ゲーム探検隊-改訂新版-

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 草場純
  • グランペール (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903746012

ゲーム探検隊-改訂新版-の感想・レビュー・書評

  • AMAZONの分類が「和書」ではなく、「おもちゃ&ホビー」なんですけど。。
    ==============================
    <AMAZON  商品の説明より>

    商品紹介
     グランペール初の書籍シリーズ「グランペールライブラリー」、その第一弾が「ゲーム探検隊-改訂新版-」。
     本書は1989年に出版されたゲーム解説書の復刻改訂版。主な内容はそのままに、時代に合わない箇所には加筆修正を加えている。また復刊にあたり、ゲームの歴史をわかりやすく紹介した「歴史は遊ぶ」をすべて収録した。

    ~『はじめに』より~
     生まれてこのかた一回もゲームをしたことがないという人は、まずいないだろう。しかし、実際にゲームをプレイしながら、そのゲームに固有の理論を他のゲームと比較してみたり、その面白さの本質を分析したりということはあまりしない。ゲームの目的はあくまでもプレイを楽しむことであり、そのゲームがどのようなしくみで成立しているのかを解明することではないからだ。

     しかしゲームのしくみを知ることによって、もっと楽しくプレイができるというのも事実だ。何回やっても勝てなかったゲームに、勝てるようになる場面もあるだろう。なによりも、いままで勝負にばかりこだわっていたのが、ゲームの進行をじっくりと味わいながらプレイすることができるようになる。

     この本では、そうした「ゲームのしくみ」について、さまざまな方向からアプローチしてみた。といっても難解な理論書ではない。広大で興味のつきないゲームの世界を旅するための、気楽なガイドブックだと思っていただきたい。

    ・製品概要・仕様
    ゲームの面白さを解き明かす、知的ガイドブック! 何故ゲームは面白いのか、そんな素朴な疑問の答えがわかる!
    ・対象年齢 : 10歳から
    ・男女共用
    ・製造国 : 日本

  • ボードゲームのお話…といっても、もともと20年ぐらい前の本で、カタンもなかった時代の本なので、取り扱われているゲームは、伝統的なゲームがほとんどです。
    でも、こういう考え方は、今のゲームでも、ものすごく通用するなぁと思いました。

    わたしは、あんまり頭が良くないので、ゲーム理論までいってしまうとわからなくなってしまいます。
    でも、けっこう面白かったです。

    草場 純さんの知識というのは、これから、100年後、200年後のために絶対に本にして残しておくべきものだと思います。

    ぜひ、世界中の、日本中の、いろいろなゲームの遊び方の本を執筆していただきたいです。
    あと、巻末コラムの「歴史は遊ぶ」みたいなウンチク話も、いっぱい聞きたいです。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゲーム探検隊-改訂新版-を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゲーム探検隊-改訂新版-を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲーム探検隊-改訂新版-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゲーム探検隊-改訂新版-を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする