コミケ襲撃

  • 10人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 川上亮
  • TOブックス (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904376003

コミケ襲撃の感想・レビュー・書評

  •  借金を返済するため、コミケの壁サークルを襲おうとする男たち。しかしそのサークルは、北の某国の資金源だった、というはなし。

     設定は面白そうなんだけど、なんか中途半端だった。オタクのステレオタイプすぎる描写とか(口に出して「萌え」って言ったり)、クライマックスの盛り上がらなさとか、結局嫌な奴が一番得をしていたりとか、コミケというイベントへのリスペクトの無さとか。なんかすっきりしない読後感。
     「〜た。」「〜だった。」の単調な乱用とか、意味のない回想シーンの連続とかも、いちいちリズムを止めてしまっていた。

     主人公が最後の最後まで駄目な奴なのは新しいと思った。

  • 映画化期待!
    2008-9-127

全3件中 1 - 3件を表示

コミケ襲撃はこんな本です

ツイートする