フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -

  • 294人登録
  • 4.20評価
    • (32)
    • (31)
    • (11)
    • (0)
    • (2)
  • 32レビュー
制作 : 上山 美保子  柴田 昌平 
  • プロダクション・エイシア (2009年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903971018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリィ・W...
湯本 香樹実
有効な右矢印 無効な右矢印

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -の感想・レビュー・書評

  • 二人の女性写真家が
    フィンランド各地の聖なる木を尋ね、
    15年にも及ぶ取材期間を経て作られた

    フィンランドで
    『最も美しい本』賞に輝いた
    写真集の日本語版。


    ページをめくると
    幻想的な木や森に
    吸い込まれそうになる。

    本当にため息が出るほど、
    息を呑むほどに美しい写真集です。



    木や森に対する
    フィンランド人の考え方や
    自然観、

    そして
    自然と人間の繋がりの深さを教えてくれる。


    自分がフィンランドに興味を持ったのは、
    大好きな映画
    『かもめ食堂』でした。


    綺麗な町並みや
    神秘的な森の風景。

    白夜とオーロラと
    湖とムーミンの国。


    いにしえのものに対する
    尊敬と畏怖、

    精神を高く持ち、
    繊細な美しさを愛し
    自然と調和して生きることなど、

    日本人とフィンランド人は
    自然に対する捉え方、
    考え方は
    かなり似ているように思います。


    中でも興味深かったのは
    子供が生まれると、

    分身の木というものを植えて
    その成長を代々見守っていく風習や、


    カルシッコと呼ばれる
    死者のイニシャルや
    生没年を
    木の幹に刻む儀式の話。


    それは年月と共に
    死者の魂も
    自然(森)に還っていく(還りたい)という
    祈りにも似たものなのかもしれない。




    森の精霊たちの声に
    耳をすませてみませんか?


    人間は支配者なんかではなく、
    自然の一部なんだと
    改めて思い知らされる一冊です。

  • 「フィンランド」タグで見つけたこの本。
    熊と抱き合う女性の表紙が印象深い。(彼の国には、熊と結婚する人間の女性の神話があるそうだ)
    フィンランドといえば、森と湖の国。最近では、知名度も上がったようで、日本から一番近いEUの国、という肩書もできた。

    日本でも「ご神木」と呼び、敬う対象の樹がある。
    フィンランドにも似たような風習が息づいているそうだ。
    異文化との交わりのさなかに、数は減ったそうだが、
    各家庭に「守護の木」、個々人に「分身の木」があった時代もあるという。
    その家で人が亡くなると、庭に生えている守護の木(おもに松)の表皮を削り、故人のイニシャルと没年月日を刻みこむ風習。
    年月を経て、松脂が徐々に傷を埋めるように削られた表皮を覆いはじめ、刻まれた日付とイニシャルがいつの日か飲みこまれる様は、自然へ還っていく象徴のようで、厳かな気持ちになった。

    話は変わるけれど、この本に添付されていた読者カードで、フィンランドで最も人気のあるアカペラグループ、Rajatonのことを知った。
    動画サイトで観てみたが、ああ、確かに森のひっそりとした雰囲気に良く映える歌声。
    この本を読みながら聴いていると、緑の中に吸い込まれて浄化されるようだった。

  • 美しくも幻想的な風景がつづく。木々の写真がすき。緑の草や苔が地面を覆い、巨大な木が聳えている。森の中は暗く、冷たい空気が感じられる。ここでは人間も熊も妖精もみな同じ。木々も呼吸している。見入ってしまいます。熊と少女の結婚で祖先は生まれた・・・フィンランドの人々にとって森はとても大事なものなのですね。自然を大事にするこころ、木々や動物はものではなくて人間と同等、いやそれ以上のものかも知れません。とにかく美しいです。

  • 結局表紙の写真が一番ステキだったのが少し残念。

  • 北欧の人々がいかにして森と共存してきたのか。美しくも脅威的な自然への畏怖と敬意が簡潔で美しい文章と写真とともに描かれている。
    特に、伯爵家の祖先は熊と伯爵家の娘が結ばれて生まれた「熊の子」だとする文脈に、彼らがどれだけ森を必要とし恐れてきたかを感じた。

  • 読む本というより、眺める本
    眺める本というより、感じる本

    日本人にとっても、森とか樹木とか木というのは、本来身近な存在であるはずなのだけれど、都市部に住む私にとっては、それほど身近な存在ではない。
    「森と湖」の国フィンランドの人にとっては、都会に住んでいても森は、「帰っていく場所」で、いつでもそこにある場所であり、多くの人々にとって「生きる場所」でもあり、「聖なる場所」でもあるようです。

  • この空気の中に生きたいと思わされる本です。
    自然の中にある安心感を感じ生きることができれば
    ひとりの人も世界も、平和になれる気がします。

  • 20140623読了。
    自然に対する畏怖と敬意を存分に感じられる本。
    巨木を見ると神を感じるが、それと近い感覚の分身の木。
    思い出の木に生没年を刻み、そして、ゆっくりとその木に覆い尽くされていく『キルシッコ』の風習。
    デザインの国、高福祉の国として有名なフィンランドだが、自然とともに生きることが一番底にあった。

  •  美しい本だし、興味深い本だった。
     この手の写真を中心にした本はあまり好まないのだけど、この本は手放しに称賛したい。様々な伝承と、人々の声が長い時間をかけて渉猟され、記録されている。
     カルシッコという、木に没年とイニシャルを刻む風習も興味深かったが、個人的には熊と少女の写真に独特の美を感じた。自然と人の、驚くほどの近さを目の当たりにした思いだ。

     良書である。図書館で借りた本だが、改めて購入したい。

  • 人間と樹の関係を、例えば「持続可能性」という観点から、捉えなおすことももちろん重要ではあるのだけれど、
    もっと大きな意味での「記憶」であったりとか、文化的な物語から、
    人間の中に畏怖であるとか、羨望であるとかいうものを呼び起こせたのなら、
    世界は大きく変わっていくのだろうなぁ。
    今の社会を成立させているのは、
    勿論欲望の肥大、安楽さの希求ではあるのだけれど、
    その皮をもう一枚剥がして見えるのは、
    自然への畏怖の欠如であり、
    それはつまるところ人間の「生」の軽視なのだろう。



    かつて人びとの信仰を集めた樹木が、
    まだここ、私たちの森の中に生きています。
    古代には、「寺院」とされていた場所です。
    神殿は、大理石ではない、黄金でもない、ただ、裸の空の下でふるえる木々。
    そこでは、自然の神秘のささやきをいまも感じることができるのです。
    森は、はかりしれないほど豊かで多彩な物語に満ちています。



    精霊たちの暮らす森は、人の属さない領域です。
    森の精霊たちのとりなしがあってはじめて、人は森の許しを受け、森と接することができます。森の恵みを得るために、人は境界を渡って森へわけいります。敬意をもって、森を傷つけないように細心の注意を払いながら。



    父さんは50歳の若さで亡くなった。春の種まきの季節に、父さんとふたりでカルシッコの木の横を通りかかったとき、大きな枝が折れて別の根の付け根にぶら下がっているのを見てどんなに驚いたことだろう。どう説明していいのかわからない光景だった。風はまったくなかったし、折れた枝はいたって生き生きとしていた。その年の8月、父さんは突然亡くなった。動物はあらゆる種類のことを敏感に察知することができる。いったい木はどうなのだろう。



    死後 人生の記憶をとどめるため 名前と生きた時間が刻まれる松の木 人びとの思い出は やがて木々の生命力の中に包まれていく



    当時、森の重要性についてはたえずさまざまなメディアが強調していましたが、どれも経済的な効果や、エコロジカルな視点ばかりでした。森の文化的、精神的な側面は、議論からいつも抜け落ちていました。



    私たちのプロジェクトがきっかけになって、木と人とのスピリチュアルな関係、その歴史や神話が、学校の教材として扱われるようになりました。

  • 分身の木。そして、いずれまた木に取り込まれるカルシッコ。ゆつくり眺めながら読むのがオススメ。

  • 本当に綺麗な本。

  • 装丁が残念すぎた。

  • 森と湖の国フィンランドで〝もっとも美しい本〟賞に選ばれた本です。
    2人の女性写真家が、15年の歳月をかけて、フィンランド各地の森を訪ねて、森と人との関係を幻想的な写真におさめました。古くから語り継がれてきた神話や詩も、人と自然の関わりを美しく物語っています。
    自然を敬い畏れる心が、文明や経済の名のもとに失われていくのは、遠い祖先から受け継がれてきたはずの文化や精神を否定するようで、とても悲しいことですネ。

  • 写真とシンプルな文章。

    フィンランドでは、分身の木というものがあり、
    木と人が寄り添って生きているそうです。

    人々は哀しいとき、苦しいときその木の元に行き、
    木と話をするそうです。

  • 文教大学広告企画制作サークルの発行誌 『FOGPARTY』Vol.6 において、「本~めくり、ひろがる、せかい」の特集に応じ、学生の皆さんから選ばれ紙面にて取り上げられた図書です。

    企画コーナー「FOGPARTY Vol.6 掲載図書」(2Fカウンター前)にて展示中です。どうぞご覧下さい。
    展示期間中の貸出利用は本学在学生および教職員に限られます。【展示期間:2012/1/10-3/19まで】

    湘南OPAC : http://sopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1608526

  • 知ってるようで知らない北欧、フィンランドのこと。美しい写真を堪能しながら学びました。パラパラ眺めてるだけで楽しい一冊。


  • カルシッコに興味を持った本
    くまと結婚する話がおもしろかった

  •  フィンランドで「もっとも美しい本」賞を受賞した本。フィンランドの女性写真家のふたりが、フィンランド各地に残る木と森を長い時間をかけて撮影した写真集です。フィンランドの人々が木や森に対して持つ信仰にも似た思い、精霊への恐れや不思議な風習は、日本人の自然観とも共通するものを感じさせます。静けさと安らぎに包まれる、不思議な本です。

  • びっくりするほどよくわからない本だった。
    どうしたいのか分からない本だった。
    悪いとかじゃなくって。

    フィンランドは好きだけど、たぶんこれはもう読まないと思う。

  • フィンランドで【もっとも美しい本】賞に輝いた本の日本語版。フィンランドの不思議な言い伝えや伝統など、じんわりします。

  • 読みたい本。

    写真が美しいらしい。
    97年に「最も美しい本賞」を受賞したのだとか。

  • 『カルシッコ』というしきたりが印象的だった。時が経つにつれて刻まれた文字は樹皮に覆い隠される。

  • 建築や流行のガイドブック的なものではなく、民族・風土史に近い。
    美しい写真や、独特な文化や寓話の世界を知ることが出来る貴重な一冊。
    買って損は無いです。

全32件中 1 - 25件を表示

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -に関連するまとめ

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -を本棚に「積読」で登録しているひと

フィンランド・森の精霊と旅をする - Tree People (トゥリー・ピープル) -はこんな本です

ツイートする