NO FUTURE―イタリア・アウトノミア運動史

  • 24人登録
  • 1レビュー
制作 : Franco Berardi(Bifo)  廣瀬 純  北川 眞也 
  • 洛北出版 (2010年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903127125

NO FUTURE―イタリア・アウトノミア運動史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784903127125

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
マルセル モース
大野 更紗
ジョン ホロウェ...
國分 功一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

NO FUTURE―イタリア・アウトノミア運動史の作品紹介

「アウトノミア運動」とは
何だった/何であるのか?

1977年――すべての転回が起こった年!
イタリアでは、
労働を人生のすべてとは考えない若者たちによる、
激しい異議申し立て運動が爆発した。
77年の数々の反乱が今日の私たちに宛てて発信していた、
革新的・破壊的なメッセージを、
メディア・アクティヴィストであるビフォが描きだす。

  * * *

1977年こそが、新しい時代への移行の年である。

77年は、イタリアにおいて、
自律的・創造的な運動(アウトノミア運動)の力が、
社会のただなかで試された年であった。

と同時に、労働過程の不安定化、社会関係の喪失、
うつ病の浸透が日常となる暗い未来の姿を、
目撃しはじめた年でもあった。

「ポストモダニティ」や「弱い思想」といった概念は、
この年月に姿を見せる。

幸福と絶望――本書では両方に視座をおくことで、
77年運動の問題系を検討する。
その幸福と絶望とは、
私たちがいま生きているこの現実の
「予兆」だったのだから。

NO FUTURE―イタリア・アウトノミア運動史はこんな本です

ツイートする