鉄道画集

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 後藤友香
  • よるひるプロ (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903108063

鉄道画集の感想・レビュー・書評

  • 上手いんだか下手なんだかよくわからないがカオスの世界を楽しめる。何で著者は女性なのに鉄道好きだか謎である。

  • これだけ鉄道の〈顔〉に執着する鉄女(?)がいるとは思いもよらなかった。この強迫衝動は凄い。
    〈顔〉たちが、見てるこちらに差し迫ってきて、速度感がある。運転手だとか、乗客などは、まあ稚拙なタッチで下手くそな印象を受けるが、それらを補って余りある電車の〈顔〉たちである。電車は滅法巧い。
    画集というだけあって、作者がインスピレーションを受けたものが鉄道の脇に描かれていたり、書物の文章の抜粋などがコラージュされていて、現代世界の情報の錯綜がキャンバスの平面に畳み込まれているなかを、電車の〈顔〉が、必ずこちらに向かって突進してくるような構図、真正面から見据えてくるものが多い。これがスリルのある怖さと格好良さを体感させてくれる。
    偏見はいかんが、電車の〈顔〉などに魅せられる女性もいるのだなあ、と感心した。
    そもそも、〈鉄道画〉を描く画家などよくは知らないが、写真家にくらべたらずっと少ないのではないか。それは鉄道を描くということが容易ではないという理由もあるのだろう。カメラならシャッタースピードを上げて、見事に停止しているかのように、〈顔〉を切り取り、静的に定着させることも出来る。それを画でやってみたら……。この画風でいくと、停止しているものが妙にざわついていて不安感を煽っているように、差し迫る。動く。鉄道は動いてこそ鉄道であって、その辺をこの画家は巧く突いているから、感心したのだと言える。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする