はじめての編集 [単行本]

  • 775人登録
  • 3.94評価
    • (38)
    • (77)
    • (38)
    • (0)
    • (3)
  • 68レビュー
著者 : 菅付雅信
  • アルテスパブリッシング (2012年1月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903951485

はじめての編集 [単行本]の感想・レビュー・書評

  • 図書館で見つけて流し読み。

    これは!デザインをやるわたしにとって必携の本かもしれない。
    「人生を編集する時代を楽しむために」
    「ところで美しいとは何?」
    とか気になるポイント多し。

    また絶対に読む。

  • 菅付雅計氏の編集に関する本質書。編集とは本を作ることだけではなく、企画を立て、人を集め、形にすることと定義する。そして、言葉、イメージ、デザインの3つの要素で編集物は形づくられ、それぞれについて解説事例で本質的なことを教えてくれている。事例は海外の事例が多く少し難しかったが、本質気的なことは学べたような気がする。どんな仕事でも一流の人の作品に触れることが改めて大切なのだと思う。

  • 触発にこそ編集がある、ということを再認識させられる。そういう意味では映画とかそっちのほうに近いのかも。

  • 「編集」ってなんだろうと思った時に読めば「なるほど!」とざっくり分かる。著者の「編集」というものに対する愛情が感じられてた。自分の仕事が好きな人の話は通り一遍のマニュアル本と違ってやっぱり面白い。

  • 久しぶりに手に取り、そして一気に読み終えた。編集という仕事を、仕事でやるようになってから読んだことですごく理解が深まったし、頭の中がすこし体系だてて整理された気もする。事例もすごくわかりやすかったし、思わず書き留めておきたくなる引用ばかり。持っておくと安心感のある一冊。

  • 加筆修正はされているものの、講義を1冊にまとめたのだなぁという印象。作者の制作物が出るたび、また宣伝(?)か、と思うことがしばしば。
    前半が特に良いです。編集の歴史が分かりやすくまとめられていました。
    それらの考え方を身にして、ぜひ活かしたいところ。

  • 「編集」の歴史と、柿内さんのタイトルの付け方が印象に残った。

  • 編集とは何か?始めはそもそもの「編集」の歴史から入り現代の編集について記載してあり、後半はその現代の編集においてどのような事が大事なのかを初心者でも分かりやすい表現でまとめてある本でした。これは何度も読むべき本だと自分の中では思った。

  • 【選書者コメント】大学生にもなると、プレゼンやサークルの企画などで「編集」を行う機会が増える。編集とは何なのか、効果的に編集するとはどういうことか。これを読んで考えてみるのもいいかもしれない。
    [請求記号]0200:781

  • 私にとって編集者はスゴくかっこいい仕事だ。幅広い教養と人脈を持ち、ばりばりに仕事する。そんなイメージだ。

    だけど改めてじゃあ「どうしたらなれるの?」「そもそも何をやっているの?」と考えると分からなくなってしまう。

    菅付さんの名前は「B&B」でやっている編集スパルタ塾の記事で拝見していたので、本書を手に取ってみた。

    言葉・イメージ・デザインの3つを編集の3大要素として、そのそれぞれについて豊富なアーカイブから解説をしてくれる分かりやすい本だった。


    特に、イメージの章。
    この章は徹底的にアーカイブの大切さを説いている。イメージをつくる芸術家は、どうしても自分とは違う「天才」だと思い込んでいた節があったから、ここの章は凄い励みになった。

  • 2012年1月初版
    菅付雅信著
    ==
    「編集」とはなにか。歴史から考え方、事例とこれからの在り方について書いた一冊。

    編集とは。「企画をたて、人を集め、モノを作る」こと。編集の基本要素になるのは「言葉、イメージ、デザイン」の3つ。この原則をひとつずつ、過去の傑作を通じて説明していく内容はとってもクリアでわかりやすくも、唯一解としてそれを紹介するわけではない柔らかさが呑み込みやすかった。

    文章力は読書量に比例する。
    これが結局個人には一番効いたかも…笑

  • 編集とは、
    企画を立て、人を集め、ものをつくること

    編集には、
    「だれかに、なにかを魅力的に伝える」という目的がある

    編集は、共同作業
    「個人の限界を認識したところから始まる表現」である。

    編集者は、
    何もできない人、だからできる人を最適な個所に登用する。

  • 普段色々な雑誌に触れることが多いので、過去の雑誌について述べられている箇所が興味深かったです。

  • 紙媒体、主に雑誌をベースにした編集論。ウェブで使える知見はちょっと少なめかな。

  • 【既知のものと未知のもの】p244
    「既知のものを土台にしてのみ、未知のものが了解され、衝撃を与える」19世紀フランスの詩人・思想家ステファヌ・マラルメ。

  • 「はじめての」なんてタイトル付けておいて、この内容。笑いながらパンチされるような感覚でした。

    編集者は、ライターやデザイナーの質に任せ切って、自分に何もないことを知っていることが大事とあったけど、そんな恵まれた環境知らないから難しいや。

  • 本には、本当に出会うのにふさわしい時期があるなと思う。
    それは自分の勘を私は信じてよいと思っていて、
    ふさわしくない時期は、きっとその本を読んでも、
    その本が私に伝えてくれるマックスを私は受け止めきれない。

    この本については、いい時期に読めたと思う。
    これからどうしようかなとか、
    考えていた今の時期に読めてよかった。

    「人は自分が作品のようなもの」というところにとても「そうだな」と思った。
    何かを作っていく人は、もう肩書きなんかいらなくなる時代になり始めていると思う。
    その人は、その人で、名づけられないものを作っていく。

  • 人類の歴史は編集の歴史。
    編集とは企画を立て、人を集めて、物を作ること。
    編集者は何もできない、なんでもできる人。
    文章の評価は時代だけではなく、人によっても大きく異なる。
    書くためにもっとも必要としているのは読む能力。
    たとえどんなに立派あn言葉やイメージを奈良目ていてもデザインのクオリティが低いものには説得力がない。

  • 編集とは、企画をたて、人を集めて、モノをつくること。

    編集の歴史、企画をする際のコツ、デザインの形式(決まりごと)が、雑誌や写真集からの引用を例に語られている。

    •アンドレアス•グルスキー(ドイツ)
    →オリジナルプリントがオークションで3億円を超え、写真作家の最高値をつけた写真家。
    そのスケールの大きな題材と圧倒的な描写力は、世界の風景写真をグルスキー以前と以後に分けたと言っていいほどで、その後の風景写真のひとつの指標になった。
    •ハンス•ウルリッツ•オブリスト(ロンドン在住のスイス人)
    →2009年度にArtReview誌が特集した世界のアートシーンで最も影響力のある100人という記事で1位。
    •タヴィ•ジェヴィンソン(アメリカシカゴ)
    →1996年生まれの15歳ブロガー。ファッションブログThe Style Rookieで注目をあつめる。

  • 編集を通じて文化を幅広く知ることができる。

  • 出た当時にもらってやっと読めた。最初長くていつも眠くなって断念。だんだん面白くなるけど、個人名いっぱいでよくわかんない。みんな有名な人たちなんだろうけど。なんとなく、編集について興味を持てた一冊。毎月出るのにこんなにたくさんの労力が…と思うと、なんか割に合わないかんじがする。2014.04

  • 2014年、記念すべき最初に読んだ本。これからの自分を表す一冊になるにふさわしいのかもと思う。編集するうえで抜け落ちているところもわかって、勉強になった!私も人生だだ漏れ、自分として生きることが作品と昨年から言ってきたけれど、それをますます加速させたい。やるぞ……!

  • この手の本にはあまり手を伸ばさないのだけど、
    これはすごく面白かった!!

    デザインやってるからこそ、
    理解しておきたいいろいろ。

  • 代官山のあの大きな書店で見かけて、面白そうだな、と思って楽天ブックスで購入。(ポイントつくから。)
    「編集」と聞くと、「本や雑誌の作る人」というイメージがあったんですが、いやいや、ガラっと概念が変わるものでした。

    この世にある全てのもの、全てがデザインで、編集で、広義の広告。[sottomano.blog21.fc2.com]しかり。根底に戻る。「アート」とは何か、「美しい」とは何か。情報の「伝達」から心を動かす「触発」へ。人を動かすデザインへの多角的なアプローチの模索。
    とメモするくらいに。

    雑誌の紙面はもちろん、洋服、建築、空間、ウェブデザイン、なんでも「編集」の領域で、それは広義の意味で「広告」だと言う事。文献の引用や参考画像(これは是非ともカラーで見たかった)も多く、スラッスラ読めました。(あ、これ知ってる、という参考もいくつか。Kyoto Jazz Massiveは聞いた事がありますし、ブルーノートのジャケットなんかも有名ですね。ファッション雑誌の紙面の紹介も多く紹介されていました。)
    この本を読んでから、目に入る全てのものが「編集」なんだな、と思うようになりました。
    一回全部通して読んでしまえば、トイレでどこのページを開いてもそこから読める構成。←
    おすすめ。

全68件中 1 - 25件を表示

はじめての編集 [単行本]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじめての編集 [単行本]を本棚に「積読」で登録しているひと

はじめての編集 [単行本]の作品紹介

第一線の編集者が豊富な経験と事例から編集の仕組みと魅力を解き明かす21世紀の編集入門書。

●目次
はじめに 人生を編集する時代を楽しむために
第1章 高速編集史
第2章 企画は企画を感じさせないこと
第3章 言葉は人びとを振り向かせる
第4章 イメージはアーカイヴから生まれる
第5章 デザインの形式こそがメッセージである
第6章 編集は拡大する
補講:ところで「美しい」とは何?
あとがき
参考文献

はじめての編集 [単行本]に関連するサイト

ツイートする