アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術

  • 203人登録
  • 3.89評価
    • (9)
    • (11)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : 三木俊哉 
  • 海と月社 (2011年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903212227

アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術の感想・レビュー・書評

  • スタートアップで働くものとしては、一度は目を通しておくと色々な発見があります。ガイさんの視点は極端すぎるのではないかという部分もありますが、それもこの本の切れ味を出しているポイントかなと思います。

  • ガイ・カワサキ著。アップル草創期にマッキントッシュのエバンジェリストとして活躍。22011年1月発行。
    組織採用箇所を中心に読了。

  • 分厚いけど中身が濃い! 起業家でなくても有用。
    P42 10枚/20分/30(フォント)のルール
    P50 起業化の嘘トップ10
    P116 イノベーションを生む11のポイント
    P140 エンジニアの嘘を見抜く
    P158 ネーミングの注意点
    P208 プレゼン力を高める方法

  • スタートアップにおける様々なアドバイスが凝縮されています。
    ネーミング、ブランディング、PR、プレゼン方法、採用についてなど...

    かなり広範囲に及ぶ内容に触れているので、深掘りした専門知識を得るというよりは、必要なことを全て同時に確認したい時に役に立つと思います。

    個人的には、著者のガイ・カワサキさんのかなり辛口な語り口が心地よかったですw

  • 文量は多いが、読みやすく、具体例もわかりやすい。実際に起業した経営者や、起業を目指す人向けの良書。

  • ガイ・カワサキ氏の『アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術』を読了。率直で歯に衣着せぬ物言いで、直感的に分かり易い。
    偉大な組織の立上げと運用について約460頁の大作。

    <印象に残ったフレーズ>
    「他人は目標で評価し、自身は成果で評価すべし」
    自戒の念を込めて

  • 読み始めは、ちょっと読みにくい感じが正直しました。
    ただ、中間以降はベンチャー起業について学ぶことも多くある一冊でした(日本での起業と少し異なる部分はありますが)。
    ベンチャー起業を考えている方には、お薦めします。

  • VCの方、企業家の方読んでください。

  • ノウハウたっぷり

    起業家必読

全11件中 1 - 11件を表示

アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術の作品紹介

夢を叶えたいなら、絶対に知っておくべき「心と実務の準備」がある。計画の立て方、資金調達、売り込み、販売・宣伝、採用と解雇、仕事術、Eメール・ブログの要諦、プレゼン・スピーチのスキル…前著『完全網羅 起業成功マニュアル』で21世紀の起業のあり方を見事に描いて見せたガイ・カワサキが、本書で要所を繰り返しつつ、さらに高みへ導く手段を、的確に、詳細に指南する。

アップルとシリコンバレーで学んだ賢者の起業術はこんな本です

ツイートする