真紅の薔薇は月光に囚われて~さらわれた伯爵令嬢の初恋~ (プリエール文庫)

  • 15人登録
  • 2.40評価
    • (0)
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (2)
  • 2レビュー
著者 : 片桐由摩
制作 : DUO BRAND. 
  • 大誠社 (2013年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904835906

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

真紅の薔薇は月光に囚われて~さらわれた伯爵令嬢の初恋~ (プリエール文庫)の感想・レビュー・書評

  • 好きな人の復讐を成就させる為に娼婦に身を落とす覚悟をするヒロインが健気。
    ヒロイン父のせいでヒロインもヒーローも酷い目にあってるのに最後に許しちゃうのが納得いかない。
    綺麗にまとめたつもりかも知れないが逆にもやもやが残る。

  • 自分の母親を陥れた男への復讐として、その男の愛娘をどうにかしてやろうと近づき、でもお互いに愛し合ってしまって、復讐は捨てちゃうっていうお話的には、ソーニャ文庫の「秘された遊戯」とよく似ているなって思いましたけど、こっちはアデリアの父の事情が明らかになったあたりから、読後感がイマイチになっちゃいました。

    アデリアを娼婦にするだとか言いながらもアデリアへの愛情を隠しきれないセヴランとか、最後も娼婦にしようとしながらも、自分の友人をあてがって、結局は助けにきちゃったりするセヴランはかわいいって思ったんですけどね・・・。

    アデリアの父のやったことがひどすぎて、そんなにやられちゃったのに、アデリアを好きだったら、あの父も許せちゃうんでしょうか。本当なら自分は王子として生きていけたし、母親も娼館に売られることなく優雅な人生を終えられたのに。

    そこがちょっともやもやしちゃいました。
    余り好きじゃないDUO BRAND.さんが絵師さんだったのもあるかもしれませんけどね。

全2件中 1 - 2件を表示

真紅の薔薇は月光に囚われて~さらわれた伯爵令嬢の初恋~ (プリエール文庫)を本棚に登録しているひと

真紅の薔薇は月光に囚われて~さらわれた伯爵令嬢の初恋~ (プリエール文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真紅の薔薇は月光に囚われて~さらわれた伯爵令嬢の初恋~ (プリエール文庫)はこんな本です

真紅の薔薇は月光に囚われて~さらわれた伯爵令嬢の初恋~ (プリエール文庫)のKindle版

ツイートする