<貧乏>のススメ

  • 205人登録
  • 3.70評価
    • (14)
    • (25)
    • (21)
    • (5)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 齋藤孝
  • ミシマ社 (2009年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908144

<貧乏>のススメの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 斉藤孝さんの本を読んでみたかった。
    そして今の私の状況を向上させる為にも凄くためになった。
    生きていく為には、気持ちを前向きにする為には「貧乏」精神が大切。
    ぬるま湯に浸かってちゃダメなのだ(私の解釈)。
    もっと斎藤さんの本が読みたくなったし、参考になってる本も読んでみたいものばかり。

  • 貧乏な状況に置かれているだけにここに書かれておるメソッドを実践してみようかと思っている。

  • お金がないのがなんぼのもんじゃい! っていうより「お金ない!悔しい!今に見てろ!」ってがつがつハングリーにいこうぜって部分と、お金に頼らず楽しく生きようぜって部分がいい感じにミックスされていて読んでて肩に力が入りすぎないのはいいなと思った。
    すすんで貧乏になりたくはないけど、そう恐れすぎるものでもないかも。

  • 貧乏のときにこそ、腰をすえる力を身につけたり、心豊かになるチャンス!
    ただの貧乏だけでいてはいけないと思う一冊。

  • 齋藤さんの言う貧乏は逆境を金銭というファクターから見た表現なのかなと思います。手にできる金銭が周囲の人に比較しても、物価と家族の人数から考えても少ない状況のこと。人にバカにされれば「なにくそ!」となるけど、家族がいる、消費社会をクールに客観視、身銭を切った本は血肉になるまで読む、石ころやノラ猫に愛、と、なんだが幸せそう。多分、少々持っているお金が少なくても、自分の大切なものがわかっている人は、人生楽しめるしモチベーションも保てるんだろうな。
    働けること、食べられることに感謝。
    働けない、食べられないほどの逆境に陥ったら、抱え込まずに「助けて」と言いましょう。貧乏力の一つ、痛みを知る誰かが、きっと、助けてくれます。フォトリ62冊目。

  • 貧乏だからこそ出来るものがある。

  • ・体験が深いこと自体が人生の価値
    ・1冊の本をバイブル化する。

  • 貧乏の体験がある人間は強いという。
    私も学生の時はいつも金がなかった。
    本を買うにも星1個が50円か100円だった。星の数が少ない本ばかりを買った。
    貧乏を力に変える技を紹介している。
    貧乏に戻りたくはないが、貧乏を通過して社会への抵抗力が着いたとしたら嬉しいことだ。
    斎藤孝の本をもっと読むつもりだ。

  • 実際に貧乏になれと言っているわけではく、貧乏力をつけようとのこと。

    多くの作品から引用されている点は、齋藤氏の本の特徴とも
    言えますね^^

    貧乏から這い上がってきた人たちの体験談は、物や情報に溢れながらも貧しい(経済的また精神的に)状況に置かれている日本人が読むべき書物でしょう。

    まずは西原理恵子さんの「この世で1番~」から読んでみます☆

    (中央図書館)

全36件中 1 - 10件を表示

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
小池 龍之介
村上 春樹
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

<貧乏>のススメを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

<貧乏>のススメを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

<貧乏>のススメを本棚に「積読」で登録しているひと

<貧乏>のススメの作品紹介

「不況、不況」と言われる時代に、<貧乏>を自分の中にもっている人は強い。

少々のことがあっても動じない。

貧乏体験が一度もなくても、情を肌でわかる「貧乏感性」があれば、その人の中には<貧乏>がある。

「体験の石油化をはかる」

「誇りをもってプライドを捨てろ」

「貧しても鈍しない」……。

三十二歳時、妻一人、子ども二人、定職、定収入なし。所属なし。年収二百万円台。
その時代に著者が獲得した、「貧乏を力に変える10の技術」を初公開!

ツイートする