ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号

  • 38人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : ミシマ社編 
  • ミシマ社 (2016年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908854

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
植本一子
都築 響一
内田樹
エラ・フランシス...
山下賢二
西 加奈子
石井ゆかり
平野 啓一郎
ヴィクトール・E...
田口 幹人
有効な右矢印 無効な右矢印

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回も興味深く読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号を本棚に「積読」で登録しているひと

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号の作品紹介

ミシマ社の雑誌 第二弾!

景気や政治や時代にふりまわされることなく
育ちつつある「未来の小さな形」を、「食」と「会社」という切り口から追う。
カンパニー(一緒に食べる)、複業・百姓(百の仕事)、地方(じかた)、手作り……希望の「今」がここに。

もともと、会社というのは、以前、鷲田清一先生に教えていただいたように「食をともにする」ために人類が産み出した共同体のはずです。ところが、現状の会社は、株主のほうばかりを向いて、利益、効率が最優先。顧客もそこで働く人たちの気持ちも置いてけぼり。まして、「一緒に食べるために一緒に働いている」なんてことは、はるか遠くに……。
はたして、これから会社はどうなっていくのか? 今が末期とすれば、「次のかたち」は、もうすでに水面下で起きているにちがいない。 ――「はじめに」より

特集0 「食×会社」を考える
特集1 会社の終わり、companyの始まり
特集2 百姓のすすめ

豪華著者陣書き下ろし!
最初から最後まで読み通したくなる雑誌を目指します。――編集部

ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台 vol.2 革命前々夜号はこんな本です

ツイートする