進化の特異事象

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 中村桂子  中村桂子  サイト編集室  サイト編集室 
  • 一灯舎 (2007年1月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903532059

進化の特異事象の感想・レビュー・書評

  • 全般的に生化学や分子生物学の基礎知識がないと読み通すのは辛いと思う。しかし、専門知識を持つ人には、少々退屈かもしれない。一般書だけれども、専門書寄り。難易度設定に失敗している感がある。まぁ頑張って読めば、ちょこちょこと発見はあるが。

    ・生命発現の確率は「機会はごくわずかだが、ほぼ必然」
    ・LUCAの実態は一つの細胞や生命体ではない
    ・原始食細胞仮説が真実か
    ・植物と菌類の場合、細胞群が入れ物を共有することで多細胞化した
    ・地球の生命の歴史は環境条件が決定した

  • 「生物化学の基礎解説」を一歩押し進め、「生物はなぜそのような仕組に進化したのか」を解説する本。
    「疑問を持つ」ということがどのようなことなのか、また生物の世界がいかに奥深いか気づかせてくれる。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする