あなたにもある心を回復する機能

  • 5人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 田中順平
  • ルネッサンスアイ (2009年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904311097

あなたにもある心を回復する機能の感想・レビュー・書評

  • なかなかに示唆に富む本である。
    通常人は悩みや心の苦しみがあった場合に、その原因や環境を変えるか取り除くことで回復しようとする。しかし、著者はそういう方法は得てして間違った対処になりがちであると警告する。

     原因と苦しみそのものを分離してまず捉えなければならない。これは肉体的痛みに置き換えるとわかりやすい。カッターで指を切ったときに、その痛みはカッターが原因であるが、カッターを壊したり、移動させたところで指の痛みは消えない。指の痛みを放置したままでカッターを何とかしようとすると冷静でなくなり、誤った方法で誤った結果を招く。

     心の痛みもまずは痛みそのものを回復させなければならない。その方法として著では、
    ・苦しみとなっている感情をそのまま認める
    ・苦しみとなっている感情を誰かに話す
    ・とにかく泣く
    を挙げている。確かに現代社会においては、仕事上であれ、友人との間であれ、あまり自己の内面的なことを話すことは一種タブー視されている。それは恥ずかしいということも勿論、話すことが相手に迷惑をかけるのではないかという遠慮も働くからである。その結果、人は感情をどんどん自分の中に蓄積していき、心の中で胆石化していく。慢性的な苦しみはやがて生活的、物質的原因に転化させ、ゆがんだ解消法へとつながっていく。

     幸いなことに自分の場合は授業という場を借りて、生徒に間接的直接的に怒りや苦しみの感情をやや自虐的、ユーモラス的に話すことができている。それはかなり精神浄化にはなっているのだろう。またブログなどに書くことも相応の効果があるのかもしれない。ツイッターも同じだろう。

     それとここで奨められている呼吸法のひとつ。
    ・鼻から外部の善・快・聖なるものをゆっくり吸い込み、体の中(特に胸部を意識)の悪・不快・邪なものを口からゆっくりと吐き出す。

    これを10回程度やると確かにすっきりした感じがある。

  • ピュアハート・カウンセリングのサイト(http://www.pureheart-counseling.com/)では、『心の苦しさ』について、普通の人の気持ちの流れとして理解しようとし、また、専門用語を使わない普通の言葉で説明することによって、『心の病気』という認識から、『普通の心が陥ってしまっている状態』という認識に引き戻そうとしています。

    そのような認識の変化が、「普通の心は、どのような時に苦しくなり、どのようなときに楽になるのか」というように、『心の普通の営み』として向き合えるようになることにつながります。

    そして、そんな『心の普通の営み』に対して正しく対処すれば、『心の苦しさを抱え込む状態』から解放されて、『苦しくなっても楽に戻れる状態』になることができるのです。

    そんな内容を一冊の本にまとめました。

    1部は理屈っぽい人たちを、理屈から引き離す為に、理屈っぽい表現で、心の苦しさについて表現しています。(少し、読みにくいかもしれません・・・)

    2部は、心の苦しさを解決する方法を、具体的に説明しています。1部以外の、2部と本文の合間に配置したトピックスは読みやすいと思います。

    これが心の苦しさの正体であり解決法だと自信をもってお勧めします。

    本当のことを理解したいなら、是非、お読み下さい。

全2件中 1 - 2件を表示

あなたにもある心を回復する機能を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする