誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―

  • 72人登録
  • 4.44評価
    • (12)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : ブレイン・バルドー  高木悠鼓 
  • ナチュラルスピリット (2010年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903821665

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までの考え方がガラリと変わる内容。
    ラマナ・マハルシのお弟子さんのニハルガッタ・マハラジのお弟子さんの対話集。

    今まで感じたコトがない程の安らぎを感じたものの、マハルシさんの説明で分からなかったので、マハラジ、ブンジャジ、ガンガジ、とお弟子さんの著作を渡り歩き、一番ちゃんと理解出来たら気がした本。

    突飛なコトを言っているようだが、聖書にも仏陀の教えにも通じる。
    こちらの理解に合わせて益々面白くなる内容なので手にいれたいと思い、品切れのところどうしてもと出版社に問い合わせたら重版するとのお知らせ。
    是非広く読まれたい。

  • 「意識は存在するすべてである」「どんな行為者もいない」「教えを忘れなさい」など、そのユニークな教えに惹きつけられる。

  • 意識が存在するすべて。
    行為者はいない。
    何かを自分で起こすことはできない。

    ああ、そうだったんだな、と深く納得。

    悟りは起こるときには起こるし、自分が何かをして起こすものではないことがよくわかった。

  • NASA推奨・初代1がつい読みながら
    “局長‥こんな本どこのスペースでまた見つけてきたんだ‥
    これってマハリシが生涯かけて解いたことや今ココについて、
    中学2年生レベルの国語力さえあれば理解できるくらい
    解りやすく書かれているじゃないか‥”
    とつい漏らしてしまうスルメ本(@NASA局長)

  • 悟りが起こるか起こらないかは神のみぞ知る。私の知ったこっちゃない(=誰がかまうもんか)。

  • これを読めば悟れるかも。

  • 著者のラメッシ氏は、銀行の頭取などとして働いた後、ニサルガダッタ・マハラジに師事し覚醒。以後自宅で教えを説きつづけた方です。基本的にはニサルガダッタ・マハラジ系の流れなのでしょうが、ことば使いなど少々癖がありわかりにくいという印象でした。

全8件中 1 - 8件を表示

ラメッシ・バルセカールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダリル・アンカ
パラマハンサ・ヨ...
トーマス・バイロ...
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―を本棚に「積読」で登録しているひと

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―はこんな本です

誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―のKindle版

ツイートする