「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)

  • 852人登録
  • 3.15評価
    • (13)
    • (66)
    • (104)
    • (43)
    • (7)
  • 98レビュー
著者 : 美崎栄一郎
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904899014

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)の感想・レビュー・書評

  • あなたの大事な情報はグーグルでは検索できない。
    ICレコーダーを使う。

    ノートを見返すモチベーションを上げる。
    付箋を貼る。色を付ける。

    メモノートを貼ってアイデアをまとめる。KJ法。
    シンプルマッピング、またはマインドマップ。

    アクションプランナー方式=タスクをスケジュールに入れ込む。

    まとめた情報をブログでアップ。またはメールで流す。

    ライフログノート。買い物のレシートを貼る。

    アクション書評=行動を起こすことを一つでいいので取り入れる。

  • 美崎さんの本は読みやすい!

    人のノートの解説から、学べることはいくつかあった。

    ○ノートにタスク書き出し
    ○仕事は記録する
    ○マインドマップで整理
    ○テレビノート

  • 参考になった。色々試行錯誤しないとダメってのが本音だろう。

  • 実例とそれに対するアドバイス、の形なので、
    自分がどのパターンに当てはまるかが直感的にわかる。
    ただし全体的には、まったく別の世界に住んでいる人の例があったりして、さっぱり理解ができないところが多々有る。

    ノートの活用がうまくいっているようでいっていないなぁ、とか行き詰まっていたら、ぱらぱら読みをしてみるのはいいと思う。活用できる場所があるかは、その人次第。

  • 色んな人の使い方をカタログ的に紹介したものです。

    個人的に気に入ったのは以下のとおりです。

    case3思考の過程を記録せよ!

    case21毎日を記録するライフログ

    case24読書ノートはアクション書評で
    →大切なことを書き出して終わりではせっかくの努力が身にならない
    アクション項目を設けよう
    →社会人の読書は、自分の仕事に活かすことが目的

  • 前作とは異なり、いろいろな人のノートを紹介している。いろいろな人がいることはわかったが私にどう生かしたら良いかわからなかった。

  • ハウトゥー本は何か一つ実行することと期限を決めてやればオーケー

    付箋の移動?

  • 【No.176】「社会人の読書は、自分自身や仕事のためにどう活かすかが目的。実行して初めて、本の内容が自分の実になる」「流れ星が落ちるまでに願いを3回唱えると叶うと言う。いつ訪れるかわからない流れ星。その偶然のチャンスにもとっさに自分の願いを唱えられるほど、日々思い続けているからこそ、夢は叶う!」

  • 京都から読み始め、浜松通過中に読了。

    正直、あまり参考には…(笑)

    事例がたくさんあり、みなさん、いろいろ試されてるようで。

    とりあえず、三色ボールペンと、コーネルメソッドは続けますかな。

  • 「その人のスタイルにあったノート作りでよい」というスタンスが好ましい。土台を変えないから、いろんな人が取り組みやすいヒントが入っていると思う。

    見返したい場所に付箋を貼る/表紙に貼って「魅せる」/資料はメールで送り、拡散してもらえたらラッキー/議事録は席の配置も記録/ノートをしならせてインデックスを見る/インタビューは、ノートを左右半分に分けて、本題と複線をかき分ける/未処理のタスクを自分にbccで送る/読書レビューだけノートの後ろから書くのも有効/レビューから自分が実行できそうなことを抜き出す/手帳になりたいイメージや手に入れたいものを画像(ビジュアル)として貼る

  • 様々な人のノートの使い方の実例が載っているので、わかりやすい。自分のノートの記述方法の方向性がなんとなく見えてきたので、とりあえず頑張って書いてみよう。

  • 多くの人のノートの使い方を紹介するとともに、その使い方と使用者との関わりを美崎さんなりに分析している。
    私にあったノート術。皆それぞれ。全部正解。
    見返しやすい方法を探るヒントが探せた。

  • 様々な人の手帳を元にアドバイスが書かれていた。
    情報は、1冊にまとめる。
    失敗をしっかり残すことが、次の成長へと繋がる。

  • 仕事、プライベートのログを残すことで、経験の積み重ねが実践でき、仕事へ活かせる。という、当たり前の事を実際の例で説明している本。気づきはそれなりにあったので、星三つ^ ^

  • 色々な人のノートの使い方が紹介されていて参考にはなったが、自分は原点の3点ノートで使い続けたいと思う。

  • 他の人がどんなノートをとっているのか、実際にそのノートを見ながら良い点悪い点を評論していく内容です。

    自分のノートの取り方と比較するとやはりアナログとデジタルの両立化は非常に難しいこと。私もipad iPhoneにメモをとったB5のノートに書き込んだりと乱立しているのですが、対策として為になったのは綴じノートをしようするのではなくレポート用紙形のノートを使用してスキャンしてパソコンに取り込みという管理方法です。
    どうしても綴じノートだとデジタル化するのにも面倒に成りがちなのでこの方法は実行してみようと思いました。

    また今までとったノートはたまには見返さないと吸収しているようで全然吸収出来ていないことがよく分かりました。
    折角、本を読んで擬似体験したのだから、記録として残すだけでなく自分のものにしていかないと意味がないですよね。

  • ノート術に正解はないとの帯の言葉どおり自分にしっくりくるノートの例はありませんでした。でもさまざまな人のノートを見ることが出来、さらに美崎氏のアドバイスもあり参考になりました。

  • デビュー作「結果を出す人はノートに何を書いているのか」の続編。現役社会人のノート事例を紹介しながら仕事用・プライベート用に誰でも使えるスキルを抜き出して解説している。

    (何を書く?)
    1.セミナーノート
    ・セミナーの内容
    ・自分視点 今後どう生かす?アウトプットイメージ前提
    ・その場のリアルな感情、思考

    2.読書ノート
    ・キーワード化>アクションプラン>日付入りで。

    3.ライフログ
    ・夢は書かずに貼る>なりたいイメージ、手に入れたい物の写真など。

  • 具体的事例に基づいて説明・解説がされているので、非常にわかりやすい。何となく手に取ったが、是非、具体的に取り入れたいと思う。
    - 裏紙を卒業して、自分の経験をノートにためる
    - 「業務プロセスを改善する視点」でメモを見直す
    - 見返さないといけないページは付箋を貼って特化させる
    - 後からポイントをまとめたり書き足すために余白を活用
    - ノート上でラフにキーワードを書き出しながらプレゼンの流れをまとめる
    - テレビノート:ポイントを書き出して、あとで検索できるようにしておく
    - 講演など内容だけでなく、自分の意見やコメントも書き込んでいく
    - 読書ノートには「何をどう実行に移すか」を決定して書き込む
    - 仕事のフロー、スケジュールの中に、ノートを見返すタイミングを作る

  • 20人近くのビジネスマンや女性、主婦までのノート術をサンプリング&評価している。
    医者、SE、ミュージシャン、主婦など多種多様な職業の人がどのような観点でノートを残すのか、とても参考になる。

  • 裏紙に記入後捨てるのは、情報の蓄積ができないので止めた方がいいとのこと。たしかに私も、裏紙にタスク一覧を書いて捨てた後、見返したくなって失敗した気分になることがある。
    あと、ビジネス書の感想を書くのはいいが、そこから何か実践に結び付けないを意味がないとのこと。ごもっとも。

  • 美咲さんのノート術の本なので購入しました。25種類もの実際のノートの例と利点と欠点を解説している流れ。自分にジャストフィットするものは見つけられませんでしたが、①裏紙に書いて捨てることをやめる②ノートにイメージできるものを貼って見返したくする③ノートの下を空けてまとめのスペースに の3点は実行に移していきたいかなと。

全98件中 1 - 25件を表示

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)はこんな本です

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス)のKindle版

ツイートする