今日の人生

  • 384人登録
  • 4.37評価
    • (21)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 益田ミリ
  • ミシマ社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908946

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂木 司
エラ・フランシス...
恩田 陸
平野 啓一郎
原田 マハ
西 加奈子
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

今日の人生の感想・レビュー・書評

  • タイトルとカラフルな装丁にひかれた。

    何気ない一日の出来事や気づきを漫画でつづったエッセイ。
    4コマ風(コマ数の決まりなし)でリズムよく読める。

    らく〜に読めるのに、胸にずーんときたり、ほんわかしたり。
    読んだ後、世の中がキラキラしてみえたり。
    日常が楽しくなる。

    疲れた時、自分の気持ちをわかってあげたくなる。美味しいものを食べさせてあげたくなる。
    面白いものを見たら、どんな些細なことも書き留めたくなる。
    嫌なことがあったら、嫌だなとちゃんと思う。
    自分を守ってあげる。

    ひとりの時間を大切にして
    自分を大切にして
    優しくも強く生きる

    そんなことを
    ゆるーいイラストの中にたくさん感じた。

    早速、早朝散歩&パン買い。
    とっても贅沢な気分で満たされた。
    楽しかった〜

    今日の人生、という名前ではないけれど
    毎日にハイライトを付けて
    日記をつけていたのを思い出して
    またやりたいなとワクワクしてきた。

    「私の人生に降りかかってくる面倒なできごと
    すべて作品に昇華してみせる」という言葉が好き。

  • 書店で見かけ、「すーちゃん」シリーズが良かったから購入してみた。

    今日の人生、あれこれ。

    くすっと笑えるものもあったけれど、帯の絶賛ぶりはどうかな~。
    「何かおもしろいことあった?」と人に聞くと、「ないよ」「そのうちあるでしょ」「あるけどない」という答えが返ってくる。
    どれもほんとう。
    そんなことを思った。

  • 装丁が最高だ!

  • ミリさんの目で語られる世界は、わたしに見えてる世界と本当に同じなのでしょうか。
    こんな目で世界を、人々を見れるようになりたい。

  • ミリさんのエッセイ漫画。今回特徴的なのは、各話でコマ数が異なること。始めは、コマ数の少ない日の話が物足りなく感じたりするけれど、この不思議なコマ数の違いそのものが、毎日を表現していることが分かってくる。たくさんのことを感じて考える日もあれば、たいして何も起こらない日もある。そんな毎日が幸せなのだということ。最後まで読み進めるほどに、ミリさんワールドに引き込まれる感じがした。

    装丁もページの色紙の移り変わりも、とてもお洒落でかわいい本。さすがイラストレーターだと思った。

  • 久しぶりに購入。
    癒された。
    些細なことなんだけど、共感できるし、こんな風に些細なことを感じられる生き方をしなくちゃなー、と改めて感じた。
    読み返したい本。

  • 「その人が、
    どういうふうに幸せなのかは
    その人にしかわからない」

    今日の人生。
    どんな1日になるだろう。

  • 益田ミリさん「健在」です。「復活」という言葉は失礼ですねw。「今日の人生」、2017.4発行です。漫画エッセイです。味わい深いです。ミリさんの観察眼に大拍手です(^-^)

  • なんでもない、ありふれた日常の積み重ねが人生。ふとした瞬間、出会った光景、過ぎった思いを鮮やかに切り取る。

  • 動物の顔が味わい深い。カフェにもよく行っているようだが、ベンチで何か食べてることも多いのがあまりに普通のおばちゃんで気になる。

  • 「必要なものがなんにもない。なんにも。」
    なんて贅沢な装丁!

  • たまたま立ち寄った山陽堂書店で大好きな益田ミリさんの展示会。きっと引き寄せられたんだ!と思いました。で、新刊購入。

    アハハと笑いながら読んで、気がついたらほろっと涙が出るのは今回も同じ。大阪のエレベーターでの会話の話、クリスマスツリーの話が好きでした。岐阜市立中央図書館行ってみよ。
    2017.05

  • エッセイかと思ったら漫画だった
    作者がふと思ったことなど、あーわかるわかるって共感できた

  • 心にスッと染みたりチクッと刺さったり、ミリさんの作品はたまに会う旧友のような距離感で寄り添ってくる感じなのが好きです(時には「んー」というのもありますが…)。
    さらに今回はコマ数に縛りがないからかとっても自由!
    その分、親友の他愛のないおしゃべりに相槌を打つような感覚で読めました。

    そしてそして何よりも装丁が素晴らしすぎ!
    「5時に夢中!」で中瀬ゆかりさんがこの本をおすすめしていた際に「この装丁で1500円とかウチではできない!」と繰り返し仰っていたのですが、実際に手に取ってみて大いに納得。
    黒いページとか挟みこまれた写真(裏には「MIRICOLOR」の文字まで!)とか…紙の本って楽しい!と再認識でる一冊だと思います。

  • もやもやする日もあるよ
    どきどきわくわくの日もあるよ
    むなしい、、、っていう日もあるし
    さいこーにしあわせ!!っていう日もある

    それでいいのだ〜〜と思わせてくれる本

    なかみももちろんだけど
    装丁がすばらしくて。
    この装丁、デザインじゃなかったら買わなかったなー、すごいなー
    大島依提亜さんというデザイナーさん。

    あとはミシマ社という出版社を知れたのも大きな収穫なのでした。

  • 絵も話も、奇をてらわずに淡々とつむがれる
    日常が描かれている。

    ただ、そのなんでもない日常に
    何を想い、すくいとり、表現するか。
    益田ミリさんの作品は
    自分にとって、とても心地良い存在。

    明日への生きる力!
    なんでおおげさなものでなくて、
    明日も、いやなことあっても、
    ふわりとかわす方法ってあるよね。
    やわらかくものごとを捉えていきたいよね。

    なんて独り言を行って、やり過ごしていける
    ささやかな力を心に与えてくれる。

    大好きな作品。

  • 本屋さんで装丁を見て即買い。コマ数の決まっていないマンガと、時折入る悟りの文章。一見どうでもいいことの雑記のようでありながら、必ず心の芯を揺らすくだりがある。益田さんは心の姉のように、いつもそこにいてくれる。

  • これはもう、一押し
    益田ミリさん大好きでたくさんのコミックを読んでいるけど
    この本は、多分一番好きかも
    とにかく、しみじみしちゃうんだ
    本書の中の文章を紹介したいところだけど
    読んで感じた気持ちを、ここで紹介して奪いたくないので
    あえて書かないけど、ホント、良いなぁと思った
    きっと、何回も何回も繰り返し読んじゃうだろうな

  • だれかの今日の人生に、黒いしみを作らない今日の人生を。

  • 今日の人生。

    休日で、ダラダラして、アルバイトに来てもらってるNさんが悩んでるみたいだから話をしにスタバで会って、お喋りして。
    なんだか活力をもらって嬉しくなって、DVDを返して、財布を忘れたことに気づいて借りれず。
    そういうことねーとプラプラ本屋に寄ったらこの本があって。購入して、寒かったので蕎麦食べて…
    帰ろーと思ったけど。なんだかじっくり読みたくてまたスタバに行って、初めてアメリカンチェリーパイフラペチーノを頼み、したらあたりのレシートに当たったらしく、アンケートに答えたら次回トールサイズが無料とのこと。

    なんだ、捨てる神あれば拾う神あり、じゃーん♪と思って席に着き、この本を読み終えてじーんときて、でも小雨だったのがまあまあ強い雨なのと風も吹いてきてお気に入りの靴が台無し。

    でもなんか、嬉しい方が多かったなとほくそ笑みながら家路に着くバスの中。

    今日の人生。

全20件中 1 - 20件を表示

今日の人生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日の人生の作品紹介

ただただむなしいとき、おいしいものにであえた日、年齢を感じる瞬間、町で出会った人、
電車の光景、そして肉親との別れ。

2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。

「今日の人生」の積み重ねが私の人生…。


描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

今日の人生はこんな本です

ツイートする