ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)

  • 38人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • サンガ (2011年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904507858

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一番重い罪は嘘をつくこと
    嘘をつくものには、この世で犯せない罪はありません


    仏教の方が聖書系よりわかりやすい気がしてた。
    とっつきやすいというか、馴染みがあるからか、
    全然そんなことなかった。
    カタカナも
    漢字であっても読み方も意味もよく分からない言葉が多い。

    口語体でわかりやすいはずなのに!

    生きることが苦行ってのは同意。

  • 仏教徒なのに、そういえば仏教ってあまり知らない。キリスト教のことは学校でたくさん教わってきたのに、戦争が終わってから、神道のこととか仏教のこととか、そういう方向になるべく行かないように教育されてきたような気がする。

    ダビンチコードがヒットして、絵画の謎解きが流行した。そして謎解きに飽きた人が、キリスト教の精神について学び始めた。そしてそれも飽きた人が、今、神話や神道、仏教など、日本に昔から根付いている文化について学び始めている。

    キリスト教の本を読むときは、「原罪」とか「キリストの血と肉」とか、なかなか理解に苦しむ世界が広がっていた。一方、仏教の本を読むと、「世の中は生きているだけで辛いのに、これ以上苦しむ必要なんてないじゃない?」と、なんだか心に馴染む言葉が並んでいる。やはり私は生粋の仏教徒だ。

    もっと体系的に仏教について知りたくなってきた。そんなきっかけ本。

  • 仏教についての質問にテーラワーダ仏教長老であるスマナサーラ氏が答える内容。

    釈迦仏教は宗教でなく、哲学というより科学であると他の本でも述べているが、実際、輪廻転生とかあの世の話(釈迦はそのことは何も語ってないが)になると信憑性というか説得力が無くなる。

    勿論その話はブッダが語ったことではなく、後からの創作が入った考え方で、「こういう考え方がありますよ」的な事柄として長老は喋っている。


    仏教に興味が湧いてきた人には最初の一冊として読んでみては。

全3件中 1 - 3件を表示

アルボムッレ・スマナサーラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アルボムッレ・ス...
養老 孟司
アルボムッレ ス...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)の作品紹介

Qずばり、仏教とはなんですか?
こんなこと、お釈迦様に聞いて答えてくれるのかしら?
的外れで怒られるんじゃないかなあ?
真理を語るお釈迦様には誰もがいろいろ質問したくなります。
そして時には本筋から外れて、些細なことが気になって仕方がないこともあるはず。
そんなすき間を突くような質問に、ブッダの教えを現代に伝える初期仏教長老が優しく丁寧に、そして真理の智慧をちりばめて答えます。
真理を真正面から語るばかりが仏教じゃない。
たまには肩の力を抜いて、72のQ&A。

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)はこんな本です

ブッダの質問箱 (仏教まるごとQ&A)のKindle版

ツイートする