アベノミクスを越えて

  • 26人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 苫米地英人
  • サイゾー (2014年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904209523

アベノミクスを越えての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アベノミクスについての考察よりも建設業界、つまり公共投資の仕組みについての話が興味深かった。銀行が融資するための信用を保証する会社が存在し、その会社の利権構造を解き明かしていた。知らないことばかりだったので、また一つ世の中の見方が変わったと思う。

  • どうしてアベノミクスで景気が良くならず、かえって一般国民の生活は苦しいのか。増税後はその状況に拍車がかかいる。その今、もっとも読んで価値があった本でした。
    批判本は多々有るけど、具体的な解決策まで言及できるのは、著者だけだな。
    安倍首相の政策の詳細を解説しているので、その部分だけでも理解する必要有り。

全2件中 1 - 2件を表示

苫米地英人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
苫米地 英人
ジャレド・ダイア...
苫米地 英人
有効な右矢印 無効な右矢印

アベノミクスを越えての作品紹介

アベノミクス発動から1年半。日本の景気はよくなったのか。消費税増税で家計はどうなるのか。政界・財界にも広い人脈を持つ著者が、そこから得たさまざまな裏情報をもとに、卓越した見識と洞察力で、ついにアベノミクスの背後に隠された真の意図を見抜いた。家計を守るために知っておくべき日本経済のゆくえとアベノミクス後の日本経済再興策を大公開!

アベノミクスを越えてのKindle版

ツイートする