魂(ソウル)のゆくえ

  • 159人登録
  • 4.04評価
    • (18)
    • (16)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
  • アルテスパブリッシング (2008年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951058

魂(ソウル)のゆくえの感想・レビュー・書評

  • 黒人音楽の歴史をざっと俯瞰できるし、文章も分かりやすくてよい。でもその分薄味なのかも。ものの2時間弱で読めます。

    バラカンさんの好みもわりと偏っていて、ヒップホップは好きくない、ジミヘンはああいう音楽をやる人間はなかなか長生きできないとバッサリ。しかし、マーヴィン・ゲイがあのソフトな声で社会派だったとは…目からウロコもちらほら。

    当時と今では聞こえ方にギャップはあるのだろうけれど、いくつか聞いてみたいアルバムもあったので、聞いてみたいと思った。さくっと読めるよい本でした。

  • 一つの大きな音楽の一大支流についてこれほどの精密さはないと言えるほど、実によくソウルミュよく解説してくださっています

  • 図書館で借りたけれど、これは買って手元に置くべきものですね。黒人音楽は当時の社会背景と密接にかかわっているのでその点でも興味深い。

  • ソウル・ミュージックの隆盛を体系的に語った名著。音楽オタク的な話に埋没せず、当時の時代背景など語られており、一段深い音楽の楽しみ方を教わった。

  • 音楽って実は、そのジャンルの歴史をたどっていって、改めて聴いてみないとその本質を理解できないってことばかりです。ソウルなんてまさにそうで、ロックと比べても、根はとても深い。けどそんなのどうやって掘り下げていくんだよ?って時、この本が最高に役立ちます。

  • ソウル・ミュージックについて、その歴史と魅力について語った入門書。1989年新潮社刊を全面的に改訂増補した新版。

  • 新潮社版はすり切れるほど読んだ。黒人音楽を愛する人は必読。
    ...だったんだけど初版からの20年の黒人音楽をフォローし切れていないので今からわざわざこれを読む必要はなし。
    装幀も前の方がよかったなー。

全10件中 1 - 10件を表示

魂(ソウル)のゆくえを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魂(ソウル)のゆくえを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魂(ソウル)のゆくえの作品紹介

みんなこれでソウルを知った──ソウル・ミュージック・ガイドの決定版が、大幅にヴァージョン・アップして18年ぶりに待望の復活!

テレビやFMでブロードキャスターとして活躍、リスナー・読者に絶大な信頼を得ている著者が、ソウル・ミュージックのすべてを語った名著。ゴスペル、R&B、モータウン、サザン・ソウル、ニュー・オーリンズ、70年代ソウル、ファンクからディスコ、ヒップ・ホップ、ネオ・ソウルまで、ソウル・ミュージックの歴史をたどる。最新CDガイド176枚+DVD・書籍ガイド付き。

※本書は『魂(ソウル)のゆくえ』(1989年新潮社刊)を全面的に改訂増補した新版です。

魂(ソウル)のゆくえはこんな本です

ツイートする