料理の科学〈1〉素朴な疑問に答えます

  • 422人登録
  • 3.73評価
    • (14)
    • (24)
    • (15)
    • (6)
    • (1)
  • 34レビュー
制作 : Robert L. Wolke  ハーパー 保子 
  • 楽工社 (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903063577

料理の科学〈1〉素朴な疑問に答えますの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずいぶんとシニカルというか、高みから料理を見下ろしているというか…。そんな癖のある書き方ですが、料理に関するオカルトめいたもの(は、言い過ぎにしても、都市伝説的なもの)をバサバサと切り捨てていくさまは、ちょっと気持ちよくもあり、ドキッとするものもあります。
    挽きたての塩はおいしいか? ソルトミルを売っている人にはおいしいでしょう、とか。◯◯は身体にいいとか悪いとかの、近視眼的食材選びはちょっとバカらしくなってくるかもしれません。生命も食料もみな化学物質から出来ていることを、基礎知識としてもっておいて、その上で風流な料理を、というのが理想なんだろうなあ。欠けがちな車輪の片側としてなかなか良い。

  • 料理の都市伝説を科学的に吟味する、というコンセプトは面白いし、内容も興味深い。ただし、出てくる料理が馴染みがないので、へーえ、の前で止まってしまう。コーンよりコーンシロップのほうが甘いのは何故か、とか、ロブスターは茹でるのと蒸すのとどっちが美味いか、と言われてもなあ。枝豆は茹でるのと蒸すのとどっちが美味いか、だったら食いつくのに。
    もちろん著者が悪いわけではない。
    日本人が書いたらぼくらには面白い本になるだろうな。

  • 上白糖よりきび糖のほうが健康に良いのか?
    海塩のほうがミネラルを多く含むので旨味がある?

    期待する効果がない理由を説明してくれてます。

    化学の目で料理を見る。
    この視点が面白い。

    それと、アメリカの食生活が垣間見えて興味深かった。

  • アメリカの化学者が、料理や食材、調味料について科学的視点で書いたもの。砂糖のこと塩のこと脂肪のこと等、章ごとにまとめられています。個人的には、塩がなぜ種類によって味が変わってかんじられるのか理解できた点がよかったです。 レシピもついていますが、いかにもアメリカな感じで、これはこれで面白いものでした。

  • いやむっちゃくっちゃ面白かった!これ、みんな買って読むといいよ。不飽和脂肪酸の話とか、遊離アミノ酸の話とか、これぞキングオブ雑学。そして、料理楽しい。

  • 調味料と材料について、化学者の目線で書いている本。

    筆者の細かい所にこだわる性格が世の中の食品表示との戦い?が面白かった。自信も曖昧な表示が嫌いなので、非常に共感がもてあっという間に読み終えた。

    第2章の「塩」がお気に入りで、観光地やおしゃれなお店に売っている岩塩や色のついた塩について健康的な事があるかどうかの言及が興味深かった。

  • 中々おもしろい。

  • 2015/10/09

    料理も化学実験だと思ったら楽しそう

    このシリーズ全巻読破予定

全34件中 1 - 10件を表示

ロバート・L.ウォルクの作品

料理の科学〈1〉素朴な疑問に答えますを本棚に「読みたい」で登録しているひと

料理の科学〈1〉素朴な疑問に答えますを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

料理の科学〈1〉素朴な疑問に答えますを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする