辺境ラジオ

  • 195人登録
  • 3.95評価
    • (18)
    • (22)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 34レビュー
  • 140B (2012年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784903993133

辺境ラジオの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かったー
    内田さんの本は何冊が読んでいるので、今回のもそこらへんはふむふむと読む感じ。

    名越さんと西さんのお話は初めて読むので新鮮な気持ち。
    今、現実的じゃないねって言われそうなものに対する考察が多いのかな。祈りであるとか、そういったもの。

    「祈ることしかできない」とかって、たぶん私も言ってしまいがちだな。
    だけど、祈りはちゃんと届くし、きちんと祈ることに力が必要であるっていうことが書いてあった。
    「祈ることしかできない」って言う割に、祈るだけのことを10分続けられる人はたぶん少ない。
    そういうようなことが書いてあって確かにそうだな、と思う。
    「祈ることしか」って卑下しながら、本当に祈るという行為ができていなくて、それはなかなか失礼なことだな、と反省。

    あと橋下さん関連の話で、名越さんが政治にそれほど興味がない、みたいなことを言ってたの面白かった。
    だからなんか、方法論としての橋下さんを評価する、というところが興味深い感じでした。

  • 内田センセの著作が好きで、読んでみることに。 ラジオの対談が収録されているので、違和感なくスラスラ読めて楽しめました(o^^o) 関西ネタが多いから余計に親しみが持てたのかも(*^^*)

  • 本書は、毎日放送ラジオで放送された番組の内容を元に、加筆・修正を施して再構成したものです。

  • 内田樹、名越康文、西靖の3人のラジオ番組を文字起こしにしたもの。初めて内田樹の本(と言ってよいのか…)を読んだけれど興味深いなと思った。うめだ大仏は笑った。面白いね、この発想。

  • 機嫌よく楽しく暮らすためのヒントがいっぱい。もう経済至上主義の競争社会は「金と名誉」に汲々とすること。別の生き方を模索していきましょう。

  • 「辺境ラジオ」( http://bit.ly/qfHoIr )の書き起こし本。
    なので、上記サイトから過去放送も全部聞けます。
    文字で起こされると整理された感があり、またいいですね。
    相変わらず、内田先生の視点は秀逸で、そこに名越先生の慈愛が響きます。
    なんといっても、6回目放送分(2011年12月25日放送:http://bit.ly/1cu8AdU)の最後の、名越先生の「機嫌よくしましょう」という指摘はバカにできない真理というか、耳が痛いです。

    P・S:この本の出版記念公開録音(2012/09/14)の抽選に当たって、当日聞きに行きました♪

  • これ良かった!!
    個人的に好きなお三人さんというのもあるし、話してる内容にも非常に納得がいくことも多かった。
    「梅田に大仏」…実現せぇへんかなぁ(笑)。

  • 深夜放送の「辺境ラジオ」が文字化されたもの。
    「お題」の中では、下記が笑えたり、「そうそう」と思ったりしました。
    ・「元気」の意味
    ・官僚は真のナショナリストか
    ・もっと知性に敬意を
    ・サンデル教授の無自覚
    ・誰とでも結婚できる能力

  • 第五回から

  • (以下引用)
    (内田)ヒュンダイやサムソンみたいな世界的トップブランドに国内資源を集中して、それらが世界進出する代償として「悪いけれど農業のような国際競争力の産業分野の人は諦めてください」という考え方。たぶん韓国の場合は、こういう競争力のない分野の切り捨てについて、国民的な合意があるんだと思う。(中略)このシステムは明らかに階層化力学を是とする発想が前提にあるわけで、これをそのまま日本に持ってくるのは無理だと思う。(P.47)


    (内田)「ものを決めようと思ったら、4人以上いちゃいけない」というのが兄貴の持論でしたわ。4人以上いるとクリエイティブな議論が出来ないんだって。(P.100)

    (内田)実際に社会現実的にいろんな利害が絡みあって一筋縄ではいかないところへ、過度にシンプルな綱領を乗っけてもなかなか擦り合わせられない。やっぱり「擦り合わせ」って、人間の柄とか器量でやるわけですよ。それぞれの利害得失や自己都合がぶつかる場面では「悪いけど、今回だけはちょっとオレの顔、立ててくれないか。あとで埋め合わせするから」みたいな、中長期的なやりとりがないと落とし所が見つからない。(P.103)

    (名越)だから「私には祈ることしかできません」と善良な人たちは言うけど、「じゃあ一度本気で祈ってみようよ」と言いたい。祈ることにことにさまざまなブロックがあるにもわかるんです。僕たちは科学的思考・合理的思考に汚されているから、祈りの最中に「無力だから仕方なくやってるけど、こんなことやって一体何になるんだ?」という声が邪魔をする。それを強い精神力で排除して、たとえ5分でいいから真剣に祈るための集中力を身につけてほしい。(P.174)

    (内田)僕は結構「担がれ上手」なんですよ。基本、「好きにやりなさい。責任はオレがとる」ですから。でも1回も責任を問われたことがない。だって、「責任はオレがとる」という人がいたら、みんな質のいい仕事をするから。後ろ盾があると思って仕事をすると、たいていの仕事はうまくいくんです。後顧の憂いがないのと、1つも失敗ができないでおどおど仕事をするのでは、する仕事のクオリティが違うに決まってるじゃないですか。(P.228)

    (内田)「この情報では是非が判断できない」という知性の使い方はありですよ。わずかな情報しかない段階で、決めることができるわけがない。(P.276)

全34件中 1 - 10件を表示

内田樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
内田 樹
村上 春樹
内田 樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

辺境ラジオを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする