ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 市民が育む芸術イヴェント

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉原真里
  • アルテスパブリッシング (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951324

ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 市民が育む芸術イヴェントの感想・レビュー・書評

  • 国際的芸術イベントである、ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールの、第13回大会の模様を描いた作品。著者の吉原真理氏はハワイ在住の大学教授で、アマチュアながらコンクール出場を目指すピアニストでもある。

    最も印象的だったのは、開催地であるフォートワースの人々の、コンクールに対する情熱である。資金の援助からイベントの運営に至るまで、アメリカ国民の非常に利他的なボランティア精神という一面が垣間見られた。
    演奏者が宿泊するのはホテルではなく、ホストファミリーと呼ばれるボランティアの家庭だったり、コンサート運営にかかわるスタッフたちの、ボランティアの域を超え組織化されたプロフェッショナルな活動に驚かされる、まさに神対応という言葉がピッタリだ。

    コンクールの様子はとても臨場感あふれるレポートで、自分も会場に居るような感覚で読むことができた。本作を読む限り、今大会を経験した若きピアニストたちは皆、音楽のしもべとなっていずれ世界の舞台で大成することになるだろう、その日が来るのを楽しみに待tちたい。

  • ピアノを3歳から18歳まで続けた私にとってはとても面白く読めた本。

    辻井さんを最初観たときの感動は、皆おんなじなんだなーと思った。
    ピアノを本気で続ければよかったなー、と思ってしまう(笑)。もっとも私は高校生の頃にはジャズの方に興味が移ってしまったのでこれは戯言だが。

    ノンフィクションものは久しぶり。吉原真理さんの外の本も読んでみようと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 市民が育む芸術イヴェントを本棚に登録しているひと

ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 市民が育む芸術イヴェントを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 市民が育む芸術イヴェントの作品紹介

2009年、日本人ピアニスト、辻井伸行さんが優勝したことにより、日本中にその名を知られるようになった「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」。ハワイ大学でアメリカ研究を専攻する著者は、その第13回コンクールの予選から本選までを研究者として取材し、はからずも辻井さんの優勝にいたるドラマの一部始終の目撃者となった。
 テキサスの一地方都市で開催されるコンクールが、チャイコフスキー、ショパンといった世界的な音楽コンクールと肩をならべるまでの権威を獲得し、国際的な成功をおさめるにいたった理由とは? 1200人もの市民ボランティアが支えるコンクールの舞台裏はどうなっているのか? そして、辻井伸行とハオチェン・チャン(中国)が1位、ヨルム・ソン(韓国)が2位と、2009年も入賞を独占したアジア人音楽家たちの活躍の背景にはなにがあるのか──。
 「理想のコンクール」を求める人々の姿を熱くドキュメントした音楽ノンフィクションの快作!

ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 市民が育む芸術イヴェントはこんな本です

ツイートする