恋の話がしたい (マーブルコミックス)

  • 2712人登録
  • 4.08評価
    • (404)
    • (313)
    • (264)
    • (21)
    • (6)
  • 170レビュー
  • ソフトライン 東京漫画社 (2008年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904101322

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
阿仁谷 ユイジ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

恋の話がしたい (マーブルコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 何度目かわからんほど読み返してます!
    【恋の話がしたい】は本当にキュンってくる。こんな恋がしたい(笑)
    邑崎の話も切なくて、彼が幸せになれる話も読みたいなーとか思ったり(*´∀`)
    とにかくヤマシタ先生最高ですねっ!!(≧∇≦*)

  • 友だち同士。
    うっかり告白したら実は相思相愛でしたテンションみたいな

    ずっと気になっていた作家さんです。
    買って良かった
    本当に良かった。
    表題作とショートが三本
    全部好き。
    本当に全部好き。

    特にRe:helloは泣いた
    だーだー泣いた。
    朝6時のキッチンで泣いた。
    切ないエンド苦手だったんだけど
    新しい世界が開きそうで怖い。。。

    フェブラリーメッセンジャーも良かった。
    終わり方がいい。
    最後のヒトコトがすごくいい。

    超ガチのゲイ×超ガチのドMは続きが読みたい
    読みたいなぁ~~

    実は、書き下ろしの
    昔の話はしたくない
    も、相当切ない。
    こんなにショートでこんなに切なくなれるもんかね、と思うほど

    全てのコマに意味があって
    全ての台詞を見逃したくない
    そんな素晴らしい作家さんです。
    他の作品も読んでみたいです。

  • 愛してやまないヤマシタ先生の作品の中でも特に好きな一冊。純粋に自分も恋がしたくなるほどあてられます(笑)幸せになれよばかやろー!と言う気持ちと恋特有のもだもだした感情が自分の中で渦巻いて、たあまりません。これぞ「キュン」でございます。

  • 表題作と【スパンク・スワンク!】が良かった。

    三十路で初恋ってなんだよ〜。
    付き合う定義とか何するんだとか、中学生か(笑)
    でも好きな人の言動や価値観で自分に変化が起こるのは、いくつになっても新鮮だと思う。
    メールに絵文字を使うとかね(笑)

    【スパンク〜】は、お互いの性癖に歩み寄る姿が可愛かった。
    自分の事「巨根」とか言っちゃって必死だなオイ!
    一緒に居るのに違和感がある、まだ手探りの段階のスタートラインとか、ヤマシタさんが描くとホント一緒になって照れちゃうわ。

  • 率直に言うと、気分とちょっと違ったのかもしれない。
    ヤマシタトモコ作品は、どちらかというとびーえる物よりも少女漫画の方が波長が合う傾向にある気がします。
    彼女の描く女の子のモノローグとの波長の方が、より合うからなのかな。
    真川くんが攻めであの顔でタバコ吸ってて!というところは非常にそそられるものがありましたが!笑

    「Re:hello」の「わたしは大人になれば泣かなくなるのだと思っていた」は私的に、一冊通しての一番の名台詞。

  • 表題作せつない…ネガティブな人がひとを好きになる様は辛いなあ。
    それぞれテーマのある、いい感じの短編を寄せてあってとても満足しました。
    一番好きなのはドMの営業サラリーマンとゲイのクリエイターの子の話。
    正直これで一冊読みたい。
    スーツに営業スマイルの下にガッチガチの乳首ピアスってどんな営業さんだよ…ほれました

  • 作者様の作品は全部似たり寄ったりでつまんない。空気感とかテンポが飽きたっていうか。つかキスもなしでHってどうなの。最近キスがないがしろになってるBLが多くてがっかりだ。女が主人公の話とか要らないし。

  • どうしようもない話を描かせたらほんとに神だと改めて思いました。
    あと何でもない話。なにがどうってわけじゃなく淡々とした日常風景がそこにあって、そうそう、こういうふつうの生活してるんだよね、同性を好きになっても、と。
    ほんとに(よくもわるくも)BLさがない。ストレートに乙女が喜ぶ少女漫画的なBLを期待したら痛い目みる感じ。


    『恋の話がしたい』
     美成の男性的な(受けの)セクシーさがたまらない。美成って、邑崎や真川に出会わなかったら、女たらしなバイのドエスな人にめちゃくちゃにやられてそうだと思いながら読んだのを憶えてます。
     もだもだしながら恋愛してるのがとても微笑ましいです。ヤマシタさんの描かれる日常系ホモってほんとに好き。
     迷いながら、触れるにも躊躇するのに“おまえがいいならいい”とか。すごく一方通行な考え方をそれはだめだとナチュラルに言える真川って、幼いイメージだけどほんとは大人なんだろうな。
     たくさんの“ふつう”が重なって日常になって、きみといるから“忘れられない”日常になるって素敵な恋の話ですね。と、満面の笑みで美成に言いたくなった。

    『Re:hello』
     このどうしようもなさはほんとに秀逸。そして三十路ゲイと少女の威力は半端ない。
     ゲイだからダメ以前に人間としてどうだろうって誰かツッコミを入れたほうがいいと思う。話はほんとにいいです。
     本当の恋とかしてみたいけど、きっと病気みたいになると思うので、現実問題一番好きな人とは結婚しないほうがいいと思う。とか、そういうことを考えているうちは本当の恋なんかしっぽすら掴めないのだろう。

    『フェブラリー・メッセンジャー』
     とても好き。言ってることとかやってることがばかばかしくて。
     お互いが自分の気持ちと相手の自分への気持ちに気付いてるけど、両想いでも踏み出せない。今のままがいいけど、どうしようもないくらい好きで!っていう切羽詰まった感じがかわいいです。
     …この子らリバップルだったらいいな。

    『スパンク・スワンク!』
     突き抜けたどうしようもなさ。末友さんって肉体的ドМで精神的ドSっぽいから乗りこなすの難しそう(笑)
     ともかく、SMは芸術なのかと思いました。

  • 臆病な恋はなんだか、どうしても可愛らしくてニヤニヤしてしまった。なりふり構わず行動できた学生とは違って、大人になるとしがらみやら世間の眼やらが気になるお年頃ですなぁーという話。

  • ヤマシタ作品で一番好きかもしれない。あの二人が今日も一緒にご飯食べていたらいいなあと思います

  • ヤマシタトモコさんの作品は全体的にそうですが、いつにも増してガチ色が強いです。
    そして、やっぱり攻めが可愛い。この人のって受けより攻めのが純情だから困る。

    一番最後のドMサラリーマンのって、肉体的Mだけど間違いなく精神的Sですよね。美味しすぎると思います。

  • 好き過ぎて新しいのを買い直したい気分(古本で買った)

    表題作は(同性であるけども)ごくごく日常的な恋愛を描いているけれど、それが凄く良い。
    好きな人と過ごす毎日の嬉しさとか切なさが読んでいてとっても照れる(褒め言葉)

    他、短編も描き下ろしも凄く良かった!
    泣いたり笑ったり…いい作品読んだなぁという余韻。

    大切にしたい一冊になりました。

  • 些細な日常に溢れる感情の機微を描くのが本当に上手い。淡々としているけれど、可愛くて、切なくて、甘酸っぱい。メイン以外のキャラクターもとても良かった。

  • 「面白半分で突っ込まれるのが一番頭にくるんだ あんただって経験あるだろ!? わかってるよ 自分が人と違うことくらい だから 放っといてくれ!!」
    なぜかメインの作品よりも後ろの方に載ってる作品が好き

  • ゲイがノンケにひょんなことから告白。じつは両想いだったことがわかって。。。
    こんなに真摯に向き合ってくれたら、本当にステキですね。
    BLでも普通の恋愛でも。

  • 5作品収録のうち1〜3作品はつながっています。

    友人に紹介された年下ノンケ男子を好きになったゲイ(主人公)が臆病でねー。セフレ的なゲイの友人はいるのに、年下のノンケ男子と両思いなのに・・・という純粋で「メールするにもなんて打とうか。どうしよう」みたいなお話でした。

    5本目に収録されている「スパンク・スワンク!」というお話がお勧めです。
    デザイン事務所勤めのゲイが超ドMの営業マンに恋するんですけど、ドM営業マンが普段シャキーンとしてるので、「ホントにドMなんすか?」というギャップがわくわくさせます。

    最終ページのオチがとっても好き。ヤマモトトモコさんのお話らしーオチと思っています。

  • ねこだましで告白という唐突な始まりにびっくりした(笑)
    ヤマシタさんの漫画を読んでると、
    人間いくつになっても初々しい気分になれるんだなーと思う。
    メールの絵文字が可愛すぎて悶絶しました。

    表題以外は『スパンク〜』が好き。
    ドMな営業マンが恰好良い!

  • 好きですね〜
    受け攻めの関係が、お互い伺い合う感じが、すごくいいです。
    あと、おじさんと姪の話も好きです。ヤマシタトモコさんはいつもこういう少女を出して、傍観者の観点からお話を進めるお話を書くんですけど、みんな好きですね。大好きです。しかし●●好きか〜。ゲイゲイしいな。
    コミックスにはさんんであったあのチラシの続きは、何を買ったら読めるんだ。それだけが心配。

  • 恋をすると、忘れられなくなる。一生君を思い出す。

  • 表題作がすごく良い恋愛です。人を好きになって、少しずつ変えられたり変えていったりする。「Re:hello」はとても切ない。未送信のメールが溜まっていく携帯。でも一番好きなキャラはドMリーマン末友さんです。

  • BLの括りを外して読んでみても面白い。
    だって恋をすると人ってこうなるよ、ていう
    個人的にサンタの帽子の話がたまらなくすき

  • 来ましたヤマシタさん新作。
    表題作はのんびりゆっくりな日常。
    主人公たちより邑崎さんが好きになってしまった。
    「昔の話はしたくない」は反則。

    そして毎度の表題作より短編のほうが面白いという罠。
    おじさん怖いけどでも好きです。
    リーマンさんも素敵だった。
    なんだか何度も読みたくなってしまう本。

  • 「知らないよ 今日なんかただの17日の日曜日だよ!」

    あああ愛しいこのバカさ

  • 表題作よりも、短編の方が面白かったな。Re:hello泣けた。叔父さんの好きだった人、凄いゲイゲイしいからあの女の子となんかなるなんてありえないか…
    スパンクスワンク。この営業マンの人ガチ好みだ…ドM…営業スマイルの鉄面皮…性格悪そう…

  • けっこう重い話だなあ。
    最後のサラリーマンの話には出だしから驚いた。

全170件中 1 - 25件を表示

恋の話がしたい (マーブルコミックス)に関連する談話室の質問

恋の話がしたい (マーブルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋の話がしたい (マーブルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋の話がしたい (マーブルコミックス)のKindle版

ツイートする