みやすくなった」「勢いだけで読ませるんじゃ無いんだ」って事に純粋に驚いた。今度は、「劫火」を読んでみようと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

笑い犬の作品紹介

会社をかばって塀の中に転落した銀行マンが絶望の果てに浮かべた笑みが、卑怯で小狡い"勝ち組"をおののかせる…刑務所小説と企業人小説と家族小説の革新的融合。第24回日本冒険小説協会大賞受賞後第1作。

笑い犬はこんな本です

ツイートする