電通 洗脳広告代理店

  • 524人登録
  • 3.31評価
    • (20)
    • (49)
    • (58)
    • (25)
    • (7)
  • 73レビュー
著者 : 苫米地英人
  • サイゾー (2012年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904209196

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

電通 洗脳広告代理店の感想・レビュー・書評

  • ■書名

    書名:電通 洗脳広告代理店
    著者:苫米地英人

    ■概要

    東日本大震災の報道によって露になった、広告主(スポンサー企業)
    とメディア、そして広告代理店の癒着構造。この構造を作り上げ、
    独占的に支配する巨大広告代理店・電通のメディア洗脳戦略を暴き出す。
    (From amazon)

    ■感想

    まあ、よくここまで言ったものだというのが第一感想ですね。
    この人、今後2-3年の間にメディアから消えるだろうね。間違いなく。
    この世から消されなければいいけど。
    既に色々な本屋、流通に電通から規制がかかっているようで、どん
    どんこの本を置かなくなってきているようです。
    (それとも売れているのかな?amazonにも圧力がかかっているみた
    いだしよく分からないですが。)

    最近のテレビのくだらなさにうんざりしてほとんどみておらず、か
    つ、テレビの内容を全く信じていない私にとっては、ほぼ全てに賛
    成できる内容でした。

    なんで、みんなテレビで言っている事を真実と思って信じる事が
    出来るのか、理解できません。
    「テレビで言ってたよ」というのを聞くと、だから何?と絶対に
    思ってしまう。

    ただ、この本を取り違えていけないのは、電通を解体しろとは言って
    いるが、実際には電通を解体することに長期的な意味はなく、日本
    のメディアの仕組みを変えるべきだといっています。
    (仕組みが変わらず、第2の電通が出てきたら何も変わりませんから。)

    また、変える方法として、個人個人が出来る事も提唱しています。
    私も個人個人で出来る事はその通りだと思います。

    日本人は、自分の頭で考えなさすぎで、メディアを信じすぎです。

    個人個人が、情報を吟味して、疑問を持ち、自分で答えを出す事が
    出来るようにならないといけないと思います。

    勿論、この本自体も100%の正しい事を言っているわけではないと
    思いますが、こういう考え方、出来事もあるという事は理解しておく
    べきだと思います。

    まあ、インターネットが出てきてからのテレビの報道のひどさは、
    この本の正当性を示していると思いますけどね。

    インターネットで話題になっていてもテレビ、新聞で一切報道され
    ないことは多々あるが、逆は無いですからね。
    それだけで、テレビに報道の圧力が電通からかかっているのは明らか
    でしょう。

    まあ、今後はインターネットも牛耳られていくのでしょうが・・・

    最後に、この著者は電通をかばっている部分もありますが、実際に
    甘い蜜を吸っている今のクズじじいどもをかばう必要は皆無でしょう。
    (創設当時の電通をかばうのは少し分かります。)


    あ、この本は、近いうちに絶版になると思います。

    ■気になった点

    ・「東京電力は、様々なメディアの大スポンサーだから」 
     こう考えれば、東電の記者会見で罵倒を浴びせていたのは、
     フリーの記者だけという説明がつく。

    ・テレビの内容はスポンサーを都合のいいようにいつでも書き換え
     ることが出来る。

    ・どの主張にも、何かしらの意図がその裏に隠されていることに
     気がつかなければならない。

    ・どれが洗脳番組か分からない以上、全てのものが洗脳番組だと
     疑ってかかる必要がある。

    ・「無難にこなしている」というのは「何もしていない」のと大差
     はない。

    ・電通に都合が悪いことは、事実であっても、話の展開上不可欠な
     内容であっても放送することができないのだ。

    ・電通にやましいことがないのなら、視聴率算出のためのデータを
     透明にして出すことが出来るはずである。

    ・なぜ、軍や産業界から予算がついた... 続きを読む

  • 素晴らしい内容。最近ニュースで

  • 表紙をいそいそと隠しながら読みましたw


    (私たちはどの情報を信じればいいのか?
    よく吟味し、自ら判断する…)

    テレビっ子、バライティ大好き、テレビで言ってたもん‼︎‼︎‼︎
    まんまと洗脳されてんな〜って思いました。

    震災後、ACのCMのみが流れていた時の違和感。
    いかにさまざまなCMが流れていて、ちょー無意識に働きかけていたんだなぁ…って。

    新聞があって、雑誌、テレビ、インターネット、SNSなどなど…たくさんある手段のなかで、テレビで報道されるものが絶対的な感覚、芸能人がブログであげてる商品などなど…まずは疑って入らないとな。そんでもって色々な場所から情報を調べて、自ら判断する。

    あきくんに言われた事だΣ( ꒪□꒪)‼

    本当大切な事だし…。無意識に流れるテレビを見てても頭にはしっかり残ってる…恐怖に感じなきゃいけないくらい、私は少しテレビを疑ったほうがいいと思いました。

    なんか恐い=͟͟͞͞(๑º ロ º๑)www

  • ドクター苫米地本その4。

    電通の広告業界独占とメディア洗脳について。

  • ちょっと様子見ながら遠巻きで読んだ方がいいが、刺激的だった。でも間違いなく言えるのは無料メディアってコワイ。

  • 比較広告がない、という日本独特の慣習が電通をのさばらせたことがわかった。独占禁止法にかけるべき。

  • マスメディアを傀儡する電通の実態とは
    http://on-the-road.co/?p=205

  • 電通がほぼ独占企業だったとは知らなかった。
    メディァを余り信じすぎないようにしようと思った。

  • なんか偏ってる。

  • この本の主旨と山本太郎氏の主張は同じ。広告主、スポンサーが支配する社会って、なんなの!テレビって下らないと思っていたけれど、大手メディアがますます信じられない

  • 広告主(スポンサー企業)とメディア、そして広告代理店の癒着構造を作り上げ、独占的に支配する巨大広告代理店・電通のメディア洗脳戦略を暴き出す!との趣旨で書かれているが、電通の影響力が絶大なのは事実であるが、だからと言って電通だけが悪いのではあるまい。
    全体的に内容が希薄なある種の「陰謀説」の本という印象を拭えない。

  • 著者の本は何冊か読んでいるが、脳科学者やプログラマーとしての洗脳に関してが専門であり、電脳の洗脳効果についての記述はよいと思う。しかし、電通の歴史的な検証は、やはり門外漢で社会部などの方がいいかなと思った。

    例えば、~と思うとかの表現が多用しされていたり、新聞記事などから(深読みしてしまうと)陰謀論的な記述で、GHQなどの関係を邪推した上で、最後の判断は読者に任せるというのはどうかなと思った。

    ただ読み物としては、電通の広告業界(特にテレビ業界)での影響がきわめて大きいこと、多くの圧力をかけられること、歴史的に時の権力者や韓国との関係などは知っておいて損はないことだった。

  • タイトルや本の装丁からどんな内容かと期待したが、期待はずれ。
    目新しい情報はなく、文章も稚拙。
    電通が巨大な権力を持っているのは事実だが、
    かと言ってある事ない事書いていいわけではない。

  • 買ってよかった。そして、自分の本棚に残しておく本に決定した。

    ある意味、洗脳されている方が楽だし、世のマジョリティーが求める、いわゆる楽しみを享受できるのだと思う。

    本当のことを知ることは、苦しいこともある。
    でも、自分はひねくれているから、ちゃんと疑問を投げかけてくれる人がいることがありがたい。

    マジョリティーから見て、損していると見える行動を自分の名前を出して、危険を負担したうえで発言している人はすごいなと思う。

    考えさせられる一冊。

  • 広告だけに収入を頼ると、お金を出す人に逆らえないという構造が危ないと感じた。

  • 苫米地氏の活動についてはいろいろと疑問を感じているものの、この本は電通という巨大企業が抱える大きな問題について真正面から切り込んでおり、大いに評価したい。
    AKB、K-POPに代表される最近の「ゴリオシ」には心底辟易していたが、そんな軽いレベルの問題ではない、非常に恐ろしい根深い問題なのだと、思い知らされた。
    日本の自虐史観とGHQ、日本人の愚民化問題など、私が常日頃から危惧している問題にも触れられている。
    内容としては「推察」や「~と思う」が多用され(意図的?)、いまいち深みに欠けるものの、こういう問題についてよく知らない人が読む入門書としては最適ではないだろうか。
    こういった現実に気づき目覚める人がこれからもっと増えることを切に望む。

  • タイトルからして過激なので手に取ってみました。
    データというより、作者の知識と想像の世界に過ぎないのだとは思いますが、かなりこわさを感じてしまう本。

    とくに、多くの日本人が落胆した、2002年サッカーW杯が単独ではなく韓国との共催になってしまった部分のくだり。
    日本は単独開催を主張し、韓国は単独開催を装いながら実ははじめから共催がねらいだった。。。
    それはわかっていたのですが、その片棒を担いだのは、あろうことか日本の電通であったという話。

    証拠があるわけではないのでしょうが、辻褄が合う部分もあり、底知れないおそろしさを感じてしまいました。。。

  • メディアと広告代理店との関係が書かれ、その構造上の問題点が指摘されている。状況証拠や歴史的事実に基づく考察などで論理展開がなされており、真実味を帯びていた。タブーと言われる電通批判を著した苫米地氏や出版社であるサイゾーの度量の大きさが分かる本。

  • 電通が巨大な権力であることは事実。
    電通がマスコミを支配していることも事実。海外のCMエージェンシーでは、一代理店一業界、一業種一社がふつう。業界内に代理店は複数ある。
    日本はあらゆる業界で電通と博報堂のほぼ寡占状態なのが非常に問題。

    1位 電通 【1兆8930.55億円 (2012/03/31)】
    2位 博報堂DYホールディングス 【9783.21億円 (2012/03/31)】
    3位 アサツー ディ・ケイ 【3471.11億円 (2011/12/31)】

    電通とCIAとの繋がりも、歴史的に事実。
    電通がビデオリサーチを支配してることも事実。視聴率が中立的に算定されているかどうか誰にも証明できない。
    電通がマスコミ各社に勤める有力者の家族を大量採用しているのも事実。政界財界にもコネだらけ。
    電通と権力との結びつきは絶大。

    苫米地英人は文章が簡単で読みやすい。でも、ときどき確かな根拠も無く、推測で物を述べるので、信用できない。
    だけど、彼のメディア論はある程度、正しいと思う。

  • TVはあんまり見ないけど、知らんまに仕向けられてるかと思うと、怖いですね。

  • 読みやすかったというか、文章が稚拙だったというか
    GHQ・CIAと電通の関係話はミステリー小説のようでおもしろかった

    電通批判の内容はともかく、広告代理店とは何かがわかりやすく無知の私には勉強になった

  • ◎憲法とは、「国民が国家を取り締まるための法律」。
    ◎メディアという権力の監視役が絶対に必要。
    ◎権力者にとって一般市民は無知で賢くないほうがいい。


    たしかに。
    自分が権力者だったら…と考えてみれば、納得できること
    ばかりで、やはり「思考停止」は大罪だなあと改めて思う。
    なにごとも、自分で考えて判断しないと。

  • 普段、気にしなかった点が一気に疑問に感じてくる。「電波に税金がかからない」「独禁法に引っかからない」「電通と国とGHQの繋がり」。そういえば、森永製菓社長の娘である安倍総理夫人は大学卒業後、電通に入社してる。このあたりも闇の事情がプンプンしますが。
    もちろん信じるか信じないかはあなた次第です。

全73件中 1 - 25件を表示

電通 洗脳広告代理店に関連する談話室の質問

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

電通 洗脳広告代理店を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

電通 洗脳広告代理店を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

電通 洗脳広告代理店を本棚に「積読」で登録しているひと

電通 洗脳広告代理店の作品紹介

東日本大震災の報道によって露になった、広告主(スポンサー企業)とメディア、そして広告代理店の癒着構造。この構造を作り上げ、独占的に支配する巨大広告代理店・電通のメディア洗脳戦略を暴き出す。

電通 洗脳広告代理店のKindle版

ツイートする