書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる

  • 111人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (10)
    • (29)
    • (4)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 梅原潤一
  • 試論社 (2006年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903122045

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 梅原さんのPOPは置いただけでその本がバカ売れするらしい・・・。確かについ読みたくなるようなコピーです。

    その本の内容を短い言葉で、しかもただの「読書感想」にならないように捉えるのって難しいと思う。

    その秘訣というかコツというか、そういうのにちょっと触れることができる一冊でした。

  • すばらしいポップがいっぱ~い♪
    見てるだけでわくわくー。

    オススメの本もいいし、ポップも巧い!

    紹介されている作家さんは、偏りがあるけど
    どれも読んでみたいな。
    そして私は、この本で「久坂部羊さん」と出会いました。

    こんな本が図書館にあったとは!!
    実に乙な本です。ありがとうー。

  • No.936
    1. 目的

    2. 得たこと

    3. アイデア

  • 024

  • 職場で時々POPを作るので、参考までに借りてみた。
    数をこなさなきゃいけないからか、ミステリー小説のときはこの枠、恋愛小説や青春小説ならこの波ライン、と結構作者にとっての定番がある模様。
    POPの本は色々あるけれど、出す前から出した後の売り上げの推移や後日談に少し触れている事がこの本の特徴かも。
    POPが購買のスイッチを押して瞬間風速を上げているだろうことがよくわかる。
    後が続くかどうかは本により、POPをつけた日が最高潮で2~3日で元通りということもよくある感じ。
    こちらの方がPOPそのものの力の現れかな。

    ブックデザイン / 郷坪 浩子
    イラストレーション / マジョリカ

  •  著者が自分の書店で作成しているポップをまとめた本。
     正直、そこまでおもしろいポップもなかった。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】024/U【資料ID】91060656

  • 2006年5月10日、初版、並、カバスレ、帯付き。
    2014年7月17日、津BF。

  • 「グッドセラー死闘篇」に比べると、文章少なめ、ちょっと無愛想です。
    ポップ設置前後の売れ行きグラフが正直なところが好印象。「出版界の抱える問題を、書店員目線から掘り下げる」というコンセプトを意識しすぎて、伸び伸び書けてない感じが・・・というか、明るくないんですよね文章が。
    う~ん。

  • いち書店員としてPOP作成の参考になればと思い読了。

    この本では、著者が過去作成したPOPとその書籍に対してのコメントが掲載されてます。紹介されている本は文庫(小説・エッセイなど)、コミックなので、私の担当売場と参考にならない・・・。
    とはいえ、著者のPOPの考え方などが最後のインタビューが掲載されているので、その部分だけ参考になりました。

    やっぱりPOPって難しいな。

全25件中 1 - 10件を表示

梅原潤一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
村上 春樹
三浦 しをん
有川 浩
村上 春樹
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれるを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする