TPPが民主主義を破壊する!

  • 33人登録
  • 4.13評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 苫米地英人
  • サイゾー (2013年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904209295

TPPが民主主義を破壊する!の感想・レビュー・書評

  • 「TPP締結は民主主義の終焉を意味する」
    という章で、著者は書いています。
          
    「TPPとは、資本主義(正確には「金融資本主義」)対民主主義の戦いなのかもしれません。」
    「ごく一部の限られた人たちだけで政治を動かすシステムは、貴族政治とか官僚政治です。」
    「そうした貴族政治や官僚政治によって虐げられた庶民が立ち上がり、政治を一般市民の手に取り戻すことによって、現代の民主主義が誕生したのです。」
    「その歴史をなぜ何百年も前に巻き戻すようなことをするのでしょうか。」
    「私たちは、世界から民主主義がなくなる瞬間を目の当たりにする、歴史の生き証人になるかもしれません。」
         
     では、なぜTPPが民主主義を破壊するのか。
     私が本書から拙い引用をするより、皆様自身が読んで頂くのが話が早いと思います。
     そう分量も多くない小冊子なので、隙間時間を使ってでも読み切ることができると思います。
     例えば一つ挙げるならば、TPPは秘密条約で一部の人しか見ることができないという決まり自体が、民主主義に反していると言えるのではないでしょうか。
     つまりTPPは、一部の特権階級の一部の特権階級による一部の特権階級のための条約なのです。
            
     例えば、TPPの交渉項目に日本の「軽自動車」が入っています。
    「“軽自動車”というカテゴリーが非関税障壁だ」
    と言われて、軽自動車カテゴリーが撤廃される危険があるということです。
          
    「軽自動車のメーカーとして有名なスズキの鈴木修会長はTPPの項目に「軽自動車」が入っていることを知らずに「TPP賛成」を叫んでいたそうです。「軽自動車撤廃が入っていますけど、いいんですか」と言われて初めて知り、「TPPと軽は全然関係がなく、何が何だかわからない」と答えたといいます。笑い話のようですが、本当です。
     TPPで完全にターゲットにされている渦中の張本人ですらこの程度ですから、一般国民が知らないのも無理ないのかもしれませんが、それにしても知らなすぎます。
     トヨタの社員たちもおそらくこの程度の認識なのでしょう。自分たちが賛成しているものが自分たちにどんな悲劇がもたらすかを知らないのです。」
           
     ここでは、TPPに賛成している自動車業界の人の無知が批判されていますが、一事が万事、このようなものでしょう。
     例えば、農業を始めとして、医療業界も壊滅的な打撃を受けるでしょう。
           
     アメリカを支配する大企業の代表として、「モンサント」があります。遺伝子組み換え作物を使った農業を行っています。モンサントにとってTPPが実施されれば儲かるので、TPPを推進しています。
     というか、TPPの仕掛け人サイドの企業です。
     このモンサントと業務提携している日本の企業は「住友化学」で、その会長は米倉弘昌・経団連の会長です(本書発行当時のこと。現在は榊原定征のよう)。
     TPPでモンサントが儲かる→それと提携している住友化学が儲かる→経団連がTPPを推進する
     という図式なのですが、住友化学が儲かるために日本の食の安全を売り渡すという売国的行為ではないでしょうか。
           
     ちなみに、アメリカでモンサントの遺伝子組み換え作物を栽培している畑に近い学校の子ども達の健康被害率の高さが問題になっているようです。
          
    「モンサントの畑の近くだけ、子どもの健康被害率が異常に高いのです」
          
     原因については色々な説が出ているようですが、結論が出ないようです。
     TPPが発効したら日本でもモンサントの種子を使った農業が行われるようになるでしょう。
     そうなると、日本でも畑の近くで健康異常... 続きを読む

  • 驚くことばかりだった。

    一番驚いたのは、TPPが秘密交渉だったこと。一部の企業と一部の政府関係者しか知らないようなもので、巷に溢れている情報はリークされたものだったというのは衝撃だった。国会議員でも条約の内容を知らない人がいるのに、一国民が知る由もないと思う。原案は一字一句変えることができないというが、追加項目自体は一般の人の目に触れることができるのだろうか?秘密交渉なら恐らく無理だろう。なのに、中身もよく分からないものに対して「賛成」と言い切れる人たちがいることに危機を覚える。中身を分かってて「賛成」と言う人はもっと怖い。

全2件中 1 - 2件を表示

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

TPPが民主主義を破壊する!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

TPPが民主主義を破壊する!を本棚に「積読」で登録しているひと

TPPが民主主義を破壊する!の作品紹介

こんなにひどい協定が秘密裏に決められている!日米国民の99%を不幸にするTPPの実態を暴く!

TPPが民主主義を破壊する!はこんな本です

TPPが民主主義を破壊する!のKindle版

ツイートする