音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]

  • 43人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • アルテスパブリッシング (2011年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951409

音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]を本棚に「積読」で登録しているひと

音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]の作品紹介

本書は、音楽研究を大作曲家の楽譜研究や伝記読物といった旧弊から解放し、楽譜や音楽用語に頼らずに、さまざまな学問領域を横断しながら、音楽を文化としてとらえなおす試みである。収録された多彩な論考は、いずれも音楽を社会的活動として理解することから出発し、たがいに重なり補いあう概念のパッチワークを提示している。
第1部では音楽と文化・社会・歴史との関係を俯瞰的にとらえ、第2部では個別のテーマや概念を集中的に議論し、音楽研究の今後向かうべき方向を示す。

◎本書に登場するキーワード
人類学、社会学、生物学、民族誌、歴史記述、意味論、記号論、ポスト・モダニズム、アフォーダンス、アイデンティティ、セクシュアリティ、ジェンダー、テクスト、身体性、他者性、消費、植民地主義、人種主義、ディアスポラ、政治、産業、教育、民族問題etc.

音楽のカルチュラル・スタディーズ [単行本]はこんな本です

ツイートする