超訳 古事記

  • 286人登録
  • 3.83評価
    • (23)
    • (28)
    • (24)
    • (2)
    • (3)
  • 39レビュー
著者 : 鎌田東二
  • ミシマ社 (2009年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908151

超訳 古事記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の始まりについて書かれた著名な書物の一つである古事記の神代部分を、できるだけ雰囲気を感じれるようにと、他にない試みで作られた本です。どのように作られているかは本書を読んでいただくとして、そのおかげで古事記の面白さに気づかせてくれる内容になっていると思います。断片的に知っている日本の神話を時系列的に把握できたことも大きかったです。もちろん古事記のきちんとした訳本が多数あり、それらを読んでも良いのですが。それにはない(と思う)ほど一気に引き込まれて読んでしまいました。日本の神話を読み物としてというよりも、読み聞かせられているような安心感と好奇心で感じること。さらに古事記を知りたくなる。そういう本です。

  • すぐに読み終えることができるけど、こんなに分かり易く古事記(上巻)が書いてある本はないだろう。天つ神と国つ神、日本そして天皇家の誕生がよく分かる。古事記を現代訳したものではなく、筆者が語り部のように口述したものをテープに起こしたもの。それがかえって物語らしさを生んでいる。古事記を詳しく知りたい人もこの本を最初に読むと理解が早いし、普通の人にはこれだけでも常識的には十分だと思う。

  • 「古事記」は、数年を置いて、たまに読むと楽しい。本書の前は、水木しげるの漫画だった。その前は井沢元彦、もっと前は高校時代か。

     その中で、本書は、著者が二日間で口述したものを、ミシマ社の社長が筆記、編集したというちょっと異色の一冊(あとがきより)。まさに稗田阿礼と太安万侶による共同作業さながらに出来上がった作品。ゆえに逐語訳ではないけれど、かえってそれが、余計な解説を気にすることなく、口述のリズムに乗りながら、詩を愉しむかのようにすらすらと読めて非常に心地よかった。
    情景が目に浮かぶなと感じたが、そこは多分に水木版『古代出雲』のお蔭か。本書を読みながらも、数々のシーンで水木しげるの描く神々の姿が蘇ってきた。『古代出雲』も良い本だったが断捨離で手放してしまったことが、ちょっと悔やまれる(いい本だから、高値が付くかと思ったら二束三文だったぞ、ブッ○オフ! 余談)。

     とにかく、日本にとって大切な記紀神話が、西洋諸国における聖書や神話ほどに身近な存在になっていないのは非常に問題。それが天皇崇拝とか変な右寄りの思想に加担するとかの議論より前に、ベースとしてこうした話が創造されていたことは日本人として、よく知っておくべき。

     古事記の神々の話を読めば、実に人間以上に人間臭く、光と闇、生と死、破壊と再生、男と女という普遍的なテーマが常に記されていて、しかもそれらのどちらが正しいとか間違ったとか、どちらが主従ということではなく、両者が表裏を織りなし、あらゆる事象や人間個人においてすら両面を備えているということを繰り返し教えてくれている気になる。前半、傍若無人ぶりをいかんなく発揮するスサノオ(本書では須佐之男)が、最後には詩を読むシーンなどは、壮大な長編スペクタクル映画のエンディングシーンのようで感動すら覚える。

    「これをもって わが国は 歌ぶりの栄える 詩の国となった のである」

     やまとしうるわし、だな~。
     土着勢力を新勢力が平定していった物語を神の名を借りて正当化しているとか、この神話編の最後が初代天皇の神武天皇に繋がって終わることなんて、どうだっていい。人間の性として、時には善、時には悪、それが表になり裏になり歴史が紡がれてきた。それだけのこと。実に単純明快なことというのが、この「超訳」のリズムに乗って一望のもとに俯瞰できる面白い試みの一冊だった。

    参院選後、三原順子が池上彰に神武天皇の実在を問われたり、天皇の生前退位の意向の話が出るのとは無関係に図書館に予約を入れていたものだったが、まぁ、なんとなくこんなタイミングで読めたのは面白かったかな。

  • 中ノ巻、下ノ巻がないのが残念!!出してケロ!走りながら、散歩しながら、古事記を聞けていいです。

  • オーディブルにて。本人による情感にこもった吹き込みや法螺貝がお見事。

  •  「古事記」の神話編を作者の語りおろしの形で現代語訳した本。叙事詩のようにすらすらと頭に入ってきて、物語を想像しながら気軽に読めた。

  • 古事記や日本神話を知るとっかかりとしてピッタリな一冊。宗教学者であり、フリーランス神主、神道ソングライターでもある著者が、古事記をかみ砕いてわかりやすく壮大な物語に仕立てています。「マンガで読む~」的な本よりよっぽど読みやすくて良いわ。それこそ少年マンガやゲームの中に、日本神話をモチーフとしたキャラクターやアイテム、設定は数えきれないくらい出てくるけど、古事記はそうしたジャパニーズファンタジーの文字通り原点なわけで、ルーツを知りたくなる人も多いはず。でも古事記をそのまま読むのはかなりしんどいし…という場合もこれ一冊で解決です。この本を読んで、もっと知りたくなったら難しい書籍など読んでみたりと、好奇心を刺激される人も多いんじゃなかろうか。レイアウトや装丁も良いし、文字組などユーザビリティ、デザインにも優れていているのがまたうれしいですね。

  • 読みやすかった。詩みたい。

  • 「古事記」の名前は知っているが読んだことがない。
    興味はあるけれど古典苦手だし…

    そんな人はとりあえずこれを読んでほしい。
    詩のような文体で書かれたこの本。
    さらっと読み流すだけでも楽しく、
    初心者にうってつけといえる。
    装丁も美しく1冊持っていて損はないはず。

全39件中 1 - 10件を表示

鎌田東二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
冲方 丁
貴志 祐介
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

超訳 古事記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

超訳 古事記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

超訳 古事記を本棚に「積読」で登録しているひと

超訳 古事記の作品紹介

日本誕生の神話は、こんなに面白かったのか! 生老、病死、愛憎、諍い、霊・・・ 全ての物語の要素が宿る『古事記』。本邦最古の書が、1300年の時を超え、「今の言葉」になって蘇る!

宗教学者であり、フリーランス神主、神道ソングライターでもある著者が、魂をこめて日本中の人たちに贈る、感動の超訳。

~ミシマ社創業3周年記念企画~

超訳 古事記のAudible版

ツイートする