障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けて

  • 33人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 星加良司
  • 生活書院 (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903690049

障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2階書架 : 369.27/HOS : 3410160946

  • 難しくて死んだでござる

全2件中 1 - 2件を表示

星加良司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・ロールズ
大野 更紗
立岩 真也
横塚 晃一
有効な右矢印 無効な右矢印

障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けてを本棚に「積読」で登録しているひと

障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けての作品紹介

障害とはどのような社会現象なのか?社会的に生成・構築されたある種の不利や困難として障害を論ずるという大テーマに正面から向き合った、誠実かつ精緻な探求。既存の概念装置自体の積極的組み換えを目指す、気鋭・全盲の社会学者による決定的論考。

障害とは何か―ディスアビリティの社会理論に向けてはこんな本です

ツイートする