かわいい夫

  • 360人登録
  • 3.66評価
    • (17)
    • (34)
    • (27)
    • (7)
    • (2)
  • 37レビュー
制作 : みつはし ちかこ 
  • 夏葉社 (2015年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904816189

かわいい夫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良かったです、期待以上に。
    新聞連載ということもあってかぴたっと字数制限に収まっている(だろう)文章が好ましい。
    短い文章の中の彼女の想いがきちんと入っていて、かつ起承転結もあり飽きない。
    芥川賞候補になった作家に失礼とは思うが、巧いなと思った。ちょっと優等生じみているところはあるけれども。

    ブクログのレビューは賛否両論分かれている。
    嫌な人はとことん嫌なようで。
    私は好きだ、このエッセイ集。
    テーマが夫というのもなんだか潔いし、タイトルを裏切らない可愛らしさ。
    実に正直に生真面目にナオコーラさんが書いているので一緒になってイラっとしたり、全然可愛くないじゃないか!などと憤慨しながら読んだ。
    でも全体的にはなんとも言えない幸福感に包まれている感覚。

    ナオコーラさんのような人、いるいる。
    おとなしくて人前では意見を言わないんだけれど、実はうちに秘めた想いを抱いてる人。
    外見とは裏腹に洞察力の深い人。
    私は、こういう人を見つけるとどうしても仲良くなりたくなってしまう。片思いのことも多いけれど。
    思ったことが先走ってしまう私にはちょっと羨ましい。
    おまけに作家だなんて!
    良いなぁ。

    今までデビュー作?しか読んだことがなかったけれど、今や興味津々。
    ナオコーラさんの本ぜひ読んでみたいです!

  • 表紙のみつはしちかこさんのイラストがものすごく可愛いし、ご主人との結婚生活のノロケ話が満載だろうから読みたくない、とこの本を避けている人と出会ったなら、教えてあげたい、それでも読む価値はきっと大きいよ、と。

    著者はご自分の容姿の悪さとご主人の収入の低さにより「自慢話」と読まれることはまずないので安心して読んでいただきたいと冒頭で述べてくれる。。。のだが、やはり、独身で容姿も悪い私には羨ましいお話が満載の本。

    しかし、読んで良かった。

    それはこんな私でも結婚への希望が持てるとかそういう意味では全くない。おそらく他の読者もこの本によってそういう思いにはならないだろう。

    「自分を肯定」し、また「他人の多様性」を認める上で、背中を押してくれる、そんな本だ。オススメ。

    「自己肯定感」と「たまたま側にいる人」というエッセイだけでも読んでほしい。

  • 2016.5月読了。
    筋が1本通ってる。なんというかやんわりはっとさせられる言葉が多かった。山崎さんの考え方や言葉から、きちんと自分の頭で考えて毎日生きてるか、流されて適当にしていないか、誤魔化している自分の中のズルい部分に喝を入れられたような気がする。自分で考えて、軸を持ってきちんと生きなさいと叱咤されて、背筋が伸びたような感じ。内容は山崎さんの日常のエッセイ。でもビシっと鋭いメッセージをいただきました。ああ凛々しい。

  • 題名の通り、かわいい旦那さんだなと思った。でものろけを聞かされている気はしない。山崎さん曰くのほほんとしていて競争の世界を作らず、自分の仕事に誇りを持っている人らしく、硬い瓶の蓋を嬉しそうに開けるなど想像するだけでかわいいなあとほっこりしてしまった。これはエッセイ書きたくなっちゃうなと。夫婦のバランスが良いというか、お互いを尊敬して暮らせるのは素敵だ。

  • 山崎ナオコーラさんご自身が、作品の登場人物のよう。自分とは違う考えを彼女が語っていても、不快にならないのは押しつけがましくないからだろうな。
    ドーンとした作品を残す希望はあるかもしれないけど、今のままでも読者はここにいますよ、楽しみにしてます、と伝えたくなった。

  • こんなふうに気負わずに夫婦をやって行きたいな。私の方が長く生きているし夫婦生活も随分長いけどあれこれ学ぶことが多い内容だった。
    ちなみに私自身は著者より旦那さんに似ているかな、世話を焼いて貰う方だし。

    20170904

  • 結婚というのは、
    自分にぴったりの、
    世界で唯一の人を探し出してするものではなく、
    たまたま側にいる人をどこまで愛せるか、だ、

    というような記述に
    ドキッとした。

    いや、側にいることさえが、
    難しくなるから、別れるのですけど。

  • カテゴライズされたくない、したくないっていうのは何だか分かるなぁ。

    仕事についてのページで、物凄くうんうん頷くページがあったんだけど、どこだったかなぁ。

  • 世間の価値観に反旗を翻す人もまた、世間の価値観やカテゴライズにとらわれている人のように感じた

  • 簡単な言葉でけど、しっくり身体に入ってくるような文章だった。

全37件中 1 - 10件を表示

山崎ナオコーラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

かわいい夫を本棚に登録しているひと

かわいい夫を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かわいい夫を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かわいい夫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かわいい夫を本棚に「積読」で登録しているひと

かわいい夫の作品紹介

日々の暮らし。父との死別。流産。ふたたびの妊娠。さまざまな出来事をとおして、浮かび上がってくる、あたらしい結婚の形。変化していく、作家のこころ。毎日、少しずつ読みたくなる、結婚エッセイ集。

ツイートする