鬼太郎と行く妖怪道五十三次 (YM books)

  • 59人登録
  • 4.00評価
    • (8)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 水木しげる
  • やのまん (2008年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903548128

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
三浦 しをん
湊 かなえ
村上 春樹
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼太郎と行く妖怪道五十三次 (YM books)の感想・レビュー・書評

  • 新装版も出ていますが、表紙の鮮やかさからあえて旧版。
    歌川広重の五十三次を模したイラスト集かな、程度に考えていたのですが、
    予想以上にすごかった。
    原画はもちろん水木氏ですが、実際に木版画、17版、24回の摺りで仕上げたとのこと。
    各絵にはストーリーもつき、漫画を一作読めたような充実感。
    元の広重の絵、妖怪、近辺の伝説など、ウンチクもたっぷり。

  • 広重のオリジナル一枚一枚の特徴を捉えながらも水木しげる氏らしい見事な妖怪旅道中に再構築している。行く先々で悪だくみをするユーモラスな妖怪たちに惹かれる。

  • アダチ版画研究所を訪れた折、展示されていたので、後日読んでみました。
    水木プロダクションと共に、この研究所が後援している本です。

    実は子供の時から鬼太郎が大の苦手。
    ただ、東海道五十三次をわかりやすく紹介しているのであればとトラウマ克服に努めます。

    広重の『東海道五十三次』になぞらえて、鬼太郎が東海道をたどって江戸から京都まで行くというコンセプトのもと、浮世絵一作一作に合わせて、水木流の作品が同時紹介されています。
    東海道には妖怪300匹が跋扈しているということで、どこを歩いても辺りには妖怪の気配が漂っています。

    背景はオリジナルと一緒。人物が妖怪になっていたり、少しひねりがあるものとなっています。
    水木氏は、押印まで広重の真似をして作っているというこだわりぶり。
    妖怪道の絵が、妙にしっくりと合っていることに驚きました。
    そういえば、妖怪たちには、江戸時代の景色や風俗がピッタリ合っているんでしたね。

    当時、江戸から京都まで13泊14日かかったとのこと。
    今は2時間で行けますから、一世一代の長旅だったわけですね。

    『東海道五十三次』は、広重38歳の作品。
    彼も、宿場町を自ら全て訪れたからこそ、作品に残せたわけで、当時の浮世絵画家は、健脚であることも必須だったのでしょう。

    オリジナルを単純にトレースしただけではなく、きちんと妖怪ワールドに置き換えている、水木氏の自由なイマジネーションは、見ていて楽しいです。
    とはいえ、描かれている妖怪は、かなりおそろしいものも登場します。
    さまざまな妖怪たちが登場する世界に、『千と千尋の神隠し』を連想しました。

    広重は、ところどころに自分を連想させるものを書き込んでいますが、水木氏も、本人を絵の中に登場させて、妖怪娘に足裏を舐めさせたりしています。
    諧謔心が、二人共通しているのかもしれません。

    鬼太郎の相棒、ねずみ男も登場し、東海道が化け物であふれるようになったのは、ねずみ男のせいだったことがわかります。
    きちんとストーリーができているのです。
    芦ノ湖は、もともと巨人の足跡だという伝説があるそうです。足が芦になったのでしょうか。

    「ぶるぶる」「えんえんら」「あぶみぐち」「みかりばあ」「ひだるかみ」など、さっぱりわからない妖怪がどんどん出てきて、知識のなさを痛感しました。
    さすがは水木ワールド、とにかくたくさんの妖怪が登場します。ついていけずにいたら、巻末に妖怪インデックスがついていたので、助かりました。

    初めは、いちいち動揺していますが、これだけ妖怪がそろっていると壮観です。
    見慣れてくると、むしろユーモラスに思えてきて、親しみも感じられてくるものです。

    鬼太郎は、妖怪のリーダーなのかと勝手に思っていましたが、実は正義の味方だったんですね。
    鬼太郎は妖気が充満していると眠れないなんて、妖怪らしからぬ繊細さだなと思いました。

    「御湯」では、留め女に引き留められる旅人の絵が描かれています。
    広重が描いているのはやじさんきたさんだそうで、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』とも関係していることがわかりました。

    私は、表紙にもなっている「箱根」の絵が一番気に入りましたが、それにしても、神奈川県内の宿を過ぎると一気に場所に疎くなってしまうものだと再認識しました。
    逆に「阪ノ下」は、見えないものが見えてきそうな絵で、すごくこわかったです。

    水木氏は、日本一の棺桶職人の風刺漫画「一番病」を書いているとのことで、こちらも気になりました。
    かなり本格的な仕上がりになっており、広重の『東海道五十三次』と水木ワールドを存分に楽しめる、贅沢な一冊となっています。
    どちらか好きな人、どちらも好きな人、双方ともに楽しめます。

  • 場面を再現したフィギュアもシリーズで出てる。
    自分は「原」しか持ってないけど、絵と併せて見るのも楽しそう。

  • 何となく借りてみたが。自分はとっても妖怪が好きなわけでもとっても絵が好きなわけでもないかな、この絵を描いた水木さんは妖怪が大好きで絵も大好きなんだな、と思った。子どもみたいな感想ですみませんです。

  • 東海道五十三次の絵を元に水木しげるが描く。鬼太郎もいるし猫娘も目玉のおやじとかネズミ小僧とか・・・
    こだわりがいい。

  • 歌川広重の「東海道五十三次」と水木しげるの「妖怪道五十三次」
    200年の時を超えたコラボレーション!!

全10件中 1 - 10件を表示

鬼太郎と行く妖怪道五十三次 (YM books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鬼太郎と行く妖怪道五十三次 (YM books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鬼太郎と行く妖怪道五十三次 (YM books)はこんな本です

ツイートする