『at武道館』をつくった男 ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代

  • 13人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 和久井光司
  • アルテスパブリッシング (2008年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951096
全1件中 1 - 1件を表示

『at武道館』をつくった男 ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代を本棚に登録しているひと

『at武道館』をつくった男 ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代を本棚に「読みたい」で登録しているひと

『at武道館』をつくった男 ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

和久井光司の作品一覧

和久井光司の作品ランキング・新刊情報

『at武道館』をつくった男 ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代の作品紹介

ソニー・ミュージックダイレクト社長を2008年6月に退いた野中規雄は、1948年、団塊世代のど真ん中に生まれ、72年に創立間もないレコード会社CBS・ソニーに入社。以来エアロスミス、チープ・トリック、ザ・クラッシュといった名だたるロック・バンドを日本で大スターに育ててきた名物ディレクターです。シンガー・ソングライターのジャニス・イアンやスペインの貴公子フリオ・イグレシアスも日本で大ヒットさせました。
 彼が現役のディレクターとして活躍した1970〜80年代は、日本での洋楽ロック人気がピークを迎えていた時代であり、また日本のレコード会社が英米とは異なる日本だけのスターを次々に生み出していた時代でもあります。
 自ら企画して全世界的なベストセラーとなったチープ・トリック『at武道館』(書名の由来です)、『飛べ!エアロスミス』『蒼ざめたハイウェイ』『動乱〜獣を野に放て』といったユニークな邦題、エアロスミス『ロックス』の金帯などで知られる野中の自由奔放な仕事ぶり、あるいは彼が語る名物先輩ディレクターたちの伝説が伝えるレコード会社の姿は、デジタル化の波に揺さぶられ激動している現在のレコード(CD)産業とは対照的です。
 そんな野中の数々のエピソードに彩られたディレクター人生を追った本書は、ロック・ミュージシャンとしてもリスナーとしても野中の仕事に大きな影響を受けた著者が、野中の定年退職を機に書き下ろしたもの。当時のレコード・ディレクターの仕事を通して、“日本洋楽”全盛期のレコード業界の舞台裏を描くドキュメンタリーです。

『at武道館』をつくった男 ディレクター野中と洋楽ロック黄金時代はこんな本です

ツイートする