ヒトラーの宣伝兵器―プロパガンダ誌『シグナル』と第2次世界大戦

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 源田 孝  Jeremy Harwood  大川 紀男 
  • 悠書館 (2015年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903487991

ヒトラーの宣伝兵器―プロパガンダ誌『シグナル』と第2次世界大戦の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦争は悲惨であることがわかる写真が多く、生々しい。

  • 「Hitler's War: World War II as Portrayed by Signal, the International Nazi Propaganda Magazine」の翻訳(2015/02/25発行)。

    ドイツ第三帝国の対外宣伝誌「シグナル(Signal )」の誌面を通し、ドイツ第三帝国のプロパガンダ戦略がどのようなモノであったか考証した研究書。

全2件中 1 - 2件を表示

ジェレミー・ハーウッドの作品

ヒトラーの宣伝兵器―プロパガンダ誌『シグナル』と第2次世界大戦を本棚に登録しているひと

ヒトラーの宣伝兵器―プロパガンダ誌『シグナル』と第2次世界大戦を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒトラーの宣伝兵器―プロパガンダ誌『シグナル』と第2次世界大戦の作品紹介

『シグナル』に掲載された記事や写真を現実の戦闘や政治の推移と照らし合わせることにより、ヒトラーとナチス党がいかに自国民を煽りたて、またドイツの敗色が濃厚になるにつれ、いかに国民の眼を現実からそらそうとしていったかが明らかに…わが国で初めて本格的に紹介される宣伝雑誌『シグナル』の誌面を通して、ナチス・ドイツのプロパガンダの内幕に迫る!

ツイートする