皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)

  • 14人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 弓月あや
制作 : 早瀬 あきら 
  • 大誠社 (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904835944

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)の感想・レビュー・書評

  • 姫巫女リァーラと、5歳の彼女に一目惚れした隣国の皇太子イリスのお話です。

    イラストからは分かりづらかったですが、リァーラの設定が18歳なのに少女のまま身体が成長を止めてしまったってなっていて、それならイリスはかなりのロリコンでは?なんて思ってしまいました。

    リァーラの口調がちょっとおばあちゃん巫女っぽい話し方ですが、私的には気にならなくて、それよりはいつ成長が始まるのかなっていうのが気になりました。子どもとHする大人な男性って想像したら、ダメでしょう。。。

    イリスも腹黒皇子なのかどうかも分かりづらくて、設定が中途半端だったかなって思いました。ラストもイマイチ。イラストは早瀬あきらさんだったんでよかったけど、お話が残念でした。

  • うん、いつもの弓月さんだよね、って思った。ヒーローがマジキチ一歩手前なのもいつもと変わらない。
    ……いや、今回のは割とマジキチに片足突っ込んでた気がする……。

全2件中 1 - 2件を表示

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)を本棚に登録しているひと

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)の作品紹介

歴代一と謳われる星占の力を恐れられ、ルラウ国の姫巫女の座を追われたリァーラ。失意にくれる中、隣国の皇太子・イリスに求婚されてしまう。信じられず拒絶するが、強引に彼のもとに攫われて!?濃密な愛撫と優しい口づけ、そして「初めてあったときから、君に運命を感じていた」という真摯な囁き。-彼は、私を姫巫女ではなく一人の少女として見てくれていた人。イリスと共に甘い日々を過ごすうち、頑なだった心が解けていく。だが、リァーラを狙う者が現れて…?

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)はこんな本です

皇子の花嫁 星の姫巫女 (プリエール文庫)のKindle版

ツイートする