COCO(ココ)はとびきりかわったコ

  • 30人登録
  • 3.70評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : エリザベス・マシューズ  佐伯誠 
  • イプシロン出版企画 (2008年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903145372

COCO(ココ)はとびきりかわったコの感想・レビュー・書評

  • 無言実行!生い立ちを愚痴っても始まらないし、ましてや夢を語ったって誰も耳を貸してくれるような立場ではなかったし、ぐだぐだ言う前に実行して見せてしまう痛快さ、志の高さが窺えます。

  • ココの斬新なアイデアがどうやって産まれ、溢れてくるのか、さらに気になりました。
    絵本の中にシンプルに纏められたココの人生。
    通ってきた道はすごい想像を絶するものなのでしょう。
    シンプルだからこそ、描かれているさらに向こう側まで読み手に考えさせてくれるのではないかと思います。

    ロード・アイランド・デザインスクール卒のエリザベス・マシューズの作品。

    真っ黒なドレスが着たくなりますね。

  • ココ・シャネルの人生を描いた絵本。

    ココシャネルの考え方は共感できるし学ぶことがたくさんある。

    一番共感するのは、
    「みんなと同じじゃダメなんだ、みんなと違う自分でいよう」って自分を強く持っているところ。

    自分も、常に私は私でありたいって思う。
    だから人一倍、私が私であること個性を大事にしてるつもり!

    どんな環境でも勉強の場に変えてしまう、ココの姿勢と
    周りに流されない強い意志と個性など、
    見習いたいところがたくさん。

  • ココ・シャネルの生き方を絵本にした本。
    ココの暗い部分には触れておらず、「階級との戦い」、「変わっていることで成功していく強さ」、そしてもちろん「お洒落の歴史」、などをお子様に聞かせてあげるのによい絵本!

  • 発売当時はあまり売れなかったけど、最近よくでる。これはいい絵本です。あ、そうそうココ・シャネルの伝記的絵本です。

全7件中 1 - 7件を表示

COCO(ココ)はとびきりかわったコはこんな本です

ツイートする