手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)

  • 49人登録
  • 4.20評価
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : ジャック・コーンフィールド  ポール・ブレイター  星 飛雄馬  花輪 陽子  花輪 俊行 
  • サンガ (2011年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904507711

手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)の感想・レビュー・書評

  • 気になるタイトルの本です。
    表紙カバーの折り返しには、アルボムッレ・スマナサーラ長老の推薦文が載っています。
    アーチャン・チャー氏はタイのテーラワーダ仏教の代表的僧侶で、森の中にある彼のワット・パー・ポン僧院では、多くの弟子が瞑想修行に勤しんでいるそうです。

    原書は、弟子であるジャック・コーンフィールドとポール・ブレイターが編集した、チャー氏の英文法話集『A Still Forest Pool - The Insight Meditation of Achaan Chah』。
    テーラワーダ仏教の入門書として欧米人に愛読される本だとのことです。

    よくわからない難しい専門用語が登場して(困ったな)と思いましたが、巻末には詳細な用語解説がありました。
    そこを読むだけでも、仏教についての知識が増すようです。

    本文とチャー氏の法話の場面とでは、字体が変えられており、気持ちの切り替えができて読みやすく感じました。

    氏が実践する、瞑想修行の実践法が語られ、本を読むことよりも、自分の心を観察し、気づきを行うことが一番大切だと、繰り返し述べられています。
    習うより慣れよ、ということでしょう。
    目指すことは非常にシンプルですが、そこに到達する道の険しさ。
    人として心にとめどなく浮かんでくる、自我や欲を一切手放すということは、どれほどまでに大変なことでしょう。

    とにかく経典よりも「全てを手放す」実践が大切、と説く氏。
    これほどモノにあふれ、過剰なほどの情報に取り巻かれている私たちにとって、全ての執着を棄てることへのストレスは相当のものだと思いますが、逆にそのストレスから自由になるために、必要なのが無の状況だというのも、頭では理解できます。

    資本主義社会に組みして生きていく以上、私たちは修行者のように徹底はできませんが、それでも心持ちを変えるだけで、心の動揺は抑えられることでしょう。
    「久遠は無常である」という言葉が胸に響きました。

    氏が仏教という規定された枠にも一切こだわっていないということは、以下の言葉に如実に表れていると思いました。

    「わしらが本当に教えているのは、どのように苦しみから解放され、どのように他者を愛し、賢明になり、慈悲で満たされたものになるかについてじゃ。このことについて語られた教えは、どこの国のどの言語で語られていようと、ダルマなんじゃよ。じゃから、それをキリスト教と呼んだって構わないんじゃ。そうしたほうが、彼らにとって受け入れやすいじゃろう」

    これまで、どんな宗教家から、そんな言葉を聞いたことがなく、本当に、一切の執着がない方なんだと驚きました。

    「西洋の人はたいていせっかちだ」という氏の言葉や、西洋人は、比丘のコスプレで現れたり、正座できない者がいたりする、などという記述から、西洋人の読者を意識している本だということが伺えます。
    弟子である編集者が西洋人であるため、西洋人を対象にしたコメントが多いのでしょう。

    タイと同じ仏教国民である私たちは、、仏教に関する基礎知識や共通認識を、慣習とともに大まかなりとも持っていますが、まったく文化背景や宗教の異なる西洋の人にとっては、仏教は神秘のヴェールに包まれた謎の教義なのでしょう。
    森の中の瞑想修行。西洋人にとって森といったら、ソローの『森の生活』が連想されるのではないでしょうか。

    異なる宗教のもとで育ってきた人たちは、私たち日本人よりも、超えるべき壁は高く、捨てるべき念が多いように思います。
    そういった、修行の道がより険しそうな人々をも弟子に受け入れる氏の懐の広さ。
    ある意味、比較文化的な考察でもあるため、私たちが読むと、逆に彼らが仏教に帰依していくことの困難さがわかりました。

    質疑応答のページも... 続きを読む

  • タイやタイ人をもっと理解したいと思い、タイの僧侶の教えが書いてあるというこの本を読み始めたのですが、仏教についてだけでなく宗教全般についても基礎知識がないため、読み進めるのが難しく感じました。
    ただ、仏教の教えも他の宗教の教えと変わらない、とか、外国人といっても人間はみな同じ、というような教えはいいなと思いました。
    また、人にも物にも執着しないというのは実践していきたいです。とりあえず、持ち物を減らしていきます。

  • なんとなく飄々としたお人柄がにじみ出ていて、親しみが持てる。が、物凄い影響を受けた。スマナサーラ長老の本以外でこれほど影響を受けた本ははじめてかもしれない。

全3件中 1 - 3件を表示

手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

手放す生き方(タイの森の僧侶に学ぶ「気づき」の瞑想実践)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする