すゞしろ日記 弐

  • 153人登録
  • 4.35評価
    • (22)
    • (21)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 山口晃
  • 羽鳥書店 (2013年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904702437

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
小川 洋子
ヴィクトール・E...
伊藤 計劃
澤田 瞳子
有効な右矢印 無効な右矢印

すゞしろ日記 弐の感想・レビュー・書評

  • 描かれている線をうっとり見る。
    それだけで満足。

    このラフに見えて繊細な線というのは自分と対極にあるところなので非常に憧れる訳です。
    嫉妬とかね、おこがましいよ。本当に。

  • 画家と画廊に勤めている妻…さぞかしエグゼクティブな生活なのかしら?、と想像するが、決してそんなことはないのだ‼️(笑)

  • 待ってましたあ、第二弾。もったいないのでチビチビ読み、読み終わってからもういっぺんゆっくり読み、ずいぶん長いこと楽しむ。次はまた数年後かしら?

    最初の方のカラーページが嬉しい。フランス行きもお伊勢参りもいいけれど、私が一番気に入ったのは「スターウォーズ 帝国兵半生之記」。超一流の線で描かれた、ダジャレ混じりのくだらなーい半ページほどのヤツ。こういうの大好きだー。

    「日本建築集中講義」のあとがきで藤森照信先生が書いていた山口晃評に、さすがの慧眼だなあとたいそう納得した。藤森先生は、山口さんは「ボケ役」なんだけど、時折引っかかりがあると、こちらに向かってぐっと立ちあがってくるところがあると書かれていた。

    そうなんだよねえ。「すゞしろ日記」もゆるーい日常が描かれているようで、時にむくむくと尖った所があらわれて、ちょっと落ち着かない気持ちにさせられる所が持ち味なんだと思う。「またまた屁理屈」と言いながら、字ばっかりでコマが埋まるそういう回がちらちらある。

    「凡夫死ヲ想フ」では、「それにしても、此の『死を想う』と云うやつ、どこか根本的な誤謬、もしくは或欺瞞を含んでいる様な気がしてならない」などと書かれている。これなんか妙に納得。

    また、絵を描くという仕事をどこか引け目に感じるのは、ボーッとしている時間が長いからで、その最たる理由は、「『怖くて描けない…』だろうか…。絵を描くのは何かを生み出すと云うより、山のようにある『その他の可能性』を一筆ごとに削り捨ててゆく作業だ。今日も後悔…」などとある。うーん、あの絵にはそういう「苦闘」のあとがまるっきり見えないのだが、そこが天才たる所以か。「退屈そうに引かれたその線は神の領分」という西原理恵子さんの評に激しく同感したのを思い出した。

    まあしかし、多くを占めるのはなんてことない日常のお話で、日常といえば、これはもうおなじみのあの奥さんが主に登場されるわけだ。まったく実際にはどんな方なんだろう?本当にああいう人なのか?自画像ではヒゲおじさんの画伯は、実際には長身のイケメン(いやほんと!)なので、奥さんもどえらい別嬪さんではないかと思うのだが。

    家庭生活の様子をあんまりホッコリまとめないで描く画伯だが、第69回では珍しくほのぼのしたのを描いていて、ここは何回も読み直してしまった。いいなあ、これ。

  • 山口晃先生の 細かいこだわりがあって まるで明治の文豪のようです その反面 奥さんが奔放で むはは!!と明るく笑ってます 時を超えて まるで漱石と 奥さんの鏡子さんの会話のようで このご夫婦も まさに ぴったりなんだな

  • ほんわかと楽しい。もっと読みたいよ。絵もいっぱい見たいです。

  • 第2弾。やっぱり好き。

    最初の方の「利休翁2枚の肖像画のこと」に「!」。山本兼一『利休にたずねよ』を思い出して、激しく頷く。

  • 出てたの気付かなくて先日慌てて購入。ああやはりこの人の描く線(絵も文字も)は魅力的だなあ…
    「生物の在り方としては、『場当たり的最善』が正解と思っているので、先の事は程々にしたい。」という一文がぐっときた。

  • 第二弾、今回もおもしろかった。
    とは言え、こういう本は持ち歩いて外で読むには抵抗があることもあって、期限内には読みきれず返却。残念。
    じっくり楽しむには買わないとダメだね。

  • 作者本人が普段何を考え、どう過ごしているかがわかってよい。作品を鑑賞する際の参考になる。もちろん、そんなこととは関係なく、一作品としてもおもしろい。会田誠もエッセイマンガやってくれんかな~。

  • 壱と併せて購入。パラパラと適当拾い読み。暫く手元に置いておきたい本。

  • 今回も細か~い絵と字で埋まった
    ずっしり読み応えのある一冊だった。

    日常のなんということもない話が
    ゆるりとした感じでとても良い。

    おやじぎゃぐやむははな奥さんとの会話には
    思わず「ふっ」と笑ってしまったり。

    山口少年の愛読書の話はウケた(笑)

  • 東京大学出版会PR誌「UP」の毎月1ページの連載が主体。
    前作が2009年に出ていますが、何しろ連載原稿は1年経っても12ページしかたまらないため、ペースが遅いのは致し方ないところです。
    その他、「すゞしろ日記」風に、他の雑誌に掲載された特別編が十数編。こちらの方は彩色されたものもあり、本編よりやや描き込まれた感じです。

    全般に、何しろゆるゆるです。絵もゆるゆるだけれど、中身もどうということなく、日々の一コマだったり、だじゃれだったり、ちょっとしたことに対するこだわりだったり。
    細かいことにまったくこだわらない大食いの奥さんがいい味出しています。
    画家・山口晃ならではの「なるほどー」と思わせる視点もあったりするのですが、大抵はどうでもよろしいような話。だけどこれ、なんだか読んでぶひゃひゃーと笑ってしまうのです。今回、移動中、公共交通機関の中で大半を読んで、はい、後悔しました(^^;)。

    一番笑ったのは排泄物による健康診断の本の話と、幼少時に気に入っていた消防自動車のおもちゃの話。あとはだじゃれの絵解き。

    *と思っていたら、新聞連載中の「親鸞」、その日見た挿絵がだじゃれバージョンで大ウケしました(^^;)。

  • 拡大鏡必須、見て楽しく読んで楽しいすずしろ日記。
    去年横浜そごうの展覧会に行ってますます好きになってしまった。
    カミサンもポチも相変わらずいい感じ。

  • 暇つぶしにピッタリ。短い時間で、楽しめます。
    しかし、老眼鏡が要りそうな書き込み…

  • 面白きことも無き世を、面白く! 画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと"満載

  • 今回も又「むはは」な一冊(^^) ”読みにくさ”もまた善哉。

全17件中 1 - 17件を表示

すゞしろ日記 弐を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すゞしろ日記 弐を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする