透明な沈黙

  • 221人登録
  • 4.12評価
    • (22)
    • (22)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
制作 : 冨田 伊織  鬼界 彰夫 
  • 青志社 (2010年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903853987

透明な沈黙の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 哲学はやっぱあんまパッとしなかったんですけども、透明標本のインパクトがスゲエ……
    標本室とか行ってみたい……。

  • オーストリア生まれの哲学者ウィトゲンシュタインの格言×冨田伊織氏の透明標本。
    余計なものをそぎ落としたあるがままの真理と姿を掛け合わせると、こうも人に多くを訴えるのか。ウィトゲンシュタインの生きているからこそ目の当たりにする真理を、鬼界彰夫訳がシンプルかつ力強く訴える。そして静となった標本が生き生きと言葉を弾ませる。それぞれの良さを引き立たせる絶妙な組み合わせ。
    「生」の反対は「死」ではなく「停滞」かもしれない。

    「語ることのできないものについて、人は沈黙しなければならない」
    「思考にも、耕す時と収穫する時がある」

  • ★★★★☆
    透明標本に目がいってしまうが、格言集でもあります。
    (まっきー)

  • 言葉も写真も美しい。ウィトゲンシュタインの言葉も透明標本もそれ自体が素晴らしいのはもとより絶妙にマッチしているためつい溜息が出てしまう素晴らしさ。沈んでいる時に読むと立ち直れる。

  • 透明標本を見たくて買った本。
    いくつか響く言葉はあった。もちろんまったく理解できないものも多くあったのだけれど。この言葉もそうだけど、透明標本も不思議な世界観を出してきて引き込まれる。なんだろうね。不思議な世界。原版の、新世界・透明標本もみてみよう。

  • いい。
    透明標本と言葉、この組み合わせがここまでしっくりくるのがすごい。

  • 富田伊織さんの作品、透明標本からの購入。
    独特な美しさをもつ透明標本とヴィトゲンシュタインの文章の雰囲気がうまく調和してる素敵な本です。



    この本を読んでヴィトゲンシュタインにも興味がでてきました^^

  • これも再読。
    哲学者ウィトゲンシュタインの言葉たちと透明標本がとてもあっていて、ゆっくりページをめくっていきたいと思わせる1冊。

  • 言葉と写真の融合
    どちらも素晴らしい。ひとつひとつを丁寧に見られるので、ヴィトゲンシュタインの言葉が身にしみる。

全24件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
セオドア・グレイ
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

透明な沈黙に関連する談話室の質問

透明な沈黙を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

透明な沈黙の作品紹介

20世紀最大の哲学者と永遠の生命を与えられた美しき生物たちとの「真理」と「生」の結実。

ツイートする