仕事の魔法

  • 150人登録
  • 4.16評価
    • (27)
    • (17)
    • (7)
    • (4)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 中村信仁
  • コア・アソシエイツ (2010年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784902969818

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
喜多川 泰
中村 信仁
ジェームス W....
喜多川 泰
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事の魔法の感想・レビュー・書評

  • フォトリーディング
    仕事

  • チェック項目10箇所。「営業はことばを操る職業です。ひとつのことばの出会いが、人の一生を決定することだってあります。ことばで人の心に一生の傷を残すこともできます。」。「ことばは人を生まれ変わらせることがあります。その命より強いことばの中で、たった2文字なのに最も強いことばが『ハイ』という返事です。ハイといえるだけですべてのことばが輝きだします。」。「挨拶は思いやりと労わりの心の現われです。特に朝の挨拶『おはよう』は日本人の心そのものです。」。「礼儀は傷つかないために生まれた文化です。人の心はとても傷つきやすいものです。相手に与える傷以上に自分の心はもっと脆いものです。それで、相手を傷つけないこと以上に自分も傷つかないために礼儀というものが生まれました。「クツをそろえると心がそろいます。心がそろうとクツがそろいます。脱ぐ時にクツをそろえておけば履くときに心が乱れません。水口君、椅子も同じですよ。」。「人間なんて自分ほど可愛いものはないだろう。そんな可愛い自分でも、いざ、自分の上司となると考えただけでゾッとするじゃないか。人には厳しく、自分には砂糖のように甘いからね。」。「小笠原さん、『ことば』というものは、ひとりひとりがそれぞれの一生を背負って発しているの。だから、同じことばでも違って当たり前なのね。ひとりひとりの『生きざま』という根っこが違えば、その根から伸びる枝も葉も違うものになります。」。「いいか水口、人は当たり前のことをしても誰も褒めちゃくれない。だけど、当たり前のことができないと必ず文句をいうんだ。だから最低限のマナーってもんはきちんと身に付けろよ。」。心の富・・・お金を失うということは小さな富を失うこと、信用を失うということは大きな富を失うこと、しかし、自身を失うということは全てを失うということだ。「歴史を捨てたらお終いなんだ。歴史は誇りとなる、生きることのね。負けたことも含めて誇りなんだ。自分の会社の歴史や、考え方、文化をしっかり社長は社員さんたちに語り続けなきゃいけない。それが経営者の義務であり、働いてくれている人たちの誇りとして育っていくんです。」

  • 営業の魔法の続編。

    主人公の小笠原が教えられる立場だった前作から、今作は小笠原が教える立場に。

    部下の水口が成長していく姿には感銘を受けた。



    利を見ては義を思え。
    この言葉が人生をより良く生きる為に必要な知恵だと言うことが大いなる学びでした。

  • 「営業の魔法」の続編。新人を部下に持つ主任へ昇格した主人公が、様々な社長と面談しながら、人を育てる極意を学ぶ、物語風自己啓発書。あいさつもろくに出来ない新人を抱え、ため息の訪問の日々。しかし、学んだ。「自分が自分の下で働けるか」と問い続けることを。人間的大きさを身に着けること。信頼すること、見守っていること。そこから命の呼応が始まる。働く=傍を楽にする。誰かのために働く、喜ばせる。物語を通じて感じるものは感謝の心を持つこと。いろんなご縁に感謝。まず笑顔だ。人は幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなんだ。

  • 「営業の魔法」の続編です。ダメ営業からトップ営業マンとなった小笠原くんが新入社員を「育てる」立場として帰ってきます!学生気分の抜けない新人をどう育てれば良いか悩む中、新人育成の奥義に気づきます。
    これから社会人となる学生さんにぜひ読んで欲しい本です!!

    九州ルーテル学院大学:職員 根間貴子

  • 「営業の魔法」の続編。やっぱり中村さんの本はいい。
    小手先のテクニックではなく、仕事のあり方や生き方について深く考えさせられます。

    「人生は自分の為あらず。」…心に響きますね。
    営業で自分を見失いそうになった時、支えになってくれそうな1冊です。
    名著をありがとう!



    以下、備忘録
    ◆ことばは人を生まれ変わらせることがあります。ことばは命よりも強いのです。
    ◆夢とは「自分がどうなりたいか」よりもその夢を通して「どんな世の中を創りたいのか」が大切
    ◆人間力「自分の人間力を高めなければ、いつも足元しか見られないちっぽけ視野で終わってしまう。人は成長しなければならない。成長することで遠くまで見渡せ、広く世間を見られる。」
    ◆俺は仕事の「やり方」ばかり研究していたんだ。でもおまえは仕事の「あり方」を見つめていた。
    ◆その人が本物かどうかは、周りの噂や意見で判断するんじゃなく、長い時間をかけて自分の目で判断しなきゃ。
    ◆人生最大の無駄は、時間の無駄使いだ。
    ◆人生は自分の為あらず。大切な仲間を幸せにすることが人生の使命。【20キロの荷物の話(P149)】
    ◆「自分の人生なんだから自分の為に生きろ」とか、「一回の人生、自分の好きな事をしなさい」などと、無責任なアドバイスをする大人に惑わされちゃダメですよ。

  • 営業の魔法の続編。コーチング編でしょうか。教える側も教えることによって鍛えられる。

  • 4月に入社した新入社員が、研修を終えて各職場に配属され始めている時期ですね。

    仕事の魔法

    まるで僕に何かを伝えようとしているかのようだ...。いや、これは伝えてくれているのだ。新入社員のマネジメントを。

    おそらく多くの新入社員が、学生時代とのギャップに苦しんでいると思います。なにをやってもチグハグに感じているでしょう。

    本書では新入社員が営業先の経営者の「言葉」を聞いて、自分で気づき、成長していく姿が描かれています。

    これまで以上に、「言葉」を大切にしましょう。軽はずみな発言で失った信用は、新人といえど小さくはありません。周りの話をじっくり聞いて、良く考えて、落ち着いて行動することです。仕事のやり方とは、教わるものはなくて、実際に行動して自らで気づき、感じることで身につくものです。


    Words Hurt Too 201/365 / SashaW
    ●言葉の「礼儀」を知る

    「ことばはね命よりも強いのよ」
    大村社長と同じことを園長先生はいった。
    「命は一度きりでしょう。でもことばは人を生まれ変わらせることができるのよ。ダメな営業マンだったあなたを、紙谷さんはことばで生まれ変わらせたでしょう」

    この歳になって、人が話す「言葉の重み」を知るようになりました。自分は意識していなくても、自分の発した言葉が周りの人の人生に影響を与えていることが、身に浸みました。

    ビジネスの基本とは、まず第一に相手のニーズを満たすことです。お客さんを不愉快にさせることがあってはなりません。言葉遣い一つで、喜ばせることができますし、逆にイライラさせることも可能です。

    「礼儀は傷つかないために生まれた文化です。人の心はとても傷つきやすいものです。相手に与える傷以上に自分の心はもっと脆いものです。それで、相手を傷つけないこと以上に自分も傷つかないために礼儀というものが生まれました」

    「わが道を行く」的な方もいるかも知れませんが、まずは、言葉遣いや礼儀などの基本的なことをしっかりやった上で、「わが道」を実践すべきです。乱暴な言葉遣いや、相手を思いやらない発言は、凶器です。人はロジックでは動きません。感情で動く動物です。いくら理にかなっているといっても、相手を尊敬する気持ちが入っていない発言に、人が耳を傾けてくれることはありません。


    A World without Words / Cristian V.
    ●言葉に「人間性」が出ることを知る

    「小笠原さん、『ことば』というものは、ひとりひとりがそれぞれの一生を背負って発しているの。
    だから同じ言葉でも違って当たり前なのね。ひとりひとりの『生きざま』という根っこが違えば、その根から伸びる枝も葉も違うものになります」

    ことばを大切にしてくださいね。その、命より重たいことばを軽く考えてはいけません。千人の人が、万人の人が、ことばを発します。そこに、千の、万の、魂が宿っているのです

    では言葉遣いに気をつければよいかというと、そんなに話は簡単ではありません。言葉使いは、簡単に変わりません。日頃考えていることがそのまま言葉使いに現れるからです。

    ブログも要注意です。ブログの文章には書き手の本性がむき出しになっています。他人をおちゃらけたり、他人の文句ばかり書いている人は、実生活でも周囲に同じ態度を取っていて、煙たがられているはずです。前向きで明るい記事をポストしている人は、実生活でも多くの友人に恵まれているでしょう。

    言葉遣いを変えるには、日々の考え方と行動を変えるしかありません。人を変えることはできません。けど、人は変わることができます。頭ごなしに考えを押し付けても人... 続きを読む

  • 営業の魔法に続く、魔法シリーズ第二弾。今度は部下のマネジメントの観点で物語りは進んでいく。~いつも自分に問いかけること「オマエの下で働けるか」を。~上司は部下への信頼を持って、自分自身も成長していかなければならない。互いの信頼関係と成長の行き着く先は、「命の呼応」なのかもしれない。営業の魔法同様に非常に読みやすいストーリーなので、流し読みするのではなく、行動に繋げるキーワードを意識して読むべき本。

  • 「営業の魔法」に続く2冊目。

    薦められて読んでみましたが、今回はあまり得るものが無かったかな...と思いました。人の為に働く、などは結構他でも言われていることでしたし...

    「TVをつけるのをやめよう!」は勝間和代も言ってますね(笑)

    得るものが無いのか、得ようとしていないのかはわかりませんが、まぁ普通の仕事に対する心構えの本かなぁと思いました。

  • 営業の魔法の続編。営業マン小笠原は新入社員の上司となった。新人育成を通じて、仕事とはどうあるべきか?を学ぶ。

    働くことを考え、勇気付けられる名著。営業の魔法とセットで是非!

  • テクニックを越えた、
    仕事をする上で最も大切な核心を教えてくれます!!

  • 未読。読んでみたい!!

全15件中 1 - 15件を表示

仕事の魔法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仕事の魔法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仕事の魔法のCD

仕事の魔法のAudible版

仕事の魔法のAudible版

ツイートする