愛は裏切らない (リリ文庫)

  • 61人登録
  • 3.46評価
    • (6)
    • (4)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : オハル
制作 : 宝井 さき 
  • 大誠社 (2011年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904835319

愛は裏切らない (リリ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 衝撃のストーカー事件がおきます。痛いし、エロいし、ラブです。まさにタイトル通りの愛でした。
    所轄刑事という寂れた感は大好物な上に、オヤジな攻が心身とも疵をおった受を擁護しようと奮闘する姿に打たれました。よかった。

  • とても良かった!!

    刑事ものでストーカーもの、受のキャラクターがサイコパス野郎に監禁されて流血行為やスタンガンなどかなりひどいことをされるお話。

    BLだから面白いのではなく、BLを置いておいても単に物語としても楽しめた。犯人との対峙や、緊迫した状況など、本当に面白かった。キャラクターも似たような人がいなくてちゃんと個性がそれぞれあって良かったし、ストーカーは本当に狂ってて、たまらん。

    文章や構成なども上手いし、私自身の好みとも合ったので★5つ。
    甘いお話しやかわいい少女漫画みたいな世界が好きな方は受けつけないと思う。バイオレンス、硬派な雰囲気、猟奇的な敵やストーリーが好きな方にはおすすめです、とってもいいです(^ω^)
    宝井さき先生の絵も上手いです。

  • ちょっと重たい感じのお話なんだけれど、なんだろ?読み応えはあるんだかないんだか? 痛い感じのお話でしたけれど、これがストーカーに酷い目に遭わされた受けである奥村が2回目の拉致で自らの力で解決してそれを乗り越えたっていうのだったらすごく良かったんだろうな~っていうのがちょっと残念な感じかな?最後まで攻めである填島に縋っているっていうイメージっていうか実際そうなんだろうけれど、それがなんともしっかりしろよ!と言いたくなる展開だったかな。

  • 先輩刑事×後輩刑事

    毎日、男にあとをつけられている。
    先輩に相談したものの、真面目にとりあってもらえずに主人公はストーカーに連れ去られ密室に監禁、性的暴行を受けた上にタトゥーを施されてしまう。
    犯人は逮捕されたが、その時つけられた心の傷は主人公の心にひずみを生み、先輩に抱かれながら、危うい均衡を保っていた。
    3年の刑期を終えて出所してきた犯人は、またも主人公を襲う。

    性的暴行やピアッシング等の描写を含みます。
    SHがとっても良かったので、手をだした本作ですが…。
    いまいち乗り切れないまま終わったなぁというのが素直な感想です。
    ストーカーが主人公を狙う理由がなんかいまいち薄かったのと、盛り上がりが妙に浅かったなぁと思います。
    SHと同じ刑事ものだから否応なしに比べてしまうからかもしれませんが。
    面白かったんだけど、比べてしまうとね…っていうか。

  • 第三者による主人公への虐待があります。痛い描写があるので注意。
    かたい文章を書く方で、第一作SHから好きな作家さん。

    …ですが、今作ではあまり乗り切れませんでした。
    話に集中する前に終わってしまった感が。主人公二人の感情がいまいち掴み切れませんでした。もう少しじっくり書いてほしかったかな。

  • (あらすじ)
    暴行された過去と、後に残された男を求めて疼く体。
    陰惨な事件に巻き込まれ、癒えない傷を負った奥村は、
    先輩刑事の填島に縋り、抱かれることで心の均衡を保っていた。
    槇島に歪な関係を強いることへの罪悪感に苛まれる奥村だが、
    そんな自分の狡さをも受け入れてくれる彼に惹かれていることに気づき…?
    出口の見えない想いに悩むある日、
    事件の犯人・桧山が現れ事態は急変する。
    自分に異常な執着心を見せ、填島を排除しようとする桧山の様子に、奥村は―。


    槙島篤志(刑事)×奥村友希(刑事)

    (感想)
    痛いお話です。

    奥村は過去にストーカーに監禁・暴行されてしまいます。
    その監禁が自分勝手な性行為だけでなく、体に刺青を彫られていくという…
    犯人にとってはこちらが主で、奥村が好きというのではなく
    奥村の体が刺青を彫るのに最高の体をしてたから監禁。
    「刺青が彫り終われば皮を剥いで飾っておく」
    なんて発言するくらいヤバイ野郎なんです。

    その時、助けてやれなかった後悔と罪悪感で
    奥村と体を繋げるようになった槙島ですが、
    3年間経った今も奥村との関係が自分の中でハッキリとせず。
    が、ストーカー野郎が刑期を終えて再び2人のもとへ!!
    相変わらずイカレてますこのストーカー…

    邪魔な存在の槙島がまず狙われて怪我を負い、
    そして奥村を諦めていないストーカーは再び監禁に成功。
    自分のいない間に他の男と…という理由で今回はボディピアス。
    何処までも自分勝手な犯人です。
    ですが今回は途中で槙島が助けにこれた感じかな??

    このストーカーのおかげで、なんとなく自分の気持ちが
    解ったようなそうでないような槙島ですが
    すごくラブラブで終わったというより、これからですかね…(^^;)
    まぁ奥村に振回されてください(笑)

全8件中 1 - 8件を表示

オハルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛は裏切らない (リリ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛は裏切らない (リリ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛は裏切らない (リリ文庫)はこんな本です

愛は裏切らない (リリ文庫)のKindle版

ツイートする