USP ユニーク・セリング・プロポジション 売上に直結させる絶対不変の法則

  • 87人登録
  • 3.47評価
    • (1)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 近藤隆文  加藤洋一 (監訳) 
  • 海と月社 (2012年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903212364

USP ユニーク・セリング・プロポジション 売上に直結させる絶対不変の法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほんと、広告会社と関わって、なんだかなーとおもったところを全て説き伏せてくれたところもあるので、スッキリした。

    やった感は、やっぱ、結果まではコミットしてないんだよね。

  • ビジネスブックマラソン

  • 元々は1961年に書かれた本、いわゆる古典になるんでしょか。書かれていることは本質を捉えてるように感じるけど、翻訳本の読みにくさがあり少し残念ですた。

  • 役に立たないショーウィンドウ的な広告ではなく、覚えてもらえる広告(浸透度の上昇)、買わせる広告(購入へ牽引)であることが重要である。そのためには、広告に独自な売りの提案(ユニーク・セリング・プロポジション:USP)を的確に訴えることが必要となる。

    ①広告はすべて、消費者に対して提案をしなければならない。単なる言葉や、単なる製品礼賛、単なるショーウィンドウ的広告ではなく、読む者にこう言わなくてはならない。「この製品を買えば、この便益が手にはいります」と。

    ②その提案は、競争相手が示せない、もしくは示さないものでなければならない。それは独自でなければならない。すなわち、そのブランド独自のものであるか、その分野の広告ではなされていない主張であること。

    ③その提案は、数百万の人々を動かせるほど強力でなければならない。すなわち、製品に新規顧客を引き寄せられるものでなければならない。


    広告を考える際、提案はどこだろう?、独自性は?売りは?を私たちは口癖にしなければならない。

  • 本屋で見たときのピーン、は何だったのだろう。
    今さらな内容に思えてしまった。

  • 引き寄せる広告、遠ざける広告/「おぼえてもらえる広告」の威力/買わせてこそ広告だ/「礼賛」広告に効果なし/誤解だらけの「モチベーション・リサーチ」/どれだけ反復すると、くどくなる?/「邪魔になる主張」の例/「独創性」は危険な言葉

  • 翻訳本。広告とはが語られる本ですけど個人的には非常に面白いのではと感じます。
    一つの広告に一つのメッセージ。
    意味のない広告と意味のある広告。分かりやすい

  • いかにも翻訳モノという前半とはうってかわって勉強になる後半。でもとばして読んでは頭に入らない。
    「主張を感覚で包む」「百聞は一見にさらわれる」「分散の原理」「興味深く描かなければ時間短縮にならない」「バンパイヤ的存在」「違いに万歳」などのキーワードが広告の哲学基本を染みこませる。

全8件中 1 - 8件を表示

Rosser Reevesの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チップ・ハース
佐々木 圭一
デール カーネギ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

USP ユニーク・セリング・プロポジション 売上に直結させる絶対不変の法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

USP ユニーク・セリング・プロポジション 売上に直結させる絶対不変の法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

USP ユニーク・セリング・プロポジション 売上に直結させる絶対不変の法則を本棚に「積読」で登録しているひと

USP ユニーク・セリング・プロポジション 売上に直結させる絶対不変の法則はこんな本です

ツイートする