人を魅了する 一流の職業人であるための技術

  • 258人登録
  • 3.12評価
    • (5)
    • (15)
    • (27)
    • (8)
    • (5)
  • 24レビュー
制作 : 依田卓巳 
  • 海と月社 (2012年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903212333

人を魅了する 一流の職業人であるための技術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死後解剖ではなく死前解剖。この話には納得。失敗したパターンをプロジェクト前に考案させ、そうならない具体策を検討しておく。唸らされた。また、謙虚であろうと、ただただ謙虚であろうと強く自覚させられたのも深い意義がある。その他、魅了について云々は、あまりに多岐に渡り過ぎていて、消化不良。すっきりと一貫した主張のようなものがなかったため、満腹感を超え、食傷気味になるのがこの本の特徴のような気がする…

  • 元気よく、
    いいことを、
    ガツンとやろう!

    感謝は、充実した人生への扉を開いてくれる。いまあるものを満足に変え、そこからさらに多くのものをもたらしてくれる。拒否を受容に、カオスを秩序に、混乱を理解に、そして、ただの食事を祝宴に、家屋を家庭に、他人を友だちに変えてくれる。

  • 覚えてない・・思い出してここにレビューを書く。

  • 元アップルのエバンジェリスト、ガイ・カワサキによる本。

    Youtubeにガイ・カワサキによる
    プレゼンの「10-20-30の法則」という動画がある。

    2分弱の動画なのだが、これが面白かったので
    エバンジェリストの技術を学ぼうと思って本書を読んだが
    事前に期待したほど面白い内容ではなかった。残念。

    自分が本書の中から学ぶべき点を見出すとすれば
    引用されていた、ジョージ・クルーニーの笑顔かな。

  • タイトルと装丁の美しさに【魅了】されて。

    内容は、今の私には読みづらいかな。

  • いろいろと参考になるポイントや示唆にとんだ機智があったけれど、集中力を切らしてしまい、グイグイと引き込まれませんでした。「安いけど質の悪いものを買って最高の気分になるのは、買ったときだけ。高いけれどいいものを買って最悪の気分になるのも、買ったときだけ」というのには思わず笑いました。

  • 本文でチラと書いてあったが、現代版『人を動かす』的内容。読み易さの点で共通。ガイ氏の方は更に、タッチが軽くフレンドリーである点、ポイント解説が充実している点、現代のネットサービスやツールも登場する点、で引き込まれやすい。

    以下は引用。
    「形容詞を省いて、動詞だけであなたの仕事を説明できればさらによい」「チェックリストは人に行動を促す」「チェックリストはモチベーションを高める」「私が目標にこだわるのは…自分の望みを知っていて、それをきちんと説明できる人は魅力的だからだ」「従業員にはお金より、専門的技能(Mastery)と、自主性(Autonomy)と、目的(Purpose)を与えるほうが重要だ」「小さく約束して大きな結果を出す人のほうが、魅力が増す」「プロトタイプの提出は、他の可能性について積極的に考えるきっかけになることが多い」

  • とある社内のプレゼンテーション講座で、ちょっと話した外国人のエンジニアの人が、この人のことをすばらしいプレゼンテーションする人というので紹介してて、そのすぐあとに本屋で見つけたので、即買いしたもの。

    いまはなき大崎のうどん屋隣の本屋さんにて。

    正直なんとなく言いたいことはわかるんだけど、翻訳が悪いのか、読みにくかった。というわけで、読み始めてから読み終わるのに、ずいぶん間が空きました。

  • 全然おもろくない

全24件中 1 - 10件を表示

ガイ・カワサキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
エリック・リース
ジェームス W....
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人を魅了する 一流の職業人であるための技術に関連する談話室の質問

人を魅了する 一流の職業人であるための技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人を魅了する 一流の職業人であるための技術を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする