おせっかい教育論

  • 306人登録
  • 3.74評価
    • (19)
    • (44)
    • (33)
    • (5)
    • (1)
  • 41レビュー
  • 140B (2010年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903993102

おせっかい教育論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パネルディスカッションをまとめた本なのである程度はしょうがないかもしれないけど、全体的に、根拠やデータがないままぐだぐだ話している雰囲気議論の印象。3世代同居が多く近所のつながりも濃かった昔が本当に良かったのだとすれば、現在でもそういう傾向の強い地域は本当に学力が高いのか?(たしかに秋田は学力テストの結果は良かったはずなのでそういうこともあるかもしれないけど、だったらその根拠を示してほしい)でも実際にはわたしたちはそこにはもう戻れない、じゃあ戻れない前提でどんなことができるか?を議論しなくてはいけないのでは。
    内田樹さんの言う「教育を経済の原理で語ってはいけない」というのは「下流志向」で納得度が高かったけれど、私たちは資本主義の中で生きているので今さら無償で教育産業はできない、だからその前提に立ってどうすべきか?
    4人ともわたしは素晴らしいと思っている人たちなのでもう少し現実的な議論を期待したかった。

  • 2010/11/24-

    とても楽しく読めた。内田先生の意見はとっても心強い。教育って、時間がかかるものだし、効果なんてすぐに計れないよ。と現場にいると思うので。

  • 大いに共感した

  • 三葛館一般 370.4||WA

    教育に携わる3人に当時の大阪市長を加えた4人の、教育に関する座談会をまとめたもの。大阪市中央公会堂で行われた第一夜と、4人だけで行われた第二夜が集録されています。現在の教育事情や、それぞれが影響を受けてきた教育について語ります。教育の本質は「おせっかい」である。とはどういうことでしょうか。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=58650

  • 個人の目標と社会への貢献の合一
    多様な評価軸の認識
    「恫喝ではなく敬意を,査定ではなく支援を」
    教育の危機に対しては教師のパフォーマンスを向上させる→自分の仕事に誇りを持ち,機嫌良く仕事をしているときに,仕事の質はもっとも高くなる。怒っている人間や怯えている人間や恐怖にすくんでいる人間が質の高い仕事をすると言うことは,ふつうない。まして,手詰まりの状況を切り拓く起死回生の知恵を思いつくというようなことは絶対にない。

  • 阪大総長の鷲田氏・内田樹氏・釈徹宗氏・元大阪市長の平松氏の
    対談本。チーム内田的な人々の集まり。(帯に中沢新一氏の『僕も仲間にいれてくれたらよかったのに』というコメントが面白かった)
    教育について同意することが多いと思います。
    大阪論・教育論・橋下氏の教育論に対しての警告もちょっとあり。

  • 豪華メンバーによる、教育談義。
    やはりこのひとたちの話がいちばん共感できる。人間観が、深い。
    家庭教師を去年から始めたこともあってか、「基本的な生活習慣ができていない子の成績を上げることは難しい」というところに、すごく、複雑な気持ちで共感できてしまった。
    子どもを大らかに、無条件に包み込むことはできへんのかなあ…。

  • 教育とはおせっかいであり、場が作れれば、教師が何を教えたか、なんて細かいことを教師自体が覚えていなくても、生徒は学んでいく。文科省はシラバス主義で、シラバスをきちんと書かないでいたら助成金を削られた、なんていう話がある。なんたることか。おせっかいと勘違いの線引はむずかしいというか、多分できないだろうけど、それをワイワイガヤガヤやりゃあいいんじゃないの、と。確かにシラバス主義ではそれはできまい。共著の平松氏が大阪市長であるころの話で、その後の大阪市の教育へのおかしなコミットはまだないころの話。大阪は本来、非イデオロギー都市だったので、町で学問がそだった、という。東京にいると、そういうこともわかんなくなるのだ、とか。

  • 大学受験が終わり、予備校の先生に勧められ読んだ。読みやすくアイデアも面白い。教育に興味がない人もおすすめ。

  • この中のお三方が出ているので、この本にした
    ※平松邦夫のツイートから
    「平松邦夫 ‏@hiramatsu_osaka
    6月22日土曜日、午後6時半から、場所は天六の大阪市立住まい情報センターです。タイトルは出版記念シンポジウム「脱グローバル論 日本の未来のつくりかた」で、内田樹さん、中島岳志さん、釈撤宗さんと私です。」
    公共政策ラボ
    http://www.with-ppl.jp/ppl/

    中島岳志は、こちらの新刊を
    「脱グローバル宣言 日本の未来のつくりかた」
    http://booklog.jp/item/1/4062184273

全41件中 1 - 10件を表示

鷲田清一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 樹
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

おせっかい教育論を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おせっかい教育論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おせっかい教育論を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする