釜ヶ崎のススメ

  • 59人登録
  • 3.92評価
    • (2)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 洛北出版 (2011年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903127149

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國分 功一郎
三島 由紀夫
村上 春樹
中沢 新一
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
ウィル バッキン...
有効な右矢印 無効な右矢印

釜ヶ崎のススメの感想・レビュー・書評

  • 新今宮駅の一帯のことを釜ヶ崎と行ったり、あいりん地区と言ったり、様々な呼び方があるが、なぜそういうふうに色々な呼び名ができたのかなど、江戸時代頃からの地域の歴史や、釜ヶ崎における日雇い労働者の実態、また、この地域の今後の展望についてわかりやすくまとめられており釜ヶ崎に関する知識が増えた。今度大阪に帰ったら行ってみたい。

  • 序章を含めれば全12章に、9つのコラムやイラストを散りばめ、歴史的・地理的由来にはじまり、外国人旅行者が集い闊歩するようになったゼロ年代風景まで、ドヤ街「釜ヶ﨑」のまるごとを、多彩な顔ぶれの執筆陣で、手づくり感一杯にまとめられているのが良く、本書出版の意義を際立たせている。
    日雇い労働者の街、単身者の街、高齢化する街、福祉の街、観光の街と、多様に輻輳しながら変貌を遂げてきたその変遷は、’61年8月の第1次にはじまり’08年6月の第24次に至る、その暴動史一覧からも充分に覗える。
    お薦めは、原口剛の「釜ヶ﨑という地名」序章
    ありむら潜の釜ヶ﨑変遷イラスト「いまむかし」
    平川隆啓の「釜ヶ﨑の住まい」第3章
    加藤政洋の「釜ヶ﨑の歴史はこうして始まった」第4章
    原口剛の「騒乱のまち、釜ヶ﨑」第7章
    白波瀬達也の「生きづらさと宗教」第8章
    松村嘉久の「外国人旅行者が集い憩うまち釜ヶ﨑へ」第11章、etc.

  • これ、いい本。特に普通にサラリーマンして管理職にある人とかに読んでみてほしい。いかに自分が日本という国と人を知らないかがわかります。むしろ自分が「外部かも?」と疑いたくなる、まで読み込んでほしい。

全4件中 1 - 4件を表示

釜ヶ崎のススメを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

釜ヶ崎のススメの作品紹介


日雇い労働者のまち、
単身者のまち、
高齢化するまち、
福祉のまち、
観光のまち ……

さまざまに変わりつづけ、
いくつもの姿をもつ、このまち。

このまちで起きていること、
起きたことは、あなたの住むまちの
近未来かもしれない。

このまちでは、ひとは、
いかに稼いできたのか?
いかに暮らしてきたのか?
いかに集い、いかに作り、そして、
いかにひとを灯しているのか?

このまちの経験から、いまを
生き抜くための方法を学ぶ。

ツイートする