生きる

  • 73人登録
  • 4.00評価
    • (10)
    • (6)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • ナナロク社 (2008年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904292006

生きるの感想・レビュー・書評

  • 生きる の中で一番いいと感じた

    「かくされた悪を注意深くこばむこと」

    すごくいいことばだな、心に響く、大事にしたいことばです。

  • 小学校の時でしょうか? 生きる という詩を詠みました。
    それ以来です。ビレッジバンガードにこの本があったので購入しました。 

    自分にとって詩集はいろんな事を妄想するツールにぴったしのものです。 後、この詩集には松本美枝子さんの写真も載っているので
    合わせて楽しめます。 

    妄想も大切ですが、一番大切なのは「実行して成功」ですよね! 

  • 谷川俊太郎さん自身による 生きるの朗読会に出かけた。生の声が聞けたこと、語り口を味わえたこと。嬉しかった。その時に、このサイン本を買い求めた。2012年に大事な友人を見送った時にこの本を譲った。
    それから、この本はしっかり心に刻みつけ買い直すことは無かった。2016年にもう一度頁をめくってみたくなり。書店で手に入らず、Amazonの中古で購入した。届いて開いて驚いた。サイン本だったのだ。ああ、また帰ってきてくれたと嬉しかった。正にこの詩と共に俊太郎さんから教わった言葉、carpe diem いま ここ!だったのだ。

  • 詩はやっぱりすばらしい。
    写真も印象的で深い感じ。

    「あなたの手のぬくみ」というフレーズが何度よんでも響きます。

    詩の流れが止まってしまうので若干の読みづらさがありました。

  • 谷川さんの詩に美枝子さんの写真。
    写真の空気が好き。

  • トークショーとサイン会に参加。谷川さんは聞き上手でした。確かに詩と写真がばらばらでよかった。

  • 初めはすごく不思議な感じだったんですが、読み返すとなかなか深い作品だと思いました。

全8件中 1 - 8件を表示

生きるを本棚に「読みたい」で登録しているひと

生きるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生きるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

生きるを本棚に「積読」で登録しているひと

生きるはこんな本です

ツイートする