不確実性分析 実践講座

  • 121人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (12)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
  • ファーストプレス (2009年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904336403

不確実性分析 実践講座の感想・レビュー・書評

  • 【不確実性】というキーワードで本を探したときに、一番探しているものに近く入門的な内容だったので、購入。
    期待通りに素晴らしい。

    特に、逆損益計算法と、マイルストンプランニングは、凄く新鮮な考えだった。

    この後も、不確実性テーマの本を何冊か読もう。

  • 『定量分析 実践講座』の続編。
    漠然としたアイデアを実行プランに落とすまでの流れを理解できる一冊。

  • 予測をする仕事をしはじめ、予測をすることのむずかしさを実感したため読了。
    不確実な事象を体系だてて整理して分析する手法が紹介されているが、それをもとに訓練しないとできないなと痛感。
    ひとつひとつ考え抜いて実践して身につけていこう


    ※9/5にまとめて入力

  • コンビにの店長を主人公にして、お店の課題をさまざまな分析手法で解決していくというお話で、難解な手法も非常に分かりやすく書かれており参考なりました。

    特に、無理に未来をひとつに限定するのではなく、複数の未来を想定し備えるというシナリオプランニングの発想はなるほどと思いました。

    ポイント
    ・ディシジョンヒエラルキーを明確にして何を決めるか段階的につめていくという発想
    ・インフルエンスダイアグラムで視覚的に表し、関係者とビジネス構造を共有するという発想
    ・モンテカルロシミュレーションのモデルによる不確実性の高い領域の感度分析方法
    ・決断を将来に延ばし損失を限定し、利益を最大化するというリアルオプション的な考え方
    ・不確実性が高い将来プランの策定時に、変動が大きく影響が大きい2軸を選定し、それらから未来シナリオを複数用意するというシナリオプラニングという思想

全7件中 1 - 7件を表示

不確実性分析 実践講座のKindle版

ツイートする