Rider's Story バイク小説短編集 (静岡学術出版教養新書)

  • 22人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 武田宗徳
  • 静岡学術出版 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903859125

Rider's Story バイク小説短編集 (静岡学術出版教養新書)の感想・レビュー・書評

  • 静岡へツーリングに行きたい(๑´ㅂ`๑)

  • Amazonでバイクの本を探していてめぐりあった一冊。
    バイク乗りの気持ちが代弁されているような本。
    SRが多く登場するのも気に入った。
    著者はエストレヤに乗っている。

  • オートバイに関する小説というよりも、エッセイ。

    最初の方は人が死ぬもしくは死んだ人の話が断続的に続き、気持ちが萎えました。
    確かに、人の死は人の心を揺さぶるものなので、話としては盛り上げることができる題ですが、やすやすと人の死を描くというのはいかがなものかと思います。
    あと、バイクからおりるという話も多かったような。

    同じようなネタを繰り返すのはちょっと技巧的にう~ん、という感じです。

  • うーーんっ、20数年バイクに乗っている身から言わせてもらえば、、、、、、、、、あまり面白くない。 ぬるいというか、なんと言うか、、、。

  • バイク自体が主役ではなく、脇役であったり、大道具であったりする。あくまでもバイクに乗る登場人物が主役。その主役の葛藤や人間関係をテーマにしたストーリーで構成されている。
     決して難しいストーリではなく、バイク乗りであれば必ず理解できる内容になっている。
     すべてのストーリーが5分~10分ぐらいで読めてしまうので、カバンに忍ばせておき、ちょっとした隙間時間に読むことをお勧めする。

  • ライダーなら必ず心に感じるものがあります。
    短編集なのでちょっとした時間でも読めますよ

全6件中 1 - 6件を表示

Rider's Story バイク小説短編集 (静岡学術出版教養新書)はこんな本です

ツイートする