文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)

  • 133人登録
  • 3.59評価
    • (6)
    • (15)
    • (13)
    • (1)
    • (2)
  • 16レビュー
  • 左右社 (2008年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903500072

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 隆
大原健一郎 野口...
クラフト・エヴィ...
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)の感想・レビュー・書評

  • 本やフォントのデザインに関する講義録。一般人の私にも面白い。さすが装丁も上品、棚ざしでうるさくない背表紙がうれしい。ちょっと薀蓄にできそうな話と、フォント作成者のマニアックぶりがオソロシイ話とあり。

    カタカナは明朝フォントでも実は楷書体だ、とか
    漢字に比べて仮名は小さいほうがぱっと読みやすい、とか
    つなげて書かれた仮名の美しさ、とかは
    自分の手書きにも活かせそう。

    手書きするとき、漢字と仮名で筆(ペン)の勢いと動かし方を変えるとよいかもと思いました。前者はカクッと、後者はさらりと。

  • タイトルや執筆者から想像したような、ワクワクする内容のものでは、全くない。
    普段授業で寝てる大学生向けの、ユルい内容。
    図版もっと入れないと、意味をなさない部分多い。

  • (1)本のデザインの話、明朝体と楷書体の違い、漢字とカタカナの違いについて。(2)筑紫明朝をつくった人が語る筑紫明朝のデザインの特徴、(3)デザインを語ることの不可能性について、(4)嵯峨本のタイポグラフィについて、の4本の講義録。どれもそれぞれ特徴のある話で、面白い。歴史を研究している人間としては(4)がいちばん学問的に親しみがある内容だったが、圧巻というか衝撃なのはやはり(2)か。正直そんな細かいところまで考えてデザインしてるなんてすごい、というほかないのである。

    しかし書体の歴史、面白い。こういう研究をしたい。

  • 和文タイポグラフィに関する様々な話題。知っておくと世界が少し魅力的に見れるタイプの本。
    筑紫明朝大好きマンなので1章丸ごと割いてくれてとてもうれしい。書体見本図を見ながらふとこの本自体の本文を見ると、こっちも筑紫明朝なんだよね!ニヤってする!

  • ちょっと難しい内容かなと思いきや、
    冒頭の祖父江さんから一気に読んでしまいました。
    本が好きな人なら面白いと思います。

  • (推薦者コメント)
    文字のデザイン、フォントの歴史と、その美学。工学的な面から見た、文字のデザインの本である。

  • 文字や書体についてのワクワクする講義が詰まっている。専門知識がなくても楽しめるので、デザイナーのような書体に意識が強い人以外にもオススメできる。

  • 祖父江さんのタマビの講義が入っているというのに惹かれて読んだ。相変わらず祖父江さんの発想には驚く。あと語り口の軽さも。笑。
    読んでて面白かったのは鈴木広光さんの嵯峨本「伊勢物語」の話。活版印刷ながら流れるような手書きのような文字になっている。それはなぜなのか、どうやってそうやったのかがわかりやすく説明されているのだけど、これをよんで藤田重信さんの書体の話を読み直すとなぜ藤田さんが「手書き」感を重視するのかわかるような気がする。
    加島卓さんのデザインは語ることができるのかという話はクリエイティブな仕事に携わる人は心に留めておくべきだと思った。

  • 筑紫書体の開発者、藤田さんの弁が非常に面白い。筑紫明朝と筑紫ゴシック、日本語書体についてあれこれ語るひとは、なぜかスルーしてる気がする。復刻・翻刻に留まらない、名作基本書体だと思うけど

  • すげえ!が、残念ながら今自分の周りには、多分この本を面白いと言いそうな人がいない。そういう友達が欲しい。

  • 文字は時代とともに大きく姿を変えている。文字を表現するための道具が変わるごとに。
    筆の文字、活字の文字、フォントとしての文字。
    転換期のときには、みな頭をかかえてよりよい文字の表現ができるように試行錯誤していた。


    電子書籍が話題になる前から、デジタルフォントとしてスクリーン上の文字はあった。
    ただし、それはあくまで紙の上に表現するための仮の文字。
    これから、本当にデジタルに適した文字・文字組みというものが確立されていくのだと思う。

  • 祖父江さんの造本はコンセプトが一貫していて素晴らしい。そしてそれを現実にする現場の技術力というものにも敬服する。筑紫明朝の話とデザイン批評の話と嵯峨本の話はやや頭でっかちな印象。筑紫明朝はコンセプトも分かるしきれいではあるが、高みから見下ろすような気取った感じが使い方を選ぶ気がする。嵯峨本の書体は本阿弥光悦が作ったと言われていたのが、実は角倉素庵が作っていたという新事実は収穫だった。この連綿体というのはオープンタイプフォントで作れば技術的には可能と思うのだが、やはり使う機会が少ないせいかフォント化するにはいたらないのだろうか? せめて両がなだけでも作ればデザイン効果として使用価値はあると思う。

  • 文字ってこんなに楽しいものだったのか

  • 今のわたしたちの文字に対する美意識がいかに、明治の教育や、今日の出版物によって成り立っているのかが良くわかります。

  • デザインは文字の美しさやインパクトなくしては語れません。それについてもっと注意を払わねばと思える書籍です。

全16件中 1 - 16件を表示

文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)を本棚に「積読」で登録しているひと

文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)の作品紹介

豊富な図版で、楽しく文字と書体とデザインの奥深い関係を伝える講義集。気がつけば、文字が愛しくなっている!

文字のデザイン・書体のフシギ (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…2)はこんな本です

ツイートする