今日の人生

  • 543人登録
  • 4.13評価
    • (39)
    • (43)
    • (20)
    • (1)
    • (1)
  • 54レビュー
著者 : 益田ミリ
  • ミシマ社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908946

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

今日の人生の感想・レビュー・書評

  • ミリさんのエッセイ漫画。今回特徴的なのは、各話でコマ数が異なること。始めは、コマ数の少ない日の話が物足りなく感じたりするけれど、この不思議なコマ数の違いそのものが、毎日を表現していることが分かってくる。たくさんのことを感じて考える日もあれば、たいして何も起こらない日もある。そんな毎日が幸せなのだということ。最後まで読み進めるほどに、ミリさんワールドに引き込まれる感じがした。

    装丁もページの色紙の移り変わりも、とてもお洒落でかわいい本。さすがイラストレーターだと思った。

  • もやもやする日もあるよ
    どきどきわくわくの日もあるよ
    むなしい、、、っていう日もあるし
    さいこーにしあわせ!!っていう日もある

    それでいいのだ〜〜と思わせてくれる本

    なかみももちろんだけど
    装丁がすばらしくて。
    この装丁、デザインじゃなかったら買わなかったなー、すごいなー
    大島依提亜さんというデザイナーさん。

    あとはミシマ社という出版社を知れたのも大きな収穫なのでした。

  • 大好きな益田ミリの新作。もう表紙をめくるとすぐに始まるお父さんとケンカした話と最後のお父さんが亡くなって1か月、という話がつながって、何とも切ない。私も父が亡くなったらこんな状態になるんだろうか。唐突にご飯の写真が何の説明もなく挟まってるのもすごい。最後にPR用?のリーフレットがあるのもいい。オチもないような、なんてことない日もあるし、すごく深い日もあるし。ほんと毎日が人生の積み重ねというか、毎日人生だなと改めて思う。岐阜市の図書館に合宿に行く、というのがすごく羨ましかった。私も行ってみたい。

  • 深い。
    好き。
    お父さん、そして、お母さんへの思いが詰まってた。

  • 「その人が、
    どういうふうに幸せなのかは
    その人にしかわからない」

    今日の人生。
    どんな1日になるだろう。

  • 今日の人生。

    休日で、ダラダラして、アルバイトに来てもらってるNさんが悩んでるみたいだから話をしにスタバで会って、お喋りして。
    なんだか活力をもらって嬉しくなって、DVDを返して、財布を忘れたことに気づいて借りれず。
    そういうことねーとプラプラ本屋に寄ったらこの本があって。購入して、寒かったので蕎麦食べて…
    帰ろーと思ったけど。なんだかじっくり読みたくてまたスタバに行って、初めてアメリカンチェリーパイフラペチーノを頼み、したらあたりのレシートに当たったらしく、アンケートに答えたら次回トールサイズが無料とのこと。

    なんだ、捨てる神あれば拾う神あり、じゃーん♪と思って席に着き、この本を読み終えてじーんときて、でも小雨だったのがまあまあ強い雨なのと風も吹いてきてお気に入りの靴が台無し。

    でもなんか、嬉しい方が多かったなとほくそ笑みながら家路に着くバスの中。

    今日の人生。

  • 不思議の国のアリスの「なんでもない日おめでとう」を思い出した

  • 益田さんの作品は好きなので何冊も読んでいますが、
    今回は全体的に少し切ない雰囲気が多かったように思えます。
    けれど何気ない日常の中で過ごしていることを
    細やかな視点で捉え、
    それをただ見たままに思うのではなく、
    様々な考え方で表現をしていて共感できることが沢山ありました。

    毎日繰り返される平凡な日々からこそ、
    小さな幸せが生まれたり、
    それが後に自分の積み重ねた人生となっていき
    なかなかどれも考え深いものでした。

    印象に残ったもので
    電車の中で盲導犬が足したで小さく伏せているのを見ていると、
    これどのまでに誰かの役に立ったことはあるのだろうかと思った今日の人生。
    じわじわと言葉の意味が伝わり背筋を伸ばさせられるような気持ちになりました。

    コミックの間にあるエッセイもかなりシリアスで切実なことが
    書いてあったので ドキッとしてしまいました。

    購入した本の間に挟んであった冊子も良かったです。
    今はこのような手書きでのものはなかなか見れないので、
    何だか懐かしくて可愛らしくて気に入ってしまいました。

    本の表紙もカラフルですが、
    中のページを開くとカラフルなので色によって気分も変わり
    楽しく読めてユニークだと思いました。

    人生とはかけがえのない一瞬の積み重ねということを
    改めて大切にしなければいけないと思わせる作品です。
    日常の小さなことを大事にしならが、
    またのんびりとした時間を味わいたい時に再読したいと思います。

  • ミリさんの新刊

    冒頭からお父さんとのケンカから始まる
    あるあるネタが多くて、いつも共感しながら読み進んでます!

    最後、揚げたてコロッケや焼き芋で
    ふとした瞬間涙がポロリ
    わかる~!

    丁度 図書館から予約本用意出来ました!
    って連絡があったのが
    母が亡くなって最初の月命日で
    ミリさんの本でいつも登場している
    お父さんが亡くなって一ヶ月のくだりに
    なんとなく運命を感じたりして

    出会うべくして出会った本だったのかなぁ

  • 年齢、大阪オリエンテッドで東京在住、ひとりっ子…と共通項の多いミリさんを勝手になんとなく意識していたけれど、著書を読んだのは、初めて。ご本人は個性のないのが個性、とおっしゃっているけれど、市井の中でボソリと呟かれる言葉を聞き逃さない素晴らしい耳は、ギフトだと思います。もう一冊読みたい。

  • 益田ミリさんの作品の中でこの本が一番好きです。

    自分の周りの小さなことに目を向ければ、新しい発見と幸せに満ちていることに気付かされます。

    幸せは、外ではなく、自分の内にあるものだと改めて感じました。

    毎日が愛おしく感じられるようになります。

    力み過ぎない柔らかい絵もいいです。

  • (2017/9/14読了)
    「今日の人生」がいっぱい収録されてる。
    本の造り序盤中盤終盤と3色に別れてて、まるでひな祭りの菱餅みたいで可愛い。3色に少しだけ黒が入ってて、そこには「昨夜の夢」が数作書かれてる。
    1ページ8コマ書けるところに、1コマしか書かれてないページがあったりして、これもデザインなのだろうと思うけど、ちょっぴり損をした気になってしまう。
    主人公のいる本とは違い、益田さんそのものが本の中に居る。いつもに増して身近に感じた。
    益田さんは独身、不安や問題を自分自身で解決していく日々を当たり前に過ごしている。既婚の私は、夫や娘に頼ることが多く、益田さんのような考え方が出来たらなぁと思うことも多々あった。
    最後にお父様のことがあり、私も胸に迫る思いがした。

    (内容)
    むなしい日も、幸せな日も、おいしいものを食べた日も、永遠の別れが訪れた日も……。益田ミリさんの人生がつまり、初めて「死」について書いた著者の転換点となる最高傑作・コミックエッセイ。

  • さらっと読みながら、もう一度読み直してじっくりと言葉を噛みしめる。スルメのような奥深い一冊。

  • なんとなくの日常。
    好きな本。

  • なんとなく過ごしていることが。良い人生。

  • 物書きとしての日常をショートストーリーとして漫画で描いている。共感できる部分と異性だから考え方が違うのと思う部分と。

  • さらっと読了。そうそう!と共感したり、そうなんだぁ〜と思ったり、楽しめました。

  • 毎日を真摯に生きているミリさんの人柄が表れていると思います。やさしい気持ちになれる一冊。

  • いつもながらに、『うん、うん。』とうなずき、思わず笑ってしまったりする、益田さんの漫画。疲れてるとき、忙しくてペースを取り戻したいとき、側にあって良かった~と思う。

  • 天気と食べ物って、健全な気持ちにさせてくれる。

  • 多くの人に当てはまる日常を四コマ漫画形式で描いた作品。今日の人生は十人十色で、その日によって、ページ数が違っていて、何ページにも渡ることもあれば、あっさりとして終わることもある、それが人生なのだなとしみじみと感じる。作中の出来事も自分にもある出来事だなとふむふむと感じながら読みすすめていった。日記のようなものだと感じたが、今日の人生を描くことで自分の行いや、気づきや発見などを振り返り、見つめる視線が良いと感じた。人生あるあると感じつつも、息を抜いて読める作品。

  • 毎日忙しく、以前のように本をゆっくり読む時間がとれない中で、この本は漫画(4コマ漫画風)だったので、久しぶりに本を1冊読了できた。
    特に、最後の方のお父さんに関する漫画は、胸にじんときた。

全54件中 1 - 25件を表示

今日の人生を本棚に登録しているひと

今日の人生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今日の人生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日の人生の作品紹介

ただただむなしいとき、おいしいものにであえた日、年齢を感じる瞬間、町で出会った人、
電車の光景、そして肉親との別れ。

2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。

「今日の人生」の積み重ねが私の人生…。


描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

ツイートする