今日の人生

  • 483人登録
  • 4.18評価
    • (34)
    • (33)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 益田ミリ
  • ミシマ社 (2017年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903908946

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

今日の人生の感想・レビュー・書評

  • ミリさんのエッセイ漫画。今回特徴的なのは、各話でコマ数が異なること。始めは、コマ数の少ない日の話が物足りなく感じたりするけれど、この不思議なコマ数の違いそのものが、毎日を表現していることが分かってくる。たくさんのことを感じて考える日もあれば、たいして何も起こらない日もある。そんな毎日が幸せなのだということ。最後まで読み進めるほどに、ミリさんワールドに引き込まれる感じがした。

    装丁もページの色紙の移り変わりも、とてもお洒落でかわいい本。さすがイラストレーターだと思った。

  • もやもやする日もあるよ
    どきどきわくわくの日もあるよ
    むなしい、、、っていう日もあるし
    さいこーにしあわせ!!っていう日もある

    それでいいのだ〜〜と思わせてくれる本

    なかみももちろんだけど
    装丁がすばらしくて。
    この装丁、デザインじゃなかったら買わなかったなー、すごいなー
    大島依提亜さんというデザイナーさん。

    あとはミシマ社という出版社を知れたのも大きな収穫なのでした。

  • 「その人が、
    どういうふうに幸せなのかは
    その人にしかわからない」

    今日の人生。
    どんな1日になるだろう。

  • 今日の人生。

    休日で、ダラダラして、アルバイトに来てもらってるNさんが悩んでるみたいだから話をしにスタバで会って、お喋りして。
    なんだか活力をもらって嬉しくなって、DVDを返して、財布を忘れたことに気づいて借りれず。
    そういうことねーとプラプラ本屋に寄ったらこの本があって。購入して、寒かったので蕎麦食べて…
    帰ろーと思ったけど。なんだかじっくり読みたくてまたスタバに行って、初めてアメリカンチェリーパイフラペチーノを頼み、したらあたりのレシートに当たったらしく、アンケートに答えたら次回トールサイズが無料とのこと。

    なんだ、捨てる神あれば拾う神あり、じゃーん♪と思って席に着き、この本を読み終えてじーんときて、でも小雨だったのがまあまあ強い雨なのと風も吹いてきてお気に入りの靴が台無し。

    でもなんか、嬉しい方が多かったなとほくそ笑みながら家路に着くバスの中。

    今日の人生。

  • なんとなく過ごしていることが。良い人生。

  • 物書きとしての日常をショートストーリーとして漫画で描いている。共感できる部分と異性だから考え方が違うのと思う部分と。

  • さらっと読了。そうそう!と共感したり、そうなんだぁ〜と思ったり、楽しめました。

  • 毎日を真摯に生きているミリさんの人柄が表れていると思います。やさしい気持ちになれる一冊。

  • 大好きな益田ミリの新作。もう表紙をめくるとすぐに始まるお父さんとケンカした話と最後のお父さんが亡くなって1か月、という話がつながって、何とも切ない。私も父が亡くなったらこんな状態になるんだろうか。唐突にご飯の写真が何の説明もなく挟まってるのもすごい。最後にPR用?のリーフレットがあるのもいい。オチもないような、なんてことない日もあるし、すごく深い日もあるし。ほんと毎日が人生の積み重ねというか、毎日人生だなと改めて思う。岐阜市の図書館に合宿に行く、というのがすごく羨ましかった。私も行ってみたい。

  • いつもながらに、『うん、うん。』とうなずき、思わず笑ってしまったりする、益田さんの漫画。疲れてるとき、忙しくてペースを取り戻したいとき、側にあって良かった~と思う。

  • 天気と食べ物って、健全な気持ちにさせてくれる。

  • 多くの人に当てはまる日常を四コマ漫画形式で描いた作品。今日の人生は十人十色で、その日によって、ページ数が違っていて、何ページにも渡ることもあれば、あっさりとして終わることもある、それが人生なのだなとしみじみと感じる。作中の出来事も自分にもある出来事だなとふむふむと感じながら読みすすめていった。日記のようなものだと感じたが、今日の人生を描くことで自分の行いや、気づきや発見などを振り返り、見つめる視線が良いと感じた。人生あるあると感じつつも、息を抜いて読める作品。

  • 毎日忙しく、以前のように本をゆっくり読む時間がとれない中で、この本は漫画(4コマ漫画風)だったので、久しぶりに本を1冊読了できた。
    特に、最後の方のお父さんに関する漫画は、胸にじんときた。

  • 隔週の金曜日に朝刊を開くと、本書の著者のエッセーが読める。毎回、心緩まる楽しみなエッセーだ。本書でも、日常のほんの小さな優しさが読めました。
    156ページに書かれた大阪のおっちゃんのように仕上がらなかったことが、僕の、少しさみしい今日の人生・・・。

  • 今日が積み重なって、人生になる。
    改めて1日1日を大切に幸せに過ごしたいと思えた。

  • どんな毎日でも、私の人生。

  • 1日1日にある何気ないひとこまをすくいとられていて、日常のほんのささやかなひとこまに、こんなにも幸せや喜びが隠れているんだなと気づかされました。
    その一方で、腑に落ちないこと、悲しいこと、虚しいことも素直に描かれていて、元気づけられました。

    ミリさんの作品の中で一番好き。

  • 毎日少しづつ少しづつ読んでいた
    ア〜…って思ったり ウワッ…って思ったり、どんなに読んでても疲れないし ホッとしたりして
    食べもののお話ってハートフルでやっぱり好きだなって思った 今日の人生!
    わたしも色んなものを 見て、聞いて、自分の世界にたくさん「手すり」を付けるぞ〜〜

  • 軽いし絵も軽いんだけど、ずしんとくるテーマやシーンだったりして心に残る。有りがちと思えることもあるけど、なかなかいいなっていうポイントが多いから好きなんだ。とりわけ印象深いのは、亡くなったお父さんのエピソード。スーパーでふと思い出したり、いつもは全然平気なのに、というところとか、実際に家族を亡くしたことはないからきになるところだったけど、どんな感じなのかすごくよく分かると思えた。

  • 深い。
    好き。
    お父さん、そして、お母さんへの思いが詰まってた。

  • とにかく優しい。日常の中のふとした瞬間の、暖かい眼差しの向け方に気づかせてくれる作品。「毎日」をどう見るか。それによって、同じような毎日も少しだけ変わったように感じる。少し変わるって、だいぶ変わるんだ。それに気がつけたことが、また嬉しかった。うん、何を見るかが生き方になる。仕事の合間の休憩時間に、さらっと読めるライトなボリュームもありがたい。出会えてよかったと思える良書。

  • 大切に生きていきたいと感じた一冊です。

  • 益田さんのエッセイ漫画はやっぱりいい。
    帯にもあったけど、ほんとに、なんでもない
    普通の日常の中にある幸せに気付かせてくれる本。

    これを読むと、なんてことない日々の生活も
    特別なものに変わってくる気がする。

  • イラストレーターである著者による、日々の小さな小さな気づきが、ときに3コママンガ、20コママンガとして表現されている。それらは誰にでもある日常のほんのささいなできごと。洋服を買う時の店員のおすすめに気を使ってしまうこと、電車に落ちていた太田胃散の袋をみて、思わずTVCMソングが頭から離れないこと。。などなど。「私の人生に降りかかってくる面倒なできごとすべて作品に昇華してみせる」という決意がありドキっとさせられる。悪いこともいいことも、すべてを受け入れて生きていく人生を愛おしく感じていきたいと思える一冊では。

全44件中 1 - 25件を表示

今日の人生を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今日の人生の作品紹介

ただただむなしいとき、おいしいものにであえた日、年齢を感じる瞬間、町で出会った人、
電車の光景、そして肉親との別れ。

2コマで終わる「今日」もあれば、8ページの物語になる「今日」もある。

「今日の人生」の積み重ねが私の人生…。


描き下ろしを加え、「みんなのミシマガジン」の人気連載「今日の人生」4年分が一冊に。

ツイートする