ブクログ大賞

今日の人生

  • 432人登録
  • 4.40評価
    • (32)
    • (23)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 32レビュー
著者 : 益田ミリ
  • ミシマ社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908946

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

今日の人生の感想・レビュー・書評

  • どんな毎日でも、私の人生。

  • 1日1日にある何気ないひとこまをすくいとられていて、日常のほんのささやかなひとこまに、こんなにも幸せや喜びが隠れているんだなと気づかされました。
    その一方で、腑に落ちないこと、悲しいこと、虚しいことも素直に描かれていて、元気づけられました。

    ミリさんの作品の中で一番好き。

  • 毎日少しづつ少しづつ読んでいた
    ア〜…って思ったり ウワッ…って思ったり、どんなに読んでても疲れないし ホッとしたりして
    食べもののお話ってハートフルでやっぱり好きだなって思った 今日の人生!
    わたしも色んなものを 見て、聞いて、自分の世界にたくさん「手すり」を付けるぞ〜〜

  • 軽いし絵も軽いんだけど、ずしんとくるテーマやシーンだったりして心に残る。有りがちと思えることもあるけど、なかなかいいなっていうポイントが多いから好きなんだ。とりわけ印象深いのは、亡くなったお父さんのエピソード。スーパーでふと思い出したり、いつもは全然平気なのに、というところとか、実際に家族を亡くしたことはないからきになるところだったけど、どんな感じなのかすごくよく分かると思えた。

  • とにかく優しい。日常の中のふとした瞬間の、暖かい眼差しの向け方に気づかせてくれる作品。「毎日」をどう見るか。それによって、同じような毎日も少しだけ変わったように感じる。少し変わるって、だいぶ変わるんだ。それに気がつけたことが、また嬉しかった。うん、何を見るかが生き方になる。仕事の合間の休憩時間に、さらっと読めるライトなボリュームもありがたい。出会えてよかったと思える良書。

  • 大切に生きていきたいと感じた一冊です。

  • 益田さんのエッセイ漫画はやっぱりいい。
    帯にもあったけど、ほんとに、なんでもない
    普通の日常の中にある幸せに気付かせてくれる本。

    これを読むと、なんてことない日々の生活も
    特別なものに変わってくる気がする。

  • イラストレーターである著者による、日々の小さな小さな気づきが、ときに3コママンガ、20コママンガとして表現されている。それらは誰にでもある日常のほんのささいなできごと。洋服を買う時の店員のおすすめに気を使ってしまうこと、電車に落ちていた太田胃散の袋をみて、思わずTVCMソングが頭から離れないこと。。などなど。「私の人生に降りかかってくる面倒なできごとすべて作品に昇華してみせる」という決意がありドキっとさせられる。悪いこともいいことも、すべてを受け入れて生きていく人生を愛おしく感じていきたいと思える一冊では。

  • 益田ミリさんの世間を感じる力の強さ、敏感さを尊敬。

  • たくさんの日々のカケラが集まって、今の私があるんだなぁ、と、本を読み終わってからボーッと考えてみたり。

    ミリさんの本、好きだな☺️

    「ベイマックス」が観たくなりました。
    岐阜市立中央図書館にも行ってみたい

  • タイトルとカラフルな装丁にひかれた。

    何気ない一日の出来事や気づきを漫画でつづったエッセイ。
    4コマ風(コマ数の決まりなし)でリズムよく読める。

    らく〜に読めるのに、胸にずーんときたり、ほんわかしたり。
    読んだ後、世の中がキラキラしてみえたり。
    日常が楽しくなる。

    疲れた時、自分の気持ちをわかってあげたくなる。美味しいものを食べさせてあげたくなる。
    面白いものを見たら、どんな些細なことも書き留めたくなる。
    嫌なことがあったら、嫌だなとちゃんと思う。
    自分を守ってあげる。

    ひとりの時間を大切にして
    自分を大切にして
    優しくも強く生きる

    そんなことを
    ゆるーいイラストの中にたくさん感じた。

    早速、早朝散歩&パン買い。
    とっても贅沢な気分で満たされた。
    楽しかった〜

    今日の人生、という名前ではないけれど
    毎日にハイライトを付けて
    日記をつけていたのを思い出して
    またやりたいなとワクワクしてきた。

    「私の人生に降りかかってくる面倒なできごと
    すべて作品に昇華してみせる」という言葉が好き。

  • 書店で見かけ、「すーちゃん」シリーズが良かったから購入してみた。

    今日の人生、あれこれ。

    くすっと笑えるものもあったけれど、帯の絶賛ぶりはどうかな~。
    「何かおもしろいことあった?」と人に聞くと、「ないよ」「そのうちあるでしょ」「あるけどない」という答えが返ってくる。
    どれもほんとう。
    そんなことを思った。

  • 装丁が最高だ!

  • ミリさんの目で語られる世界は、わたしに見えてる世界と本当に同じなのでしょうか。
    こんな目で世界を、人々を見れるようになりたい。

  • 「その人が、
    どういうふうに幸せなのかは
    その人にしかわからない」

    今日の人生。
    どんな1日になるだろう。

  • 益田ミリさん「健在」です。「復活」という言葉は失礼ですねw。「今日の人生」、2017.4発行です。漫画エッセイです。味わい深いです。ミリさんの観察眼に大拍手です(^-^)

  • なんでもない、ありふれた日常の積み重ねが人生。ふとした瞬間、出会った光景、過ぎった思いを鮮やかに切り取る。

  • 動物の顔が味わい深い。カフェにもよく行っているようだが、ベンチで何か食べてることも多いのがあまりに普通のおばちゃんで気になる。

  • 「必要なものがなんにもない。なんにも。」
    なんて贅沢な装丁!

  • たまたま立ち寄った山陽堂書店で大好きな益田ミリさんの展示会。きっと引き寄せられたんだ!と思いました。で、新刊購入。

    アハハと笑いながら読んで、気がついたらほろっと涙が出るのは今回も同じ。大阪のエレベーターでの会話の話、クリスマスツリーの話が好きでした。岐阜市立中央図書館行ってみよ。
    2017.05

  • エッセイかと思ったら漫画だった
    作者がふと思ったことなど、あーわかるわかるって共感できた

  • 心にスッと染みたりチクッと刺さったり、ミリさんの作品はたまに会う旧友のような距離感で寄り添ってくる感じなのが好きです(時には「んー」というのもありますが…)。
    さらに今回はコマ数に縛りがないからかとっても自由!
    その分、親友の他愛のないおしゃべりに相槌を打つような感覚で読めました。

    そしてそして何よりも装丁が素晴らしすぎ!
    「5時に夢中!」で中瀬ゆかりさんがこの本をおすすめしていた際に「この装丁で1500円とかウチではできない!」と繰り返し仰っていたのですが、実際に手に取ってみて大いに納得。
    黒いページとか挟みこまれた写真(裏には「MIRICOLOR」の文字まで!)とか…紙の本って楽しい!と再認識でる一冊だと思います。

  • もやもやする日もあるよ
    どきどきわくわくの日もあるよ
    むなしい、、、っていう日もあるし
    さいこーにしあわせ!!っていう日もある

    それでいいのだ〜〜と思わせてくれる本

    なかみももちろんだけど
    装丁がすばらしくて。
    この装丁、デザインじゃなかったら買わなかったなー、すごいなー
    大島依提亜さんというデザイナーさん。

    あとはミシマ社という出版社を知れたのも大きな収穫なのでした。

  • 絵も話も、奇をてらわずに淡々とつむがれる
    日常が描かれている。

    ただ、そのなんでもない日常に
    何を想い、すくいとり、表現するか。
    益田ミリさんの作品は
    自分にとって、とても心地良い存在。

    明日への生きる力!
    なんでおおげさなものでなくて、
    明日も、いやなことあっても、
    ふわりとかわす方法ってあるよね。
    やわらかくものごとを捉えていきたいよね。

    なんて独り言を行って、やり過ごしていける
    ささやかな力を心に与えてくれる。

    大好きな作品。

全32件中 1 - 25件を表示

今日の人生を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今日の人生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日の人生を本棚に「積読」で登録しているひと

今日の人生の作品紹介

ただただむなしいとき、おいしいものにであえた日、年齢を感じる瞬間、町で出会った人、
電車の光景、そして肉親との別れ。

2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。

「今日の人生」の積み重ねが私の人生…。


描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

ツイートする