ケアと共同性の人類学―北海道浦河赤十字病院精神科から地域へ

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 浮ヶ谷幸代
  • 生活書院 (2009年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903690377

ケアと共同性の人類学―北海道浦河赤十字病院精神科から地域への感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ケアと共同性の人類学―北海道浦河赤十字病院精神科から地域へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ケアと共同性の人類学―北海道浦河赤十字病院精神科から地域への作品紹介

"べてるの家"の街の、看護師たち!「ベてる流」や「川村流」の精神保健福祉の影響はどのように現れるのか?ほとんど紹介されてこなかった浦河日赤精神科病棟の看護師たちの日々の取り組みを詳細に追う。人と人との根源的なかかわり合いの態度を基底に置きながら、精神障害をもつ人へのかかわりとしての看護師の実践を、また地域で生活する住民の付き合いの技法を、具体的な「ケア」の現れをめぐって考察する。精神科病棟の日常的な看護実践と地域住民の日常的な生活の営みの中から、精神障害者をとりまく「できごと」を紹介し、それ自体が人と人との関係を基盤となる共同性として見えてくることを解き明かす。

ツイートする