文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)

  • 508人登録
  • 4.07評価
    • (41)
    • (52)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 37レビュー
  • アルテスパブリッシング (2011年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951478

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
樋口 毅宏
樋口 毅宏
いとう せいこう
立川 談春
ウォルター・アイ...
町山 智浩
有効な右矢印 無効な右矢印

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)の感想・レビュー・書評

  • ロックは(ドロップアウト)で資本主義からの脱却を特徴としている、
    だからロックで売れてお金持ちになるのは資本主義の中で成功しちゃってるから矛盾する。
    ヒップホップはその逆って表現が面白かった!

    あとヒップホップの苦手としている弱い僕を表現することをカニエ・ウエストが(808 heartbreak)でやった点も、
    そういえばリアルタイムで聴いてたなって思ってヒップホップの変革に高校時代に立ち会えていたと思って嬉しくなった!

    ギャングスタだけがヒップホップじゃない!
    日本人がヒップホップに対して抱いているイメージを変えてくれそうな一冊でした!

  • 本書では、ヒップホップに似ている日本の文化として「少年ジャンプ」「プロレス」「お笑い」の三つが言及されていたのだけど、僕としてはそのどれも(あまり)好きではないし、むしろクソだとすら思うことも少なくないので、なんとも言えない気持ちになった。

    この三つの要素が取り上げられていたのは、それらが「壇上のパフォーマンスや作品単体ではなく、所属や人間関係、背景情報などの『場』における(商業主義的)競争を通して楽しむものとしてある」という点。

    ジャンプについては、「友情努力勝利」という様式(ゲームのルール)が用意されており、その枠の中でどれだけ面白い作品を作り、売れるかという競争性があるという点について言及されていた(もう少し細かく書いてあったけど)


    ところで僕も最近、日本語ヒップホップをわりと聴くようにしてるけど、それが面白く感じられるために明らかに必要なのは、まず用語を理解することで、その用語の背景にある関係者の情報を知ることで、直接の作品とかパフォーマンス単体での理解ではないんだよなと思った。だから、ここで語られている「場」や「関係性」を通してヒップホップを楽しむ、というのはわかるかもしれないと思った。

    ところで、この本はアメリカの話しか載っていないけれど、本場アメリカのことを読んでいて感じたのは、アメリカのヒップホップにおいてはマッチョな競争の要素が多いのと連動して、自分の弱さをさらけ出すようなラップが出づらいってことで、その点に関しては日本のヒップホップのほうがよっぽど文化系が入り込む要素があるし、僕はそれは希望だと思った。

  • まさしく文化系のためのヒップホップ入門でしたわ!聴くよりも読むところから入る私みたいなんには最適。
    ワンピースはジェイZ的存在。
    個、作品、ではなく、あくまで、場。

  • ロックと対比して、ラップとはこういうものなんだよ~と説明してくれるのがよい。

  • ヒップホップを全然知らなくても面白い不思議。
    ヒップホップそのものが持つ意味が、これまで、私が親しんできたロックとは全く別なのが興味深い。

  • 場としてのヒップホップを軸に対談形式で歴史を辿る。つまみ食いはしてたけどいまいちのめり込めなかったので、こういう本があると助かる。時間がある時に動画検索しながらもう一度読み返すことになりそう。

  • Rockは個のドロップアウト、Hip-Hopは場でありINを志向するというざっくり整理ですっきり。

  • ヒップホップの歴史やロックとの比較等、わかりやすくて面白かった。

    ロックは「天才」がシーンを牽引する「オリジナル」信仰なのに対してヒップホップは集合知的
    ヒップホップは音楽ではなく、一定のルールの下で参加者が優劣を競い合うゲーム

    といったあたりが特に印象に残ったかな。

  • 今さら読んだけど最っっ高におもしろかった

  • トライブ=部族転じてファン集団=ヘッズ レペゼン=代表転じて出身 イル=イカれてる転じて格好いい ドープ=麻薬転じて最高にイカした コンペティション 弱肉強食の世界 コンプトン ビーフ=アーティスト間の争い 競技 ジャマイカ ブロンクス クールハーク ジャイアンのジャイ子への愛 ジェームスブラウン ドラムブレイク RUNDMC 起承転結の否定 アフリカバンバータ けんかが強いのに文科系 ブロックパーティ ネイティブタン デラソウル アメリカの黒人人口ってたかだか12〜13%なんで フォークロア【folklore】 民間伝承。民俗学 サウスセントラル→サウスロサンゼルス チカーノ バンダラップ サイプレスヒル ドジャース イーストLA 大喜利をやっている落語家に、道徳を求められても困る いかにクリエイティブに悪口をいうか ハンチング帽 ロックとフォークは自殺のことばかり考えていて、ラテンは他殺のことばかり考えている ロックは純文学、ヒッブホップはTwitter カニエウェスト リルウェイン リヴァースクオモ ハーバード大卒 ヴァンパイアウィークエンド 韻を踏みまくった歌詞はヒッブホップからの影響が濃い ミュージッキング音楽は行為である ワイルドスタイル ビートストリート 友情努力勝利 シグニファリング ワンピースはジェイZみたいな存在 手塚治虫はマンガ界のJB ヒッブホップはプロレスである ファンも分かった上で乗っている ビートたけしはスタンスが非常にギャングスタラッパー的 すべらない話って完全に仲間内でサイファーを作ってフリースタイルをやっているノリ 誰でも知っている日常のネタをいかに異常な発想で膨らませてウケをとるかというのもヒッブホップ的 feat. ひな壇芸人 ガレージバンド 初音ミク インディーロックはTwitterじゃなくてFacebook 知り合いにいいね!マークを付けてもらって自己充足みたいな

  • ヒップホップの誕生から現在に至るまでの話が延々と書いてあって、正直興味ないとか、聞いたことのない人には実感が伴わない内容であるかと思いきや最後の方にある「ヒップホップの楽しみ方」の部分が面白かった。

    「ヒップホップの楽しみ方」では本の序盤~中盤にある概要を元にヒップホップと他の文化の類似性について記載してある。

    プロレスとの類似性という話がしっくり来て、要するに作る側の人間は問題を起こしたりビーフによって悪目立ちすることで話題を生み、聞く側の人間はそれを含めて楽しむ。
    少なくとも文化系にとっての楽しみ方としては、自分との類似性、親近感を持つことではなくテレビの向こう側にあるエンターテイメントとして捉えるのである。

    この楽しみ方は理に適っていると思うし、楽しむための視点を学ぶという理由において入門書として優れているものの、どうしてもやっぱり文化系から見るヒップホップは距離を置いたものというか、若干見下し気味になるような気がしないでもない。

  • 「ヒップホップは即実的なルールのもとに行われるゲームである」という主張はとても興味深く、引き込まれました。音楽好きの日本人のためにヒップホップを分かりやすく解説する、というコンセプトも面白いと思います。

    ただ、「入門」とタイトルについている割には、あまり丁寧な作りではない気がしました。

    特に、年表が無いのは致命的な欠陥だと思います。
    アーティスト名は本文中に数多く登場するのですが、それぞれが活躍した年号など横軸の情報が薄いため、大局でのヒップホップの流れが見えにかったです。いちおう、章を追うごとに現在へと近づく構成にはなっていますし、前半のヒップホップ誕生部分は流れに沿っていて理解しやすかったですが、後半の章は年代とリンクさせて理解するのは難しかったです。

    例えば、冒頭にヒップホップ年表を記載しておくだけで、そこに戻って流れを確認しながら本文を楽しむことができるようになり、ヒップホップ史の流れも理解しやすくなるのではないかと思いました。

    入門というのだから、紙面上ももっと工夫をして欲しかったです。例えば、アメリカの地図を記載して、その上にどのアーティストがどの地域で活動しているかを図解で分かるようにするとか、「音楽だけでなくアーティスト同士の人間関係を楽しむこともヒップホップの要素の一つ」と言うのなら、レーベルを含めた人物相関図を載せるとか。ヒップホップを題材にするのであれば、もっと遊び心が入った本に仕上げても良かったのではないでしょうか。

    また、せっかく「音楽ライター」と「アメリカ文学者」の対話形式となっているのに、あまりその肩書きと役割分担が効果を発揮していなかったのも残念でした。どちらがどの発言をしているのかも、意識して読まないと頭に入ってこないと思います。

    読み進めていく中で、ところどころヒップホップに対する新しい発見があって面白いとは思いましたが、それ以上に、少し工夫をすればより分かりやすく面白い本になったのではないか、ということを強く感じました。

  • ヒップホップって日本的に言うなら「お前らどこ中よ、俺らはどこ中」的な口喧嘩でしょうかね。男同士、女同士でつるんでて「俺はモテるんだ」けど結婚は幼なじみとか高校時代の同級生みたいな。

    ロックは内省的、ヒップホップもそうなりつつあるとあるけれど、ロックは精神分析的で、ヒップホップは行動分析的かなとは思う。

  • ヒップホップの原点がジェームス・ブラウンのブレイクビーツだとは知らなかった。

  • 勉強になった。ヒップホップが分からなかったので90年代は最新の音楽から離れてしまった。当時は絶対理解出来なかったろうし仕方ない

  • いや〜面白い。菊地成孔氏のアフロ論などの音楽論にも繋がる話がありつつ、しかしかなり分かりやすい本になってる。オールドスクールからニュースクールを経て、どのように今のようなラップの姿になったのか…、自分にとってはスッポリ空いた空白の部分を埋めてくれた、意外にもかなり衝撃的著作!

  • なにが文化系?なのかはよくわからない。
    たぶんヒップホップを語るにあたって仕方ないのだろうけど、人名やグループ名がとにかく多くて、ひとりにつきほとんど触れないこともあるために、この記述って意味あんのかな、と。まあディスクガイドみたいな使い方をするならいいのかな。

    ヒップホップとは……
    男子中学生同士の洗練された口喧嘩。内省やオリジナリティ重視がロックであるならば、ヒップホップは外部から検索してとってくるクラウド的イメージ。ロックが純文だとすると、文学の世界もだんだんヒップホップ的になってくると予想しているけど…トマス・ピンチョンみたいな感じかな?

    ロックの聖域が「駄目な僕」で、「個」よりも「場」を重視するヒップホップはそこになかなか踏み込めないだろう、と。例外はカニエ。
    そりゃなんか面白いわな。たしかにみんなで集まって自分だめ自慢したって何もかっこよくないし。日本人ちょっとこの気ありそうだけど。

    「ヒップホップ」=「日本の芸人」は前から思ってた。

  • ヒップホップの歴史とその特徴を大まかにつかむことができた。ヒップホップを音楽ジャンルとして捉えず、「場」と捉えることで、そのゲーム性の面白さを理解できた。これから発展するカルチャーは市場原理主義のゲームから逃げないジャンルが面白くなるように思った。

  • 【100】2012.10.13読了

  • 優に30年を超えるヒップホップを造詣深いふたりの対談によって、高低にわたり記述しつくしたガイド本でありながら現代文化論。ギャング本人たちにはこういうまとめは困難だろうから文化系サークルの助けが貴重なのだ。
    ヒップホップは音楽ではない、ゲームなのだ。いまの日本のサブカルにたとえると、『少年ジャンプ』でありプロレスでありお笑いであるという現象論に納得。
    モダンなフォーク、ロックに対して決定的にポストモダンなヒップホップ世界。
    それがめざした「場」の形成が「個」の内省(つまりフォーク)にもどりつつある、という将来展望には考えさせられるものあり。

  • ヒップホップカルチャーを学ぶことができる良作 。
    ヒップホップの楽しみ方がわかります。興味がない人も面白いんじゃないでしょうか。んー気になるアーティストが多数紹介されていたので、今度音源をチャックしたいです。そんな感じで、この本には新たな発掘がありますよ!!おすすめです。

  • 2012 3/27読了。つくば市立図書館で借りた。
    ネットで話題になっていたのを見て面白そうだったので手にとってみた本。
    『アメリカ音楽史』の著者で慶大准教授の大和田さんと、ライターの長谷川さんの対談形式で、ヒップホップの成り立ちから現在までのシーンの変遷、慣れてない人はどう考えて聞くと良いかと話が進んでいく。
    ヒップホップってなんとなくなイメージはあったけれど、この本を読んでみて実は全然知らなかったことが良くわかった。
    途中、明らかに音源かけながら対話しているところが多数出てきて、そこは是非どんな音を鳴らしながら話をしていたのかが知りたくなった。そういう意味では本でもいいけどラジオ/テレビになってるとまた楽しめたのかも知れないとかなんとか。まあそうなってたら自分手出してないだろうけど、って思うと複雑だが。

  • ヒップホップには全くの素人だけど、面白く読めた。食わず嫌いの人ほど読んでみると、世界が広がるかもしれない。

  •  対談本なのにあまり話がぶれることもなく、アーティストを網羅しており、非常に密度が濃い。そして、「ヒップホップは音楽ではなくゲームである」というテーゼのもとに一通り歴史が頭に入ったところで、人物・作品中心のロックと対比しつつヒップホップの「場」について考察する第6部以降の切れ味が素晴らしい。しかしこれはヒップホップの本質というよりは、著者二人もたびたび言っているように認識の仕方の問題が大きいように思う。むしろ、これを機にいろいろな音楽のとらえ方が変わりそう。
     一方「音楽ではない」と言いつつ、サウンドに関しても大事なことをたくさん指摘されているので、その部分については別の機会にきちんと整理し直すことができれば、さらに得るものがありそう。

  • ヒップホップは場。ラップはコンペティション。

全37件中 1 - 25件を表示

長谷川町蔵の作品一覧

長谷川町蔵の作品ランキング・新刊情報

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)を本棚に「積読」で登録しているひと

文化系のためのヒップホップ入門 (いりぐちアルテス002)の作品紹介

ヒップホップは音楽ではなく、ゲームです!

気鋭のライターとアメリカ文学者が、その誕生から現在までを
対談形式でお届けする目からウロコのヒップホップ講座
これであなたも立派なBボーイ!?
◎100枚のCDガイド付

ツイートする